S-MAX

セキュリティー

AppleがiPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 16.3」や「iPadOS 16.3」を提供開始!緊急SOSで誤通報防止の操作追加など


AppleがiPhoneなど向けiOS 16.3とiPadOS 16.3をリリース!

Appleは23日(現地時間)、同社が販売するスマートフォン(スマホ)「iPhone」シリーズ向けプラットフォーム「iOS」とタブレット「iPad」シリーズ向けプラットフォーム「iPadOS」の最新バージョン「iOS 16.3(20D47)」および「iPadOS 16.3(20D47)」を提供開始したとお知らせしています。

対象機種はiOS 16およびiPadOS 16の対象機種である最新の「iPhone 14」シリーズや「iPad(第10世代)」、「12.9インチiPad Pro(第6世代)」、「11インチiPad Pro(第4世代)」を含むiPhone 8以降およびiPhone SE(第2世代)以降、iPad(第5世代以降)、iPad Air(第3世代以降)、iPad mini(第5世代以降)、iPad Pro(全モデル)の各製品にて無料で更新可能です。

変更点はHomePod(第2世代)に対応したり、緊急SOSで意図しない緊急通報を防ぐためにサイドボタンと上下どちらかの音量ボタンを長押ししてから放す操作が必要となるなどの機能が追加されたほか、ロック画面の壁紙が真っ黒になることがある問題などのさまざまな不具合の修正、各種のセキュリティーアップデートが実施されています。

なお、セキュリティーアップデートについては「CVE-2023-23499」や「CVE-2023-23519」、「CVE-2023-23500」、「CVE-2023-23502」、「CVE-2023-23504」、「CVE-2023-23498」、「CVE-2023-23503」、「CVE-2023-23512」、「CVE-2023-23505」、「CVE-2023-23511」、「CVE-2023-23496」などの13個のCVEに登録されている脆弱性に対処されていると案内されています。

その他、iOS 16およびiPadOS 16に対応しないiPhoneやiPad、iPod touch向け「iOS 15.7.3」および「iPadOS 15.7.3」のほか、パソコン「Mac」向け「macOS」の最新バージョン「macOS 13.2(22D49)」、スマートウォッチ「Apple Wach」向け「watchOS」の最新バージョン「watchOS 9.3(20S648)」なども提供開始されています。

続きを読む

Google、スマートウォッチ「Pixel Watch」の2023年1月分のソフトウェア更新を提供開始!常時表示でサードパーティーのウォッチフェイスに対処


スマートウォッチ「Google Pixel Watch」に2023年1月分のソフトウェア更新が提供開始!

既報通り、Googleは3日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)など向けプラットフォーム「Android」における月次セキュリティーパッチの2023年1月分を告示し、合わせて同社が展開する「Pixel」ブランドのスマートフォン(スマホ)に対して2023年1月分のソフトウェア更新を2023年1月3日(火)より順次提供開始しています。

これに対し、Googleは10日(現地時間)、Pixelブランドのスマートウォッチ「Pixel Watch」に対しても2023年1月分のソフトウェア更新を2023年1月10日(火)より提供開始するとおしらせしています。ソフトウェア更新は来週にかけて順次配信され、更新後のビルド番号は日本と台湾向けが「RWD9.220429.073.J1」、それ以外が「RWD9.220429.073」。

Pixel Watch向けの2023年1月分のソフトウェア更新ではセキュリティーアップデートのほか、常時表示(AOD)機能が有効な状態で15分後にオフになるサードパーティーのウォッチフェイスに対処するための修正が行われているということです。

続きを読む

Androidセキュリティーパッチ2023年1月分が案内!Googleスマホ「Pixel 4a」以降はソフトウェア更新が提供開始。機能改善や不具合修正も


GoogleがAndroid向けセキュリティーパッチ2023年1月分を案内!

Googleは3日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)など向けプラットフォーム「Android」における月次セキュリティーパッチの2023年1月分を告示しています。合わせて同社が開発・販売するスマホ「Pixel」シリーズにおいて2023年1月分のソフトウェア更新を同日より提供開始しており、今後数週間に渡って順次提供されるとのこと。

ソフトウェア更新はネットワーク経由によるアップデート(OTA)が配信開始されているほか、ファクトリーイメージも公開されており、対象となる「Pixel 7」および「Pixel 7 Pro」、「Pixel 6」、「Pixel 6 Pro」、「Pixel 5a (5G)」、「Pixel 5」、「Pixel 4a (5G)」、「Pixel 4a」では無料で実施できます。

