S-MAX

microSD

WDがSanDiskブランドの世界初400GBの大容量microSDXCカードを発表!アメリカではすでに発売され、価格は約2万8千円に


サンディスクが世界最大容量の400GB microSDXCカードを発表!

Western Digital(以下、WD)は31日(現地時間)、ドイツ・ベルリンにて2017年9月1日(金)から9月6日(水)まで開催される世界最大級の家電見本市「IFA 2017」にて買収した「SanDisk」ブランドからmicroSDカードの最大容量となる400GBの「400GB SanDisk Ultra microSDXC UHS-I card(型番:SDSQUAR-400G-GN6MA)」を発表を発表しています。

SanDiskではmicroSDカードにおいて2015年の200GB、2016年に256GBをそれぞれ発表・発売してきましたが、新たに256GBから約1.56倍増量した400GBが投入されます。グローバル市場にて9月以降に販売され、アメリカではSanDisk.comやAmazon.comにて価格は249.99ドル(約28,000円)となっています。

続きを読む

難しい設定や下準備不要で画像や動画を簡単にやりとりできて便利!PhotoFastの4-in-1なmicroSDカードリーダー「iType-C Reader」を使ってみた【レビュー】


写真や動画が簡単にやりとりOK!マルチOS対応のお手軽microSDカードリーダーを紹介

ここ最近はスマートフォン(スマホ)やケータイのカメラも高性能・高画素なものになり、撮影した写真や動画のファイルサイズは非常に大きいものとなっています。みなさんは、そんな写真や動画をどうやって友人・知人と共有しているでしょうか?

TwitterやFacebook、LINEなどといったSNSアプリでは一部そのまま共有できますが、場合によって画像や動画の画像サイズが縮小されたり、圧縮されるなど、オリジナルのままでやりとりするには向きません。

一方、DropboxやOneDriveなどのクラウドストレージサービスで公開フォルダを設定している場合なら、オリジナルの画像や動画を共有することもできますが、ライトユーザーにはクラウドストレージアプリの設定は難しいですし、何よりWi-Fiを使わないと携帯電話サービスの高速パケット通信量も大きく使用してしまいます。

また、Wi-Fi DirectやAirDropなどを使ってのファイル転送は便利ですが、使っている製品間で対応していない場合は送れませんし、Bluetoothだと転送に時間かかってしまったりします。

そんな場合にあらゆるOSと接続端子に対応し、スマホやタブレットなどに差し込むだけでファイルのやりとりを簡単に行うことのできるとっても便利な周辺機器「i-Type-C Reader」を紹介します。


続きを読む

SanDiskの128GB microSDXCカード「SDSQUNB-128G-AZFMN」がAmazonタイムセールで本日限定6980円の特価!UHS-I Class 10対応


microSDXCカード128GBがAmazonでお買い得!

アマゾン ジャパンは16日、同社が運営するWebストア「Amazon.co.jp」におけるAmazonタイムセールにてSanDisk製128GBのmicroSDXCカード「SDSQUNB-128G-AZFMN」を本日限定で6,980円(税込)の特価販売をしています。

SDSQUNB-128G-AZFMNは型番からわかるように「Made for Amazon」の認証を取得したAmazon限定品で、特長としてはSDカードアダプタが付属していなかったり、パッケージがかなり簡素化されているとのこと。

ただし、他のSanDiskのmicroSDXCカード128GBと同様にClass 10かつUHS-Iに対応しており、最大転送速度は48MB/s。なお、定価20,620円、ここ最近の価格は9,980円で販売されています。

続きを読む

SanDisk、200GBの「サンディスク ウルトラ プレミアムエディション microSDXC UHS-Iカード(型番:SDSDQUE-200G-J35A)」を日本で12月に発売


サンディスク ウルトラ プレミアムエディション microSDXC UHS-Iカードが日本でも発売!

サンディスクは11日、今年2月に発表した世界最大の記憶容量を持つmicroSDXCカードの日本向け製品「サンディスク ウルトラ プレミアムエディション microSDXC UHS-Iカード」(型番:SDSDQUE-200G-J35A)を2015年12月に発売すると発表しています。

価格はオープンですが、海外向けは定価では約5万円ほどするので当初はその程度の価格帯になると思われます。なお、海外向けはすでにだいぶ価格が下がってきており、並行輸入品でも2万円台前半となっています。

続きを読む

SanDisk、世界初200GBのmicroSDXCカードを発表!発売時期は今年4〜6月、価格は約4万8千円を予定


SanDiskがmicroSDXCカードの最大容量200GBモデルを発表!

SanDiskは1日(現地時間)、スペイン・バルセロナにて2015年3月2日(月)から3月5日(木)まで開催される世界最大級のモバイル関連展示会「Mobile World Congress 2015(MWC 2015)」に合わせて世界最大の記憶容量を持つmicroSDXCカード「200GB SanDisk Ultra microSDXC UHS-I Card, Premium Edition(型番:SDSDQUAN-200G)」(以下、microSDXCカード200GB)を発表しています。

出荷時期は2015年第2四半期(4〜6月)で、価格は399.99ドル(約48,000円)を予定。現時点で日本向は用意されていませんが、欧州やアジア、南米、中東、アフリカ向け「G4A」や北米向け「A4A」、カナダ向け「C4A」、オセアニア向け「Z4A」、中国向け「Z4A」が型番の末尾に付けられ販売されます。

続きを読む

ソニー、音質が良くなるように設計されたmicroSDXCカード「SR-64HXA」を3月5日に発売!無駄に高速伝送せずにノイズ発生を抑え、ハイレゾ対応ウォークマンなどに最適


ソニーが高音質に向けたmicroSDカードを発売!

