S-MAX

apk

低価格なソフトバンク&ワイモバイルのストレート型Androidケータイ「Simply」にアプリ(apk)がインストールできたので紹介!パソコンでadbが使える必要はあり【レビュー】


ストレート型Androidケータイ「Simply」でアプリをインストール!

「The 電話」をコンセプトに開発されたシンプルなストレート型Androidケータイ「Simply(シンプリー)」(セイコーソリューションズ製)。携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」から今年8月に発売され、さらに今年12月からは携帯電話サービス「SoftBank」のプリペイドサービス「シンプルスタイル」としても販売開始されています。

ワイモバイルでも店頭では割り引きされて一括0円などで販売されている場合もあるほか、シンプルスタイルなら公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」でも無料チャージ4,000円分付で6,458円(税込)で販売されているため、低価格で手に入られるようになっています。

また12月1日以降に購入(ワイモバイルの場合は一括払い)した場合には即SIMロック解除ができるようになっており、筆者もシンプルスタイルで購入し、SIMロック解除をしてみたことを紹介してきました。そこで今回は、このSimplyにアプリをインストールしてみましたのでその方法を紹介したいと思います。

続きを読む

NTTドコモのAndroidケータイ「ガラホ」はBluetooth転送でアプリをインストールできるのか?さっそく検証してみました【レポート】


ドコモのガラホには勝手アプリをインストールできるか?!

既報通り、NTTドコモは13日、今夏以降に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2015年夏モデル 新サービス・新商品発表会」を開催し、先行して発表していた「Galaxy S6」シリーズを含む新作12機種が発表されました。今回、福岡でも同時刻に発表会を開催するということで、筆者は福岡会場の「ドコモラウンジ福岡」におじゃましました。

気になる従来型のケータイ(フィーチャーフォン)にAndroid OSを搭載した「ガラホ」(日本のケータイを挿す「ガラケー」と「スマホ」の造語)は、富士通の「ARROWSケータイ F-05G」、シャープの「AQUOSケータイ SHー06G」の2機種が登場することになりました。

今回はこれらの2機種にAndroidアプリのパッケージである「apkファイル」をインストールできるのか試してきましたので成否も含め紹介したいと思います。

続きを読む

手間なのははじめだけ!au向け折りたたみ型Androidケータイ「AQUOS K SHF31」に「Amazon Android アプリストア」を入れてみた――apkファイルからのインストール手順を紹介【レビュー】

6c3fcff1.jpg
最初のひと手間でガラホ「AKUOS K SHF31」の使い道と可能性がグっと広がるぞ!

公式には「auスマートパスを含む、au公式サービスのページ以外からのapkでのアプリインストールが許可されていない」とされているau向け折りたたみ型Androidケータイ「AQUOS K SHF31」(シャープ製)。

一応、例外として「Androidの仕様上、パソコン(PC)に接続した上で、Androidの開発環境を実行し、ADBコマンドなどを利用してのインストールはできる」としていますが、あらかじめ「Android SDK」と呼ばれるAndroid向けの開発環境ソフトをPCにインストールし、準備する必要があります(これがまた導入したことがない場合には少し敷居が高いですよね)。

ところが、もっと手軽に、かつ簡単に外部からのインストールを行う方法がいくつか存在します。今回の記事では、その方法を利用してAQUOS K SHF31に「Amazon Android アプリストア」をインストールしましたので、導入の手順と、外部apkインストールの方法をセットで解説します。


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。