LINE MALLにてグループ購入などの5つのサービスが提供へ!

LINE Corp.は27日、六本木アカデミーヒルズタワーホールにて新サービス発表会「LINE Showcase 2014 Aug.」を開催し、同社が運営するスマートフォン(スマホ)など向けEC(電子商取引)サービス「LINE MALL」における今後の新戦略を発表しています。

新戦略として新たに5つのサービスの開始が発表され、1つめは2014年8月28日(木)より開始するLINE友だちと商品をまとめ買いすることで最大50%オフになる「LINE グループ購入」、2つめはLINE友だちにギフト商品を送ることができる「LINE ギフト」(2014年秋以降提供予定)、3つめは生産者とLINE MALLが契約を結び、収穫したての農作物や水揚げされたばかりの魚介類など、本来であれば産地でしか出会えない食材をLINE MALL上から直接購入できる「LINE マルシェ」(年内提供予定)、4つめはオフラインで店舗展開している人気セレクトショップとLINE MALLが契約を結び、自宅や職場にいながらにして、店頭でしか出会えない商品をLINE MALL上から直接購入できる「LINE セレクト」(年内提供予定)、最後にクリエイターと工場をつなぎ、クリエイターが手がけたハンドメイド商品を量産製造できるようLINE MALLが支援をする「LINE クリエイターズモール」(提供時期未定)となっています。

同社によると、一般に従来のパソコン(PC)での利用をベースとしたECサービスでは購入者が商品名を検索し、スペックなどを比較して購入する「Pull Commerce(検索型EC)」が中心で、特定の商品およびカテゴリーが欲しいという顕在化したニーズへの対応においては有効なものの、ニーズが顕在化していないケースにでは必ずしも利便性が高いとは言えないのが実状だとのこと。

その結果、経済産業省「平成24年度我が国情報経済社会における基盤整備(電子商取引に関する市場調査) [PDF]」によると、ECの浸透を示す指標である「EC化率(小売業・サービス業におけるECによる取引の割合)」は日本のBtoCのEC市場において3.1%に留まっており、いまだ大いに改善の余地があると見込んでいるという。

このような状況の中で、同社が提供するLINE MALLは従来のニーズ供給型のPull Commerceではなく、1)誰もが簡単・安心に出品・購入でき、2)新たな商品と出会う機会を提供することにより、新たなニーズを創出する「Push Commerce(プッシュ型EC)」サービスとして2014年3月にプレオープン版をiPhone向けに公開。以来、約5ヶ月間で送料込みのシンプルな価格設定、LINE MALLを介して商品と代金の受け渡しを仲介するエスクロー・サービス、出品者向け定額配送サービス「LINE配送」、プッシュ通知で毎日セール情報のお知らせが届く「LINE セール」など、さまざまな取り組みを行い、一定の成果を挙げることができたとのこと。

そこで、今回、さらにユーザーの利便性を向上させるためにLINE MALLでは「商品との出会いの最大化=つながりによる消費」をコンセプトに次のステージへと飛躍させるための新戦略を発表しています。

新戦略では、1)スマホならではの新しいつながりとして、LINEでつながっている身近な友人・知人からの推薦によって商品と出会う機会を提供、2)地域の生産者・ショップとつながり、本来であれば産地や店頭でしか出会えない商品をスマホ上から購入できる機会を提供、さらに、3)個人クリエイターとつながり、ハンドメイド商品の量産化支援を行うことで広くユーザーの購入機会を提供することにより、国内のEC市場およびLINE MALL利用者の一層の拡大につなげていくことをめざすとしています。

具体的には、以下の主な4つの新サービスの発表を行っています。

◯LINE グループ購入
LINE グループ購入はLINEでつながっている複数の友だち間で商品をまとめ買いできる機能です。提供開始は2014年8月28日(木)を予定。

グループ購入該当商品はドリンク類やパスタ、缶詰などの食品および日用品類を予定しており、該当商品をLINEの友だち・グループでまとめ買いすることによって通常の販売価格から最大50%オフで購入することができます。

