S-MAX

microSD

SanDiskやMicronが1TBのmicroSDXCカードを発表!4月より順次発売され、価格はアメリカでは約5万円。UHS-I準拠でC10・U3・V30・A2をサポートした高速データ転送に対応


microSDカードはついに1TBが登場!

Western Digitalは25日(現地時間)、スペイン・バルセロナにて2月25〜28日まで開催されていた「MWC Barcelona 2019」(旧「Mobile World Congress」)に合わせて傘下のSanDiskより世界最大の1TBのmicroSDカード「1TB SanDisk Extreme UHS-I microSDXC」を発表しています。

アメリカなどにて今年4月より順次発売され、価格はアメリカでは449.99ドル(約50,000円)。また1TBのmicroSDカードについてはMicronも同日の現地時間2月25日にMWC Barcelona 2019にて1TBのmicroSDカード「Micron c200 1TB microSDXC UHS-I」を発表しており、2019年第2四半期(4〜6月)に発売するとのこと。

なお、SanDiskでは神奈川県・みなとみらいにあるパシフィコ横浜および大さん橋ホールにて2月28日〜3月3日に開催されていた「CP+2019」でも1TB SanDisk Extreme UHS-I microSDXCを展示しており、日本での販売も予定しているということです。

その他、SD AssociationがMWC Barcelona 2019にて次世代microSDカード規格「microSD Express」を策定すると発表しています。microSD ExpressではインターフェイスにPCI Express 3.1を採用し、プロトコルにNVM Express 1.3を用いることでSDカード規格「SD Express」と同様に最大985MB/sの高速転送が可能となっています。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:フラッシュメモリーとスマホの微妙な関係。ストレージ技術の進化と変遷からこれからモバイル端末やその未来を考える【コラム】


メモリーカード技術やフラッシュメモリーの未来について考えてみた!

その昔、ファミコンやスーパーファミコン、メガドライブといった家庭用ゲーム機用ゲームのデータ保存には電池が使われていました。ゲームデータを格納するメモリー(RAM)は電源が切れるとデータが消去される揮発性メモリーだったため、バックアップ電池が利用されたのです。それが電池の必要のない不揮発性のフラッシュメモリーになったのはソニーのプレイステーションの世代からでした。

プレイステーション用のメモリーカードの容量は聞いて驚くなかれ、なんと128kB(キロバイト)です。MB(メガバイト)でもなく、ましてやGB(ギガバイト)なんて単位は遙か未来のお話か、もしくはSF映画でしか出てこない時代なのです。今ならイラスト1枚すら保存できないような容量のメモリーカードですら当時はとんでもない最新テクノロジーであり、「え!?電池要らないの!?電池切れでデータ消えたりしないの!?」と、感動を超えた衝撃を受けたものです。

あれから約四半世紀。これだけの時間が経てばテクノロジーも進化するもので、SD Associationは6月27日に最大128TB(テラバイト)までの容量をカバーするSDメモリーカードの新規格「SDUC」(SD Ultra Capacity)や、それに付随する最高985MB/秒の高速転送を実現可能な新規格「SD Express」を発表しました。

もはやメガでもギガでもありません。テラバイト、などという単位がこうも当たり前に仕様に書かれる時代が来るとは、筆者も歴史を感じざるを得ません。筆者が手元に持っている最も古いSDメモリーカードは4MBのものだったと記憶していたのですが、残念ながら探しても見つかりませんでした。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回はそんなメモリーカードやフラッシュメモリーにまつわる諸々とつらつらを考えてみたいと思います。

続きを読む

AmazonサイバーマンデーセールでmicroSDXCカードが特価中!Samsung製32GB・64GB・128GB・256GBが対象で、256GBは国内最安レベルに


Amazon.co.jpのサイバーマンデーセールでmicroSDXCカードが割引中!

アマゾン ジャパンが同社が運営するWebストア「Amazon.co.jp」にて12月8日18時から開催している大特価セール「サイバーマンデー」で本日12月10日限定の「【2017年最安値】特選タイムセール SamsungのmicroSDがお買い得」が実施されています。

対象はサムスン電子製のエコパッケージとなる「MB-MC***GA/ECO」シリーズ(***は容量)で、32GBおよび64GB、128GB、256GBの4製品。さらに有料会員のAmazonプライムの場合にはレジ(注文時)にて32GBが15%、残りの3製品が5%割引が適用されます。

これにより、特に256GBについては同容量の製品と比べても価格.comなどに登録されている情報では最安クラスとなっています。なお、アマゾン ジャパンでは各製品ともに同ストアでは2017年最安だとしています。

続きを読む

WDがSanDiskブランドの世界初400GBの大容量microSDXCカードを発表!アメリカではすでに発売され、価格は約2万8千円に


サンディスクが世界最大容量の400GB microSDXCカードを発表!

Western Digital(以下、WD)は31日(現地時間)、ドイツ・ベルリンにて2017年9月1日(金)から9月6日(水)まで開催される世界最大級の家電見本市「IFA 2017」にて買収した「SanDisk」ブランドからmicroSDカードの最大容量となる400GBの「400GB SanDisk Ultra microSDXC UHS-I card(型番:SDSQUAR-400G-GN6MA)」を発表を発表しています。

SanDiskではmicroSDカードにおいて2015年の200GB、2016年に256GBをそれぞれ発表・発売してきましたが、新たに256GBから約1.56倍増量した400GBが投入されます。グローバル市場にて9月以降に販売され、アメリカではSanDisk.comやAmazon.comにて価格は249.99ドル(約28,000円)となっています。

続きを読む

難しい設定や下準備不要で画像や動画を簡単にやりとりできて便利!PhotoFastの4-in-1なmicroSDカードリーダー「iType-C Reader」を使ってみた【レビュー】


写真や動画が簡単にやりとりOK!マルチOS対応のお手軽microSDカードリーダーを紹介

ここ最近はスマートフォン(スマホ)やケータイのカメラも高性能・高画素なものになり、撮影した写真や動画のファイルサイズは非常に大きいものとなっています。みなさんは、そんな写真や動画をどうやって友人・知人と共有しているでしょうか?

TwitterやFacebook、LINEなどといったSNSアプリでは一部そのまま共有できますが、場合によって画像や動画の画像サイズが縮小されたり、圧縮されるなど、オリジナルのままでやりとりするには向きません。

一方、DropboxやOneDriveなどのクラウドストレージサービスで公開フォルダを設定している場合なら、オリジナルの画像や動画を共有することもできますが、ライトユーザーにはクラウドストレージアプリの設定は難しいですし、何よりWi-Fiを使わないと携帯電話サービスの高速パケット通信量も大きく使用してしまいます。

また、Wi-Fi DirectやAirDropなどを使ってのファイル転送は便利ですが、使っている製品間で対応していない場合は送れませんし、Bluetoothだと転送に時間かかってしまったりします。

そんな場合にあらゆるOSと接続端子に対応し、スマホやタブレットなどに差し込むだけでファイルのやりとりを簡単に行うことのできるとっても便利な周辺機器「i-Type-C Reader」を紹介します。


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。