685f0191.jpg

GALAXY Beamが発表!

Samsung Electronics(サムスン電子)は26日(現地時間)、プロジェクター機能を内蔵したスマートフォン「GALAXY Beam」を発表しています。Android 2.3(開発コード名:Gingerbread)を搭載し、15ルーメンで最大50インチの映像を映せるプロジェクターとして利用可能とのことです。

発売時期や価格、販売地域は発表されていませんが、バルセロナ(スペイン)で27日から開催されているモバイル関連展示会「Mobile World Congress 2012(MWC2012)」において展示しています。

14414119.jpg
c9e8f269.jpg


スペックとしては、ディスプレイは4インチWVGA(480×800ドット)、1.0GHz駆動のデュアルコアCPU、本体メモリー(RAM)は6GB、本体ストレージ(ROM)は8GB、microSD/microSDHCカードスロット(最大32GB)、500万画素アウトカメラ、130万画素インカメラ、2000mAhバッテリーなどとなっています。

通信機能はW-CDMA/HSPA(850/900/1900/2100MHz)およびGPS/GPRS/EDGE(850/900/1800/1900MHz)で下り最大14.4Mbps、上り最大5.76Mbpsでデータ通信が可能。無線LAN(Wi-Fi)およびBluetooth 3.0にも対応しています。

大きさは64.2×124×12.5mmで、質量は145.3g。

dbd17c8d.jpg
4cfd1780.jpg


プロジェクターの連続投影時間は約3時間で、利用にはプリインストールされた専用アプリ「Projector」を用いるということです。

cb33a5fc.jpg

634b1c00.jpg


サムスン電子では、2010年7月に同じGALAXY Beamという名称のプロジェクター内蔵端末をシンガポールなど一部の地域で発売しており、今回のモデルはその後継機種に当たるとのこと。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
Samsung Mobile Press