S-MAX

ギガプラン

携帯電話サービス「IIJmio」にてギガプランの音声eSIMカード(タイプD)を9月22日より提供!音声eSIMのタイプA/Dの変更も可能


IIJmioギガプランにてNTTドコモ回線(タイプD)の音声eSIMを9月22日に提供開始!

インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)は7日、同社が移動体通信事業者(MNO)から携帯電話回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「IIJmio」( https://www.iijmio.jp )における料金プラン「ギガプラン」にてタイプD(NTTドコモ回線)の音声通話機能付きeSIM(以下、音声eSIM)を2023年9月22日(金)に提供開始すると発表しています。

また合わせて同日より音声通話機能付きSIMカード(音声SIMカード)から音声eSIMへのSIM交換や音声eSIMのタイプA・タイプD間のタイプ変更についても対応を開始するとのこと。これにより、ギガプランでは音声SIM・音声eSIMやタイプA・タイプDを自由に変更できるため、利用機種や利用エリアなどにより柔軟にギガプランを利用できるようになります。

また同日より音声eSIM(タイプD)をお得に利用できるキャンペーンを実施するほか、すでにギガプランの音声回線を利用している人を対象に音声eSIMへのSIM交換時にかかる手数料2,200円(金額はすべて税込)を0円に割引する「音声限定!SIM交換手数料割引キャンペーン」を実施するということです。

続きを読む

携帯電話サービス「IIJmio」にてギガプランの音声SIMカード(タイプA・D)から音声eSIM(タイプA)へのSIM交換が9月下旬より開始


IIJmioギガプランにて音声SIMカードから音声eSIMへのSIM交換が9月下旬に開始予定!

インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)は24日、同社が移動体通信事業者(MNO)から携帯電話回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「IIJmio」( https://www.iijmio.jp )において音声通話機能付きSIMカード(以下、音声SIMカード)からタイプA(au網)の音声通話機能付きeSIM(以下、音声eSIM)へのSIM交換手続きを2023年9月下旬より開始すると発表しています。詳細な開始日は決定次第案内するとのこと。

対象プランおよびSIM交換はギガプランの音声SIMカード(タイプD、タイプA)から音声eSIM(タイプA)への交換、ギガプランの音声eSIM(タイプA)から音声SIMカード(タイプD、タイプA)への交換となっており、SIM交換手数料は1SIMカードあたは1SIMプロファイル当たり2,200円(金額はすべて税込)。

またミニマムスタートプランなどの旧プランからギガプランへの移行において従来は申し込みの翌月1日まで適用を待つ必要がありましたが、2023年9月下旬より即時移行に対応するとのこと。この変更によってこれまで月末日にはできなかったギガプランへの移行の申し込みも可能となります。

続きを読む

携帯電話サービス「IIJmio」のギガプランが料金そのままで4GB→5GBや8GB→10GBへと4月1日より増量!手続き不要で既存利用者も自動適用


IIJmioやBIC SIMのギガプランにおける4GBと8GBが料金据え置きで増量!

インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)は20日、同社が移動体通信事業者(MNO)から携帯電話回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「IIJmio」( https://www.iijmio.jp )における料金プラン「ギガプラン」において月額料金は据え置いたままで「4ギガプラン」のデータ容量を5GBに増量して「5ギガプラン」へ、「8ギガプラン」のデータ容量を10GBに増量して「10ギガプラン」へ2023年4月1日(土)より改定すると発表しています。

改定は現在、4ギガプランや8ギガプランを利用中の場合も4月1日から自動的に新しいデータ容量が適用され、利用者による手続きは不要とのこと。またギガプランに相当する「BIC SIM powered by IIJ」の4ギガプランと8ギガプランも同様に5ギガプランと10ギガプランへ改定されるということです。

さらにこの改定に当たって2023年2月20日(月)から3月31日(金) 20:59まで「ギガ増量!先行記念キャンペーン」を実施し、他社から乗り換え(MNP)にてギガプランを契約の際に対象のスマートフォン(スマホ)を同時に申し込むと一括500円(金額はすべて税込み)からという特別価格で購入できるほか、通常3,300円の初期費用を半額(1,650円)に割引するということです。

続きを読む

携帯電話サービス「IIJmio」のギガプランが4月1日より値下げ!税込で分かりやすくよりリーズナブルに。月額440円からでeSIMや5Gにも対応


IIJmioのギガプランが4月1日に料金改定!通話定額オプション割引特典も

インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)は1日、同社が移動体通信事業者(MNO)から回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している個人向け携帯電話サービス「IIJmio」( https://www.iijmio.jp )において提供している料金プラン「IIJmioモバイルサービス ギガプラン(以下、ギガプラン)」の月額基本料を2022年4月1日(金)に改定する発表しています。

同社では昨年2月にギガプランを発表した際に税抜で設定したものの、その後、昨年4月に消費税を含めた総額(税込)表示が義務化されて以降、端数がつく表示が「分かりにくい」や「覚えづらい」といった声が多いことに応え、また品質およびコスト改善を重ねてきた結果を反映することによってより分かりやすくリーズナブルな料金にすることにしたということです。

料金改定はeSIMを除くすべてのデータ容量プランで値下げを行っており、例えば、利用者が多い音声SIMの4ギガプランは1,000円を切る税込990円となっています。なお、料金改定はIIJmioの公式Webサイトや全国の家電量販店で申し込む新規契約だけでなく、既存の利用者も4月1日から自動的に新料金が適用されます。

さらにギガプランでは2022年3月1日(火)から4月30日(土)まで通話定額オプションを月々410円、13ヵ月間割引する「シェアNo.1記念キャンペーン【通話定額オプション割引特典】」を実施するとのこと。値下げされる月額基本料金にキャンペーンが適用されることで13ヵ月目まで「2ギガプラン&5分かけ放題」の組み合わせで月々940円から、また「2ギガプラン&かけ放題」の組み合わせで月々1,840円から利用できるようになります。

その他、IIJmioモバイルサービスは2022年2月27日に10周年を迎え、これを記念して「IIJmio10周年記念キャンペーン」を3月1日より実施いたしており、日頃の感謝の気持ちを込めて、IIJmioモバイルサービスを利用している人を対象に1TBのデータ通信容量を10週連続で各1人に計10TBプレゼントしています。さらに毎回10人に景品が当たります。キャンペーンは自動的にエントリーされ、応募は不要です。

続きを読む

NTTドコモが5Gギガライトとギガライトの「ギガプラン上限設定オプション」で月1GBに加えて月3GBと月5GBも8月30日から可能に


docomoの「ギガプラン上限設定オプション」が月3GBと月5GBも設定可能に!

NTTドコモは27日、段階性の月間高速データ通信容量によるスマートフォン(スマホ)など向け料金プラン「5Gギガライト」および「ギガライト」を契約している場合に希望に合わせて利用データ量の上限を設定できる「ギガプラン上限設定オプション」について設定できるデータ量の上限を2021年8月30日(月)より拡充するとお知らせしています。

ギガプラン上限設定オプションはこれまで月1GB(ステップ1)のみでしたが、新たに月3GB(ステップ2)と月5GB(ステップ3)の上限設定が可能となり、利用状況に応じてより柔軟に設定できるようになります。

これにより、あらかじめ設定したデータ量の上限に達した場合、自動で128kbps通信に切り替わるため、予期せぬデータ量の使い過ぎを防ぐことが可能で、割引適用後なら月1GBは月額2,178円(金額はすべて税込)、月3GBは月額2,728円、月5GBは月額3,278円で利用できます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。