Sony(ソニー)は19日、音質が良くなるように設計されたmicroSDXCカード「SR-64HXA」を2015年3月5日(木)に発売すると発表しています。

ファイル読み出し時に発生する電気的ノイズを低減するなどの工夫が行われており、これにより、高音質を極めるハイレゾ対応ウォークマンに最適な外部ストレージカードだとしています。容量は64GBのみで、Class 10準拠、SD変換アダプターが付属。

価格はオープンながら、店頭予想価格は18,500円(税抜)前後の見込みで、公式Webショップ「ソニーストア」では18,500円(税抜)ですでに予約販売を行っています。ソニーストアでは3月4日頃お届け予定。

続きを読む

ついに発売!スマホやタブレットなどの保存容量を一気に増やせるSanDisk製microSDXCカード128GBを購入【レビュー】


microSDXCカード128GBがやってきた!

スマートフォン(スマホ)やタブレットを活用するためにさまざまな周辺機器が存在するが、中でも必須度が高いのが外部メモリー(ストレージ)でしょう。

以前のフィーチャーフォン(ケータイ)の頃にはSDカードだったり、miniSDカードだったり、まったく規格が異なるメモリースティックなどもありましたが、現在ではほぼ「microSDカード」となっています。microSDカードも徐々に進化しており、規格も大きくmicroSDHCカードやmicroSDXCカードというように容量が大きな製品に対応すべく新しくなってきています。

そんなmicroSDカードですが、ついに128GBという大容量の製品が今春発売されました。まずは業界をリードするSanDisk(サンディスク)から発売されており、海外向けでは“Ultra”対応モデル(型番:SDSDQUA-128G)、国内向けでは“Ultra Plus”対応モデル(型番:SDSDQUP-128G-J35A)と異なり、ともにClass 10対応ながら海外向けでは読み込み速度30MB/s、国内向けでは40MB/sの違いがあります。書き込み速度はどちらもUHS-I(UHSスピードクラス1)規格に対応しており、10MB/sの最低保証がされています。

今回、筆者もより価格や安い海外向けのSDSDQUA-128G-G46Aを購入しましたので紹介したいと思います(海外向けのものは末尾の「G46A」の部分が販売地域によっていくつか存在します)。

続きを読む

見慣れたロゴに隠された意外な由来とは?スマホに欠かせない「SDカード」のちょっとしたトリビア【吉川英一の「スマホのちょっと深いとこ」】

今やスマホには欠かせないSDカードの秘密

主にAndroidスマートフォンにおいて、写真や動画、音楽などを保存するために使われるメモリーカード。デジタルカメラや音楽プレーヤーなどを含めて「SDカード」と呼ばれる規格が広く活用されています。スマートフォンで使われるのはサイズの小さい「microSDカード」です。

ところでSDカードのロゴをしげしげと見たことはありますか? 今回の連載「スマホのちょっと深いとこ」はこのロゴに隠された「SD」誕生にまつわるトリビアを紹介します。知っていたからスマホが便利に使えるわけではないですが、これからの時期だと忘年会のネタ話くらいにはなるかもしれませんよ。

続きを読む

WiMAX+3Gモバイルルーター「DATA08W」に隠された(?)「USB接続」と「microSDカードリーダー」機能を試す【レビュー】

6a9ef732.jpg
モバイルWi-Fiルーター+microSDは実用的!?

UQコミュニケーションズのモバイルWiMAXとauの3G回線が両方使えるモバイルWi-Fiルーター「DATA08W」。

今回はモバイルWi-Fiルーターとしての本来の役割から外れた隠し機能(注:別に隠してません)として「USB接続機能」と「microSDカードリーダー機能」を紹介します。使われる機会は少ないかもしれないこれらの機能、実際の使い勝手はどんな感じなのでしょうか。

続きを読む

ソフトバンク、Android 4.0で使用したmicroSDカードをAndroid 2.xで使用すると著作権保護機能付きコンテンツが消去されるケースがあると案内

deb5bfec.jpg

AQUOS PHONE Xx 106SHのmicroSDカードスロット!

ソフトバンクモバイルは6日、ソフトバンクスマートフォンのうちでAndroid 4.0(開発コード名:IceCream Sandwich;ICS)を搭載したモデルで外部メモリー(microSDカード)を使用した後で、他のAndroid 2.2(開発コード名:Froyo)やAndroid 2.3(開発コード名:Gingerbread)などのAndroid 2.x搭載モデルで使用すると購入した著作権保護機能(DRM)付きコンテンツが消去される場合があるとお知らせしています。

この事象の発生を回避するために、一度、Android 4.0で使用した外部メモリーをAndroid 2.2やAndroid 2.3のモデルで使用しないように案内しています。


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。