「iTunes Match」が日本でも開始!

アップル(Apple)は2日、クラウドサービス「iCloud」でユーザーが持っている音楽ファイル(楽曲データ)を管理・再生できるサービス「iTunes Match」を日本国内でも開始しています。iCloudに最大2万5000曲(iTunes Storeで購入した曲は除く)を保存でき、利用料は3980円/年となります。

これにより、iTunes MatchはCDからリッピングした楽曲データなどのiTunes Store以外で購入した楽曲についてもiCloud上で管理できるようになります。

iTunes MatchではパソコンやiPhoneなどに保存されている音楽ファイルの中からiTunes Storeにあるものを見つけ、マッチした曲はすべてあなたのiCloudに自動的に追加されます。

同社ではiTunes Storeには3700万曲以上が揃っているので、持っている曲とマッチするものがすでにiCloudにある可能性はかなり高いとし、マッチしなかった残り音楽ファイルについてもiTunesがアップロードすることですべての持っている音楽ファイルをiCloud上で管理・再生できるようになります。

これにより、すべての音楽ファイルをアップロードするよりはるかに高速に処理でき、その上、持っている音楽ファイルの音質が低い場合でもiTunesがマッチさせたすべての曲はiCloudから256Kbps AAC(DRMフリー)で再生されます。

利用するには事前にApple IDが必要ですが、特にクレジットカード登録していないと使えないようなのでご注意ください。

対象機種はiOS 5.0.1以降を搭載したiPhone 3GS以降、iPod touch(第3世代以降)、iPad、iPad miniで、パソコン側ではiTunes 10.5.1以降がインストールされたMacおよびWindowsが必要となります。利用できる機種は最大10台まで。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Apple - iTunes - iTunes Match