S-MAX

novalite3

2万円台の高コスパなSIMフリースマホ「HUAWEI nova lite 3」を写真と動画で紹介!水滴型ノッチの縦長フルビューディスプレイやAIデュアルカメラ、DSDV、指紋・顔認証など【レビュー】


ファーウェイの新しい高コスパスマホ「HUAWEI nova lite 3」をレビュー!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)が低価格なエントリー向けSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI nova lite 3(型番:POT-LX2J)」(Huawei Technologies製)を2月1日に発売しました。価格はオープンながら希望小売価格が税抜26,880円(税込29,030円)。

販売拠点は仮想移動体通信事業者(MVNO)の各社からとなっており、すでに多くのMVNOでは取り扱いおよび価格が案内されており、例えば、OCN モバイル ONEではキャンペーンながら音声SIMとのセットで実質税抜3,800円(税込4,104円)で販売されています。

今回はそんなHUAWEI nova lite 3のオーロラブルーについて外観や同梱品、基本機能、ベンチマークなどを写真やスクリーンショット、動画などを交えて紹介していきたいと思います。

なお、ファーウェイ・ジャパンでは購入者限定特典として「エレメンタルナイツ」をダウンロードすると1,500円相当のギフトコード、「Cut the Rope」をダウンロードすると初回起動後から1日は全ステージが無料で遊べる権利などプレゼントしています。

続きを読む

ファーウェイ、2万円台でAIカメラとしずく型ノッチのフルビューディスプレイを搭載したエントリー向けSIMフリースマホ「HUAWEI nova lite 3」を発表!2月1日発売で、MVNOではさらに割引も


低価格なSIMフリースマホ「HUAWEI nova lite 3」が登場!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は30日、事前の予告通りに新しい低価格なエントリー向けSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI nova lite 3(型番:POT-LX2J)」(Huawei Technologies製)を発表しています。発売日は2019年2月1日(金)より順次で、価格はオープンながら希望小売価格が税抜26,880円(税込29,030円)。

販売拠点は仮想移動体通信事業者(MVNO)の「gooSimSeller」(NTTレゾナント)や「楽天モバイル」(楽天)、「mineo」(ケイ・オプティコム)、「エキサイトモバイル」(エキサイト)、「IIJmio」(インターネットイニシアティブ)、「DMMモバイル」(DMM.com)、「LINE mobile」(LINEモバイル)、「LinksMate」(LogicLinks)、「イオンモバイル」(イオンリテール)、「QTmobile」(QTnet)など。

このうちすでに楽天モバイルやエキサイトモバイル、mineoなどでは取り扱いおよび価格が案内されており、例えば、楽天モバイルではSIMカードとセットとなる新規契約および他社から乗り換え(MNP)、機種変更(店頭)では税別26,880円、機種変更(オンライン)では税別24,192円、エキサイトモバイルでは税抜23,400円、mineoでは税別24,000円となっています。

なお、ファーウェイ・ジャパンではHUAWEI nova lite 3の購入者限定特典としてで独自アプリストア「AppGallery」から「エレメンタルナイツ」をダウンロードした場合に1,500円相当のギフトコードを、「Cut the Rope」をダウンロードした場合に起動してから24時間すべてのステージを無料で遊べる権利と10,000コインを全員にプレゼントするということです。

続きを読む

ファーウェイが1月30日に新しいスマホを日本で発表へ!公式Twitterアカウントで予告。低価格なエントリーモデル「HUAWEI nova lite 3」を投入か


ファーウェイ・ジャパンが1月30日に新スマホを発表!2019年第1弾

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は25日、同社の公式Twitterアカウント( @HUAWEI_Japan_PR )にて2019年1月30日(水)に日本市場向けの新しいスマートフォン(スマホ)を発表すると予告しています。投稿内容から低価格なエントリーモデル「HUAWEI nova lite 3」ではないかと予想されます。

同社は昨年2月に「HUAWEI nova lite 2」を発売しており、低価格ながら機能や性能が整っているとして好評でしたし、その後継機ではじめてファーウェイを使ってみたいという人にもおすすめということで、HUAWEI nova lite 3が順当に投入される可能性が高いと見られます。

一方、総務省が公開している「技術基準適合証明等を受けた機器」でもHUAWEI nova lite 2と同等機種である「HUAWEI P smart」の後継機種「HUAWEI P smart 2019」となる型番「POT-LX2J」が2018年12月6日に認証通過しており、その裏付けになりそうです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。