更新後のビルド番号はカナダ向けのPixel 4aが「TQ1A.230105.001.B1」、オーストラリアのTelstra向けのPixel 7が「TQ1A.230105.001.A3」、Pixel 7 Proが「TQ1A.230105.002.A1」、それ以外の製品では共通してPixel 7 ProとPixel 6aが「Q1A.230105.001.A2」、Pixel 7とPixel 6 Pro、Pixel 6が「TQ1A.230105.002」、Pixel 5a (5G)とPixel 5、Pixel 4a (5G)、Pixel 4aが「TQ1A.230105.001」となっています。

なお、Pixelのソフトウェア更新にはセキュリティーパッチのほか、複数の不具合修正や機能改善が含まれており、例えば、Pixel 7 ProとPixel 7ではカメラでズームインすると撮影した写真が破損したり歪んだりすることがある問題や電源をオンにしたときにディスプレイがウェイクアップまたはオフになっているように見えることが時折妨げられる問題などが修正されています。

続きを読む

AppleがiPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 16.2」や「iPadOS 16.2」を提供開始!フリーボードAppなどの新機能が追加


AppleがiPhoneなど向けiOS 16.2とiPadOS 16.2をリリース!

Appleは13日(現地時間)、同社が販売するスマートフォン(スマホ)「iPhone」シリーズ向けプラットフォーム「iOS」とタブレット「iPad」シリーズ向けプラットフォーム「iPadOS」の最新バージョン「iOS 16.2(20C65)」および「iPadOS 16.2(20C65)」を提供開始したとお知らせしています。

対象機種はiOS 16およびiPadOS 16の対象機種である最新の「iPhone 14」シリーズや「iPad(第10世代)」、「12.9インチiPad Pro(第6世代)」、「11インチiPad Pro(第4世代)」を含むiPhone 8以降およびiPhone SE(第2世代)以降、iPad(第5世代以降)、iPad Air(第3世代以降)、iPad mini(第5世代以降)、iPad Pro(全モデル)の各製品にて無料で更新可能です。

変更点はブレーンストーミングやアイデアの実現に最適なアプリ「フリーボード」やカラオケ機能「Apple Music Sing」が追加されるほか、ロック画面やステージマネージャなどの改善、日本語キーボードでの入力中にVoiceOverで変更を認識できないことがある問題などのさまざまな不具合の修正、各種のセキュリティーアップデートが実施されています。

なお、セキュリティーアップデートについては「CVE-2022-42843」や「CVE-2022-46694」、「CVE-2022-42865」、「CVE-2022-42848」、「CVE-2022-42859」、「CVE-2022-46702」、「CVE-2022-42850」、「CVE-2022-42846」、「CVE-2022-46693」、「CVE-2022-42851」、「CVE-2022-42864」などの35個のCVEに登録されている脆弱性に対処されていると案内されています。

その他、iOS 16およびiPadOS 16に対応しないiPhoneやiPad、iPod touch向け「iOS 15.7.2」および「iPadOS 15.7.2」のほか、パソコン「Mac」向け「macOS」の最新バージョン「macOS 13.1(22C65)」、スマートウォッチ「Apple Wach」向け「watchOS」の最新バージョン「watchOS 9.2(20S361)」、スマートテレビ「Apple TV」向け「tvOS」の最新バージョン「tvOS 16.2(20K362)」なども提供開始されています。

続きを読む

Google、スマートウォッチ「Pixel Watch」も月次アップデートを提供!12月分は新機能「Feature Drop」を含むソフトウェア更新が提供開始


スマートウォッチ「Google Pixel Watch」の2022年12月分のソフトウェア更新が提供開始!

既報通り、Googleは5日(現地時間)、同社が開発・販売する「Pixel」ブランドのスマートフォン(スマホ)やスマートウォッチに提供する新機能「Pixel Feature Drop」( http://g.co/pixel/updates )の第10弾を提供開始したとお知らせしています。今回のPixel Feature DropはPixelスマホとしてはこれまでで最大のアップデートとなったほか、スマートウォッチ「Pixel Watch」としては初めての提供となりました。

合わせて「Pixel 4a」以降のPixelスマホおよびPixel Watchにソフトウェア更新が順次提供開始されており、Pixelスマホについてはすでに紹介している通りですが、本記事ではPixel Watchの2022年12月分のソフトウェア更新についてまとめたいと思います。更新後のビルド番号は日本と台湾向け製品では「RWD9.220429.070.J1」、それ以外では「RWD9.220429.070」となっており、WearOS 3.5が搭載されているすべてのPixel Watchが対象となっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。