S-MAX

iPhoneX

Apple、2018年度第2四半期決算を発表!増収増益&米減税で大幅な株主還元を実施。売上高には次世代スマホ「iPhone X」が貢献


Appleが2018年第2四半期決算を発表!

Appleは1日(現地時間)、2018年度第2四半期(2018年1〜3月)決算発表を行い、売上高が前年同期比+16%の611億3,700万ドル(約6兆7,000億円)および純利益が同+25%の138億3,300万ドル(約1兆5,000億円)と増収増益になったと発表しています。

同社CEOのTim Cook(ティム・クック)氏は「過去最高のQ2(1〜3月期)業績を嬉しく思い、今Q2は『iPhone X』が毎週最も販売され、iPhone X発表直後の前四半期と同じ傾向でした。またすべての地域で売上高を伸ばし、中国と日本では20%以上の伸びとなりました」とコメント。

さらに同氏は「2016年の『iPhone 6』シリーズから複数モデルを出していますが、iPhone Xは上位モデルで一番販売数が多くなったのははじめて」とし、今Q2のiPhone販売数は同+3%の5221万7000台と微増だったものの、売上高は同+14%の380億3200万ドル(約4兆2,000億円)と価格が高いiPhone Xが貢献したとしています。

これにより、同社ではアメリカの法人税減税(35%から21%へ)も合わさり、希薄化後の1株当たりの利益は+30%の2.73ドルと大幅な株主還元を実施したほか、今後も大規模な自社株買いを続ける方針で新たに1,000億ドル(約11兆円)を購入する計画を明らかにしています。

続きを読む

NTTドコモ、iPhone XおよびiPhone 8、iPhone 8 PlusがiPhoneシリーズでは国内最速の下り594Mbpsに対応!iOS 11.3およびキャリア設定32.1を適用で新たに4CAに


docomoのiPhone X・8・8 PlusがiPhoneでは国内最速の下り最大594Mbpsに!

NTTドコモは30日、Appleより配信が開始された最新プラットフォーム「iOS 11.3」に更新したスマートフォン(スマホ)「iPhone X」および「iPhone 8」、「iPhone 8 Plus」の3機種において「iPhone」シリーズでは国内最速となる下り(受信時)最大594Mbpsに対応した高速通信サービス「PREMIUM 4G」が利用できるようになったと発表しています。

なお、iPhone X・8・8 Plusで下り最大594Mbpsを利用するにはiOS 11.3と合わせて提供開始されたNTTドコモ回線向けの「キャリア設定アップデート」も実施してキャリア設定が「ドコモ32.1」になっている必要があるということです。

続きを読む

春商戦ラストチャンス!?復活した一括0円&キャッシュバックで人気スマホ「iPhone 8」などが各社ともにお買い得。あの次世代モデル“X”も実質0円に


各社でiPhone 8の一括0円+還元合戦がさらに加熱!?あの“X”も大幅値引きに

既報通り、スマートフォン(スマホ)などの最大の販売商戦期である“春商戦”において今年、かつての最新機種の“一括0円”が復活し、中でも話題のスマホこと「iPhone」シリーズの最新機種である「iPhone 8」の64GBモデルが他社から乗り換え(MNP)で一括0円販売されているケースが多く見られています。

以前に紹介したようにTwitterで「#一括0円」や「#MNP一括0円」などを検索すれば現在でも多くあり、iPhone 8 64GBの一括0円はSoftBankだけでなく、NTTドコモやauでも行われていることがわかります。むしろ年度末を迎えてさらに加熱している様相もあり、一部店舗ではさらにポイント還元やキャッシュバックが付いたり、毎月の利用料から割り引く「月月割」などが付きつつ一括0円といったところもあるようです。

競争が激化しているのはiPhone 8だけでなく、次世代スマホ「iPhone X」もNTTドコモが3月20日から4月2日までの期間限定ながら新規契約および他社から乗り換え(MNP)で「端末購入サポート」に追加したことからもiPhone Xにも及んでおり、さすがにiPhone Xが一括0円という案件はまだ見ていませんが、実質0円まで値引きされてきています。

また、NTTドコモでは最新の「2017-2018年冬春モデル」や少し古い「2016-2017年冬春夏モデル」、iPad(第5世代)iPhone SEについては機種変更でも端末購入サポートで一括化しており、特にiPad(第5世代)は32GBモデルなら公式Webストア「ドコモオンラインショップ」でも一括0円となっているので人気となって在庫切れになるほどとなっていまし、auやSoftBankでもAndroidスマホやタブレットも含めて1年で最もお買い得な時期となっていると言えそうです。

続きを読む

NTTドコモが次世代スマホ「iPhone X」を新規・MNPで値下げ!端末購入サポート追加で一括約6.8万円から。クーポンで5400円OFFや家族まとめて割で5184円OFFも


docomoが次世代スマホ「iPhone X」の新規・MNPで値下げ!端末購入サポートによる一括化で

NTTドコモが人気の最新次世代スマートフォン(スマホ)「iPhone X」(Apple製)の新規契約および他社から乗り換え(MNP)において長期契約による割引施策「端末購入サポート」に2018年3月20日(火)から4月2日(月)までの期間限定で追加します。

ドコモショップや量販店などの同社のiPad取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて共通して実施され、ドコモオンラインショップでは3月20日10時以降に変更される見込み。これにより、これまでの毎月の利用料から割り引く施策「月々サポート」と割引額は同じながら64GBモデルなら新規契約およびMNPで端末購入サポートを割り引くと一括68,040円(分割2,835円/月×24回)で購入できるようになります(金額はすべて税込)。

さらに以前に紹介したiPhone Xなどをドコモオンラインショップで購入する場合に本体価格から5,400円OFFになるクーポンを利用すれば、一括62,640円(分割2,610円/月×24回)となります。すでに同時に発売された「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」については昨年12月29日より端末購入サポートに追加していましたが、いよいよiPhone Xについても同様の施策が行われることになりました。なお、クーポンは今回、当ブログメディアでは配布していませんのでご注意ください。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:iPhone Xの丸パクリ?スマホの「ノッチ」デザインブームや超縦長ディスプレイから考えるスマホデザインの進化と人々との関係【コラム】


スマホデザインの変遷と進化について考えてみた!

Appleが次世代スマートフォン(スマホ)「iPhone X」を発表してから約半年、発売からは約4ヶ月が経ち、業界には1つのブームが生まれました。それは「ノッチ」デザインです。スマホの正面にはカメラや通話用スピーカー、照度センサーなどの設置スペースが必要となるため、ギリギリまで画面を広げようとするとどうしてもディスプレイに食い込む形で各種機能を配置せざるを得なくなります。

iPhone Xの発表当時から「M字ハゲ」などと揶揄されることすらしばしば起こるほどの激しい賛否両論が生まれましたが、以来たった数ヶ月でスマホ業界ではこのノッチデザインが完全にブームとなってしまい、次期バージョン「Android P」では標準でノッチをサポートすることになりました。果たしてこのデザイン、スマホにとって良い進化であったのでしょうか。

一方で、もう1つのブームとなりつつあるデザインが「超縦長ディスプレイ」です。従来は16:9という比率が一般的でしたが、スマホのフットプリントを変えず画面の表示領域をギリギリまで広げる方策として生まれたのが「更に縦に長くする」というものです。筆者としてはこちらのほうがよりスマートな印象がありますが、みなさんはどう感じているでしょうか。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回はそんなスマホの画面デザインの変遷と利便性について考えます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。