S-MAX

日本版Kindleなるか!?写真でみるauの「biblio Leaf SP02」

43f58ea2.jpg

「biblio」が電子ペーパーディスプレイになって復活!?

先日の発表会で詳細こそ発表されなかったものの、かつて東芝より“大容量ブックケータイ”として発売された「biblio」の後継機(?)かのように同じブランド名がつけられた「biblio Leaf SP02」のモックアップが展示されていた。

今回の発表では力を入れていたスマートフォン関連の発表が主となっていたが、一方で電子書籍のプラットフォームとしてソニー、凸版印刷、KDDI、朝日新聞社らの4社が整備をすすめている。

恐らくそのプラットフォームを採用すると思われるであろう端末「biblio Leaf SP02」のモックが展示されていたので写真で見ていこう。続きを読む

iPadの牙城を崩せるか!?auも7インチAndroidタブレット「SMT-i9100」を発表【写真紹介】


docomoに続きauからもAndroidタブレットが発表

Android 2.2の採用でFlashを利用したページが閲覧可能なタブレット「SMT-i9100」がauより発表された。

au新機種でありながら、携帯電話モジュールは非搭載、Wi-Fiでの利用を前提とした中々面白い位置づけのデバイスとなっている。

展示会では同製品の展示が行われていたので、続きで見て行こう。続きを読む

ナビウォークも、ニュースEXも!auの既存ケータイ向けサービスが続々スマートフォンに対応

appli
auのお馴染みサービスが続々スマートフォン対応!

10月18日のau新商品発表会では数多くのスマートフォン新機種、Skypeなどの新サービスが発表されましたが、auのスマートフォンをより盛り上げるため、2010年度までにau one マーケットで1800タイトルのアプリを用意する予定とのことでした。

アプリケーションの充実を図るKDDIはスマートフォン向けアプリケーションの大幅拡充を発表し、今まで一般的な携帯電話で展開していたサービスの多くをスマートフォン対応させることを発表しました。その他ゲームやエンタテイメントアプリの充実を図ります。そのアプリの一部を紹介していきます。続きを読む

Posterous投稿用アプリが登場!簡単投稿、サイトの複数管理も【iPhoneアプリ】


Posterousをご存じですか?

Posterousは、簡単に登録できて、同じアカウントで複数のサイトを作成することも可能なサービスで、画像やテキストだけでなく動画もアップロードもできて、TwitterやFacebookなど様々なwebサービスに連携することもできます。
(非常にざっくりとした説明ですが...。)

今まではなぜか公式の投稿用アプリというものが無かったのですが、最近になってリリースされたようなので紹介します。続きを読む

au、「禁断のアプリ」は回線交換「Skype」!SNS統合管理ソフト「jibe」も発表に

skype_top
「禁断のアプリ」は回線交換方式の「Skype」だった!

10月4日に行われたスマートフォンIS03の発表の際、「禁断のアプリ」を用意しているとの話がKDDI田中孝司代表取締役執行役員専務の口から発表されました。さまざまな憶測を呼んだ「禁断のアプリ」でしたが、昨日、18日の新商品発表会にて、それは「Skype au」であることが発表されました。

「Skypeなんて既にAndroidアプリで存在しているじゃないか」とお思いの方も多いと思いますが、「Skype au」は既存の「Skype」アプリと違い、なんとauの電話回線網を用いて通話を行う回線交換方式の「Skype」であるということだったんです。また、来年にはスマートフォン以外のauの従来型携帯電話にも「Skype au」アプリを搭載することも発表されました。ただ単にスマートフォンに「Skype」アプリをインストールした、というだけにとどまらない大きな発表となりました。

加えてキラーアプリとしてSNSサービスを一元管理できる「jibe」をauのAndroid端末向けに提供することも発表されました。今回の新商品発表会では2つのアプリを体験することができたので、報告いたします。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。