radiko.jpが過去の番組を聴取できるタイムフリー聴取機能に対応!

radikoおよび日本民間放送連盟ラジオ委員会は26日、リスナー拡大によるラジオ業界発展をめざして、新たなラジオ番組の聴取スタイルとして過去の番組を好きなときに聴取できる「タイムフリー聴取機能」と新しい聴取文化として特定の番組を自由に共有できる「シェアラジオ」の実現の普及推進で協力すると発表しています。

まずはラジオサービス「radiko.jp」にて過去1週間のタイムフリー聴取機能を2016年10月11日(火)12時頃より実証実験として無料で開始し、宇多田ヒカル出演のシェアラジオ特別番組「サントリー天然水presents宇多田ヒカルのファントーム・アワー」( http://shareradio.jp )を2016年10月11日(火)12時から10月17日(月)までにて全国のラジオ局で放送するとしています。

タイムフリー聴取機能は、radikoが開発したradiko.jpの新機能で「ラジオ番組放送後、過去1週間に限り、いつでも後からお好みの番組を聴取できること。 時間の概念にとらわれることなく、 聴きたいラジオ番組をいつでも楽しむことができること」と定義されたサービスです。

無料かつ非登録制で利用でき、これまでラジオに馴染みのない人をリスナーとして獲得することを目的のひとつとしているため、誰にでもすぐに使えることを最優先に考えているとしています。

タイムフリー聴取機能では1番組ごとに聴取可能時間(3時間)があり、あるひとつの番組を選んで、その番組を再生した段階(再生ボタンを押した瞬間)から3時間が経過するまでの間、聴取することが可能となっています。

例えば、12時に再生ボタンを押したと仮定すると、その番組は15時まで聴くことができるという仕組みで、タイムフリー聴取機能の実証実験は日本初の試みとなることから、この範囲内にて各方面の権利者に理解と協力と支援を受けるために設定しているということです。

なお、タイムフリー聴取機能は、特定のタレント出演番組やスポーツ中継など権利上の問題で、一部聴取できない番組があるとのこと。また、各放送局の編成判断によって当該番組の配信を停止する場合があるとしています。

一方で、シェアラジオは、同様に新規リスナー拡大のため、民放連ラジオ委員会が提唱している新たなラジオ聴取文化で、タイムフリー聴取機能を活用して、お気に入りの番組を友だちなどにソーシャルメディアを通じてお知らせや共有することができるものです。

まずはじめに以下の番組がシェアラジオ番組として全国のラジオにて放送されるということです。

・シェアラジオ特別番組 『サントリー天然水presents宇多田ヒカルのファントーム・アワー』
放送日時: 2016年10月11日(火)正午から10月17日(月)まで
各放送局の放送日・時間は、本番組HPであるシェアラジオ特設サイトに掲載
放送局 : 民放連加盟ラジオ101局
制 作 : 民放連ラジオ委員会
出演者 : 宇多田ヒカル
番組時間: 約1時間
番組HP : シェアラジオ特設サイト  http://shareradio.jp
※ラジコに参加していない放送局では、番組名や内容の一部を変更して放送します。


記事執筆:memn0ck


[Image] QRコードアプリ名:radiko.jp for Android (無料)
価格:無料
カテゴリ: 動画プレーヤー&エディタ
開発者:株式会社radiko
バージョン:端末により異なります
ANDROID 要件:端末により異なります
Google Play Store:http://play.google.com/store/apps/details?id=jp.radiko.Player

btn_android


[Image] QRコードアプリ名:radiko.jp
価格:無料
カテゴリ:エンターテイメント
開発者:radiko Co.,Ltd.
バージョン:5.0.9
条件:iOS 6.0 以降。iPhone、iPad、および iPod touch に対応。
iTunes Store:http://itunes.apple.com/jp/app/id370515585?mt=8

btn_itunes




■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
さらなるラジオメディアの価値向上とラジオ番組コンテンツの接触機会拡大へ|株式会社radikoのプレスリリース
ラジオがネットで聴けるラジコ