これにより、親しい友人や職場の同僚といった身近な友人・知人のつながりを介して、さまざまな商品と出会うことが可能になるとのこと。

注文方法は、まず代表者が商品の選択と商品をどの友だち・グループでまとめ買いするのか指定し、その後、配送方法("一箇所へまとめて配送"または"参加メンバーごとへの配送")や自身の購入個数などを入力した注文書を作成し、選択した友だちまたはグループにLINEのメッセージで注文書を送ります。グループ購入対象商品は最低注文個数が決まっており、自身と参加メンバーの合算による購入個数が最低注文個数を上回れば購入できるようになります。

01



◯LINE ギフト
LINE ギフトはLINEでつながっている友人にギフト商品を送ることができる機能です。提供開始は2014年秋以降を予定。

購入者はLINE MALL内でギフト商品を購入し、LINEの友だちリストから送り先を選択するだけで、相手の住所を知らなくても送付が可能で、受取人はLINE上で届いたメッセージから住所や配送日を設定することによって商品の受け取りができます。

また、特徴的な機能としてはLINE グループ購入と同様にLINEの友だちやグループで誘い合い、該当商品の購入費用を複数人で按分(割り勘)し、特定の個人宛に送ることもでき、これにより、例えば、出産祝いや誕生日プレゼントなどで高額のギフトを贈りたいケースでも親しい友人や職場の同僚同士で購入費用を出し合うことで、購入しやすくなります。

02



◯LINE マルシェ
LINE マルシェは生産者とLINE MALLが契約を結び、収穫したての農作物や水揚げされたばかりの魚介類など、本来であれば産地でしか出会えない食材をLINE MALL上から直接購入できるサービスです。提供開始は年内を予定。

今後、正式オープンに向けて商品ラインナップを拡充し、LINE MALLで売り買いのすべてを補えることのできるサービスとなることをめざします。

03



◯LINE セレクト
LINE セレクトは、オフラインで店舗展開している人気セレクトショップとLINE MALLが契約を結び、自宅や職場にいながらにして、店頭でしか出会えない商品をLINE MALL上から直接購入できるサービスです。提供開始は年内を予定。

今後、都内のアパレルや雑貨などのセレクトショップを中心に参加店舗を拡充し、LINE MALL内に全国各地のあらゆるセレクトショップが集まる仮想ショッピングモールの構築をめざすということです。

04



◯LINE クリエイターズモール
LINE クリエイターズモールはクリエイターと工場をつなぎ、クリエイターが手がけたハンドメイド商品を量産製造できるよう、LINE MALLが支援をするサービスです。提供開始時期は未定。

LINE MALLの「お気に入り」登録の機能を活用し、ユーザーに商品を評価してもらい、評価が多い商品に対してはLINE MALL内の審査を経た後に量産化のオファーをクリエイターにします。

LINE MALLではこの取り組みを通じ、良質なハンドメイド商品をLINE MALL上で広くユーザーに届けること、そして、クリエイターを支援して成長をサポートすることで、LINE MALL発のブランドを創出することをめざすとのことです。

記事執筆:memn0ck


[Image] QRコードアプリ名:毎日セール&出品無料のLINE MALL(ラインモール)
価格:無料
カテゴリ: ショッピング
開発者:LINE Corporation
バージョン:端末により異なります
ANDROID 要件:端末により異なります
Google Play Store:http://play.google.com/store/apps/details?id=com.linecorp.linemall

btn_android


[Image] QRコードアプリ名:毎日セール&出品無料!LINE MALL(ラインモール)誰でも簡単に売ったり買ったりできるLINEのショッピングアプリ
価格:無料
カテゴリ:カタログ
開発者:LINE Corporation
バージョン:1.3.1
iTunes Store:http://itunes.apple.com/jp/app/id766236278?mt=8

btn_itunes




■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
【LINE MALL】LINEのECサービス「LINE MALL」、“つながりによる消費”をコンセプトとした新戦略を発表