S-MAX

UQコミュニケーションズ

UQモバイル、契約期間や解除料のないしん料金プラン「スマホプラン」を10月1日より提供!3GBで月額1980円から。auスマートパスプレミアムも取扱開始


縛りのないUQ mobile向け新料金プラン「スマホプラン」が10月よりスタート!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄は12日、au回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」( https://www.uqwimax.jp )において契約解除料と契約期間のない新料金プラン「スマホプラン」を2019年10月1日(火)より提供すると発表しています。

スマホプランは月当たりの高速データ通信容量が3GBで月額1,980円の「スマホプランS」、9GBで月額2,980円の「スマホプランM」、14GBで月額3,980円の「スマホプランL」が用意され、UQ家族割を適用すれば月500円が割り引かれ、それぞれ月額1,480円、月額2,480円、月額3,480円となります(金額はすべて税別)。

さらにUQ mobileのスマホとUQのWiMAXルーターのセット割引サービス「ギガMAX月割」を申し込めば、スマホプランの月額基本料金が月300円割引となります。他にも他社から乗り換え(MNP)における転出手数料を10月1日以降は課金開始月から6ヶ月目以内でも6,000円から3,000円に変更されます。

新料金プランの提供開始に先立って2019年9月24日(火)よりサポートWebページ「my UQ mobile」などにて既存の利用者向けにスマホプランへのプラン変更の予約受付を開始し、11月30日(土)までの期間中に「料金診断」や「Try UQ mobile」に申し込んだ人の中から抽選で1万人にQuoカードPayをプレゼントする「新料金登場キャンペーン」( https://www.uqwimax.jp/mobile/newplan/ )を実施しています。

なお、スマホプランの提供開始に伴って既存の「おしゃべりプラン」および「ぴったりプラン」、「音声付プラン(データ高速+音声通話プラン/データ無制限+音声通話プラン)」は9月30日(月)に新規受付を終了し、合わせて「マンスリー割」や「増量オプション2年間無料キャンペーン」、「DIGNO Phone メール無料キャンペーン」といった割引サービスおよびキャンペーンの新規適用を終了します。

続きを読む

UQモバイルにてVoLTE非対応SIMカードの新規契約およびSIMカード変更が9月30日で終了!料金プラン変更は可能。10月からはVoLTE対応マルチSIMのみに


UQ mobileのVoLTE非対応SIMカードの新規契約などが9月30日で終了!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄は5日、au回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」( https://www.uqwimax.jp )においてVoLTE非対応のSIMカードによる新規契約およびSIMカード変更の申込受付を2019年9月30日(月)に終了すると発表しています。

なお、2019年10月1日(火)以降はより高音質な通話が可能となるVoLTE対応SIMカード「マルチSIM(nano/micro/mini)」のみで新規契約およびSIMカード変更が可能となり、現在、VoLTE非対応SIMカードを利用中の場合は2019年10月1日以降は継続利用や料金プラン変更のみが可能となります。

続きを読む

UQ mobile向けスタンダードスマホ「AQUOS sense SHV40」にAndroid 9.0 PieへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


UQモバイルのスタンダードスマホ「AQUOS sense」がAndroid 9.0 Pieに!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄は4日、auから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」向けスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense(型番:SHV40)」(シャープ製)に対して最新プラットフォーム「Android 9.0(開発コード名:Pie)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2019年7月4日(木)より提供開始したとお知らせしています。

更新はAQUOS sense本体のみで携帯電話ネットワーク(4G)または無線LAN(Wi-Fi)によるネットワーク経由(OTA)で実施でき、アップデートファイルサイズは約1.4GBで、更新時間は4G(LTE・WiMAX 2+)で約65分、Wi-Fiで約45分となっていますが、利用環境によって異なるとしています。

また更新後のOSバージョンは「Android 9.0」、ビルド番号は「03.00.01」で、主な変更点は以下の通り。変更点はシャープの公式Webサイト「UQ mobile Android 9 Pie対応 OSアップデート|OSバージョンアップ情報|サポート|AQUOS:シャープ」も合わせてご確認ください。

・電池が長く持つ自動調整バッテリー機能
・より便利な文字入力に変更
・シンプルな操作になったマナーモード
・ステータスバーやクイックパネルのデザイン変更
・プライバシー保護とセキュリティの強化

※アップデートの変更内容につきましては、下記のURL(AQUOS公式サイト)をご参照ください
http://k-tai.sharp.co.jp/support/osv/uq/osv9/index.html
※Androidセキュリティパッチの適用を実施。セキュリティパッチレベルが2019年6月となります。
※更新されるソフトウェアには、上記以外に、より快適にAQUOS senseをご利用いただくための改善内容が含まれております。


続きを読む

UQコミュニケーションズ、高速データ通信サービス「WiMAX 2+」が阪急電鉄「京都線」の地下駅でエリア整備完了!au向けiPhoneなどもより快適に利用可能へ


UQ WiMAX 2+が阪急京都線の地下駅でも利用可能に!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)は25日、高速データ通信サービス「WiMAX 2+」において阪急電鉄が運行する「京都線」の地下駅3駅(河原町駅・烏丸駅・大宮駅)のエリア整備を完了したと発表しています。

これにより、阪急電鉄・京都線においてWiMAX 2+サービス対応のルーターやau向けiPhoneなどを含むスマートフォン(スマホ)などでより快適なデータ通信を利用できるようになったということです。

続きを読む

UQ mobileの高速データ容量をチャージできる「UQモバイルデータチャージカード」がコンビニで4月1日より販売!最大千円分のAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーンも


UQモバイルデータチャージカードが4月1日よりコンビニで販売!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄は18日、auから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」( https://www.uqwimax.jp )において高速データ容量をチャージできる「UQモバイルデータチャージカード」を2019年4月1日(月)より全国のコンビニエンスストア(以下、コンビニ)で販売開始すると発表しています。

セレクトカード(1GB・3GB・5GBから選択可能)または1GBカードの2種類あり、セレクトカードはセブン-イレブンおよびファミリーマート、ローソン、ミニストップ、1GBカードはデイリーヤマザキおよびニューデイズで販売されます。

価格(税込)はセレクトカードの1GBが1,080円、3GBが3,240円、5GBが5,400円、1GBカードが1,080円。有効期限は購入から180日で、180日を過ぎると利用できなくなり、チャージしたデータ容量の有効期限はチャージした日から90日となっています。

またサービス開始に合わせて「UQモバイルデータチャージカード発売記念キャンペーン」( http://www.uqmobile.jp/r/426 )を実施し、2019年4月22日(月)までにUQモバイルデータチャージカードを購入し、2019年4月30日(火)までにキャンペーンページにて応募した場合、先着1万人に最大1,000円分のAmazonギフト券をプレゼントします。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。