S-MAX

novalite3

ワイモバイル向け「Xperia 8」と「HUAWEI P30 lite」およびUQモバイル向け「HUAWEI P30 lite」と「HUAWEI nova lite 3」がAndroid 10に


Y!mobileのXperia 8とP30 lite、UQ mobileのP30 liteとnova lite 3がAndroid 10へのOSバージョンアップ!

ソフトバンクは12日、携帯電話サービス「Y!mobile」向けスマートフォン(スマホ)「Xperia 8(型番:902SO)」および「HUAWEI P30 lite」に対して最新プラットフォーム「Android 10」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2020年5月12日(火)より提供開始しているとお知らせしています。

またUQコミュニケーションズ(以下、UQ)は13日、同社とUQモバイル沖縄がau回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」向けスマホ「HUAWEI P30 lite」および「HUAWEI nova lite 3」に対してAndroid 10へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2020年5月13日(水)より提供開始していると案内しています。

続きを読む

SIMフリースマホ「HUAWEI P30 lite」と「HUAWEI nova lite 3」にAndroid 10へのOSバージョンアップが3月25日16時より順次提供


SIMフリースマホ「HUAWEI P30 lite」と「HUAWEI nova lite 3」」がAndroid 10に!

華為技術日本(以下、ファーウェイ)は25日、SIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI P30 lite(型番:MAR-LX2J)」および「HUAWEI nova lite 3(型番:POT-LX2J)」(ともにHuawei Technologies製)に対して最新プラットフォーム「Android 10」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2020年3月25日(水)16:00以降から順次提供開始するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)および携帯電話回線(3G・4G)によるネットワーク経由(OTA)が用意されており、同社では更新ファイルサイズが大きいため、Wi-Fiでの更新を推奨しています。更新後のビルド番号はHUAWEI P30 liteが「MAR-LX2J 10.0.0.190」、HUAWEI nova lite 3が「POT-LX2J 10.0.0.176」。

更新ファイルサイズはHUAWEI P30 liteではMAR-LX2J 9.1.0.312からが約3.9GB、MAR-LX2J 10.0.0.151(Android 10のベータテスター)からが約1.05GB、HUAWEI nova lite 3ではPOT-LX2J 9.1.0.322からが約3.4GB、POT-LX2J 10.0.0.140(Android 10のベータテスター)からが約940MB。

なお、約1か月ですべての対象製品にて正式版のソフトウェア更新が可能となる予定で、可能となった場合には対象の製品に更新通知が届くようになっています。また更新によって独自ユーザーインターフェース「Emotion UI(EMUI)」の最新バージョン「EMUI 10」も導入されます。更新内容は両機種ともに以下の通り。

・Android10/EMUI10へのアップデート
・Googleセキュリティパッチによる端末セキュリティの強化


続きを読む

ファーウェイ、SIMフリースマホのAndroid 10&EMUI10の更新予定を案内!まずはHUAWEI P30・Mate 20 Proの先行アップデートテスターを11月15日から募集


ファーウェイのSIMフリースマホにおけるEMUI10の更新予定が明らかに!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は14日、都内にて「ファーウェイ・ジャパン新製品発表会」を開催し、同社がこれまでに販売したSIMフリースマートフォン(スマホ)に対して最新プラットフォーム「Android 10」をベースにした独自ユーザーインターフェース「EMUI 10」へのアップデート計画を明らかにしました。

まずはAndroid 10およびEMUI 10への正式なアップデートに対する準備としてテスターを募集して先行アップデートを実施するとのことで、最も早い時期に提供されるフラッグシップスマホ「HUAWEI P30」およびプレミアムスマホ「HUAWEI Mate 20 Pro」では11月15日(金)よりテスターの募集が開始され、11月20日(水)より先行アップデートのソフトウェア更新が提供開始されます。

その他にも「HUAWEI P30 lite」や「HUAWEI P20」、「HUAWEI Mate 10 Pro」、「HUAWEI nova lite 3」、「HUAWEI nova 5T」についてテスターの募集開始日や先行アップデートのソフトウェア更新提供開始日が案内され、他の製品については2020年以降に順次製品ごとにお知らせするとしています。

続きを読む

2万円台の高コスパなSIMフリースマホ「HUAWEI nova lite 3」を写真と動画で紹介!水滴型ノッチの縦長フルビューディスプレイやAIデュアルカメラ、DSDV、指紋・顔認証など【レビュー】


ファーウェイの新しい高コスパスマホ「HUAWEI nova lite 3」をレビュー!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)が低価格なエントリー向けSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI nova lite 3(型番:POT-LX2J)」(Huawei Technologies製)を2月1日に発売しました。価格はオープンながら希望小売価格が税抜26,880円(税込29,030円)。

販売拠点は仮想移動体通信事業者(MVNO)の各社からとなっており、すでに多くのMVNOでは取り扱いおよび価格が案内されており、例えば、OCN モバイル ONEではキャンペーンながら音声SIMとのセットで実質税抜3,800円(税込4,104円)で販売されています。

今回はそんなHUAWEI nova lite 3のオーロラブルーについて外観や同梱品、基本機能、ベンチマークなどを写真やスクリーンショット、動画などを交えて紹介していきたいと思います。

なお、ファーウェイ・ジャパンでは購入者限定特典として「エレメンタルナイツ」をダウンロードすると1,500円相当のギフトコード、「Cut the Rope」をダウンロードすると初回起動後から1日は全ステージが無料で遊べる権利などプレゼントしています。

続きを読む

ファーウェイ、2万円台でAIカメラとしずく型ノッチのフルビューディスプレイを搭載したエントリー向けSIMフリースマホ「HUAWEI nova lite 3」を発表!2月1日発売で、MVNOではさらに割引も


低価格なSIMフリースマホ「HUAWEI nova lite 3」が登場!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は30日、事前の予告通りに新しい低価格なエントリー向けSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI nova lite 3(型番:POT-LX2J)」(Huawei Technologies製)を発表しています。発売日は2019年2月1日(金)より順次で、価格はオープンながら希望小売価格が税抜26,880円(税込29,030円)。

販売拠点は仮想移動体通信事業者(MVNO)の「gooSimSeller」(NTTレゾナント)や「楽天モバイル」(楽天)、「mineo」(ケイ・オプティコム)、「エキサイトモバイル」(エキサイト)、「IIJmio」(インターネットイニシアティブ)、「DMMモバイル」(DMM.com)、「LINE mobile」(LINEモバイル)、「LinksMate」(LogicLinks)、「イオンモバイル」(イオンリテール)、「QTmobile」(QTnet)など。

このうちすでに楽天モバイルやエキサイトモバイル、mineoなどでは取り扱いおよび価格が案内されており、例えば、楽天モバイルではSIMカードとセットとなる新規契約および他社から乗り換え(MNP)、機種変更(店頭)では税別26,880円、機種変更(オンライン)では税別24,192円、エキサイトモバイルでは税抜23,400円、mineoでは税別24,000円となっています。

なお、ファーウェイ・ジャパンではHUAWEI nova lite 3の購入者限定特典としてで独自アプリストア「AppGallery」から「エレメンタルナイツ」をダウンロードした場合に1,500円相当のギフトコードを、「Cut the Rope」をダウンロードした場合に起動してから24時間すべてのステージを無料で遊べる権利と10,000コインを全員にプレゼントするということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。