S-MAX

Y!mobile

東北・上越・北陸新幹線の一部トンネル内でNTTドコモとau、ソフトバンク&ワイモバイルの携帯電話が3月31日より利用可能!2019年度内対応予定区間も案内



NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンクは25日、東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)が運行する「上越新幹線」の「上毛高原駅~越後湯沢駅」間および「長岡駅(手前)~長岡駅」間、「東北新幹線」の「八戸駅~七戸十和田駅(手前)」間、「北陸新幹線」の「上田駅(手前)~飯山駅」間におけるトンネル内での携帯電話サービスの提供を2019年3月31日(日)始発より開始すると発表しています。

これにより、各区間でトンネル内を含めて携帯電話サービスを快適に利用できるようになり、上越新幹線では東京駅から駅誤湯沢駅まで、東北新幹線では東京駅から七戸十和田駅(手前)まで、北陸新幹線では東京駅~飯山駅までの区間でエリアが途切れないようになります。

各社では共同でトンネル内における携帯電話サービスエリア拡大や品質改善を目的にエリア整備を進めており、今後もサービスエリア拡大や品質向上ならびに利用者がより使いやすい環境の整備を進めていくとしています。なお、ワイモバイルや各社の仮想移動体通信事業者(MVNO)も同様に利用可能です。

続きを読む

人気スマホ「iPhone 7」がワイモバイルやUQモバイル、BIGLOBEモバイル、docomo withで販売開始!各社の価格をまとめてチェック。最も安いのはどこ?


iPhone 7の価格を紹介!Y!mobileやUQ mobile、BIGLOBE、docomo withで安いのは

それまではNTTドコモやau、SoftBankといった大手携帯電話会社のみが販売していた「iPhone 7」だが、昨年12月よりサブブランドの「ワイモバイル」や仮想移動体通信事業者(MVNO)の「UQモバイル」および「BIGLOBEモバイル」でも販売を開始した。

またNTTドコモでは今年2月より月々1,500円(税抜)をずっと割り引く「docomo with」の対象機種に追加し、2016年9月の発売から2年半が経過した今、サブブランドやMVNOといった“格安SIM”とともに月額利用料を含めてお得に購入できるようになった。

そこで今回は1年で最大の商戦期となるこの春にiPhone 7を購入する場合についてワイモバイルやUQモバイル、BIGLOBEモバイル、docomo withの価格や料金を比較しつつ、お得に利用できるのはどうしたら良いのか紹介していく。

続きを読む

神戸高速線の「阪急神戸三宮駅~高速神戸駅」におけるトンネル内でNTTドコモとau、ソフトバンク&ワイモバイルの携帯電話が3月1日始発より利用可能に


神戸高速線の阪急神戸三宮駅~高速神戸駅が新たに対応!

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンクは28日、神戸高速鉄道が線路を保有する「神戸高速線」において「阪急神戸三宮駅~高速神戸駅」間のトンネル内で携帯電話サービスの提供を2019年3月1日(金)始発より開始すると発表しています。

これにより、駅構内だけではなく、駅間のトンネル内においてもNTTドコモやau、SoftBank、Y!mobileの携帯電話サービスを利用できるようになり、事故や災害発生時などの緊急時に情報収集の手段として活用できるということです。

続きを読む

高齢者を標的とする詐欺対策として迷惑電話対策アプリをワイモバイル向け「かんたんスマホ 705KC」に標準搭載!販売好調で新色シルバーも3月7日に発売【レポート】


Y!mobile向け「かんたんスマホ」が詐欺対策機能でスマホ初心者でもより安全に使えるように!

既報通り、ソフトバンクおよびウィルコム沖縄が携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」においてスマートフォン(スマホ)を使ったことがない初心者など向けの約5.0インチHD(720×1280ドット)TFT液晶を搭載したスマホ「かんたんスマホ(型番:705KC)」(京セラ製)に新色「シルバー」を3月7日(金)に発売する。

販売拠点はワイモバイルショップや量販店などのY!mobile取扱店および公式Webショップ「ワイモバイルオンラインストア」で、価格(金額はすべて税込)は既存色と同様には本体代60,156円の月額割引適用後の実質負担額が新規契約および他社から乗り換え(MNP)なら21,276円、機種変更なら34,236円となっている。

合わせてソフトバンクは都内にて記者説明会を2月21日に開催し、かんたんスマホ向けに高齢者をターゲットにした振り込め詐欺対策機能として迷惑電話をブロックするアプリ「迷惑電話対策」機能(利用料無料)を2月28日(木)より標準搭載すると発表した。

最近では振り込め詐欺の手口が巧妙化、そして組織化されており、自分は騙されないと思っている高齢者をターゲットに年間300億円を超える被害が発生している。そのため、被害に遭わないためにも迷惑電話を受けないようにするという対策が必要である。

一方で自分は騙されないと思っている高齢者の場合、こうした対策を講じないこともあることからかんたんスマホのシステム更新で「迷惑電話対策」アプリを標準実装するほか、新色のシルバーには標準でこのアプリがインストールされた状態で出荷される。

なお、既存カラーのライトブルーとライトピンクに関しては流通在庫がなくなった後の出荷分からソフトウェア更新を行った標準搭載の製品が出荷される見込みとのことだ。今回はそんなかんたんスマホに組み込まれる振り込め詐欺防止機能について紹介していく。

続きを読む

ソフトバンク、ワイモバイル向け下り最大972Mbpsに対応したモバイルルーター「Pocket WiFi 801HW」を発表!3月7日発売で、価格は本体代6万264円の実質1万9440円に


Y!mobile向けモバイルルーター「Pocket WiFi 801HW」が3月7日発売!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は28日、携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」向けに新たに5波のキャリアアグリゲーション(5CC CA)や4x4 MIMOなどによって下り(受信時)最大972Mbpsに対応したモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 801HW」(Huawei Technologies製)を発表しています。

発売日は2019年3月7日(木)で、主に法人向けながら個人でも購入でき、個人向けの販路はワイモバイルショップや量販店などのY!mobile取扱店および公式Webショップ「ワイモバイルオンラインストア」となる見込み。

価格は個人向けの想定市場価格(税別)が新規契約および機種変更、他社から乗換(MNP)で本体代55,800円(分割1,550円/月×36回)で月額割引-1,050円/月×36回(総額-37,800円)の実質負担額18,000円(分割500円/月×36回)とのこと。税込では本体代60,264円の実質19,440円。

なお、ワイモバイルではPocket WiFi 801HWの発売に先立って3月1日より「アドバンスオプション」の月額料が3ヵ月間無料になる「アドバンスオプション3ヵ月無料キャンペーン」の適用対象を料金プラン「Pocket WiFiプラン2」にて機種変更した場合にまで拡大するとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。