S-MAX

ポイント

ソフトバンク、携帯電話サービス「Y!mobile」や「LINEMO」でも毎月の通話や通信料などの支払いに「ソフトバンクポイント」を利用可能に


ワイモバイルやラインモでも料金の支払いにソフトバンクポイントが使えるように!

ソフトバンクは14日、携帯電話サービス「Y!mobile」および「LINEMO」において毎月の通話や通信料などの支払いに「ソフトバンクポイント」が2022年9月14日(水)より使えるようになったとお知らせしています。ソフトバンクポイントは1ポイント=1円として利用できます。

対象となる支払いは基本料やデータ定額料、通話料、データ通信料、オプション料金で、オンラインサポート「My Y!mobile」やLINEMOの「My Menu」にて申し込みを行います。なお、ソフトバンクポイント(「Tポイント」から交換した分は除く)は決済サービス「PayPay」のポイントサービス「PayPayポイント」に交換することもできます。

続きを読む

デパート「京王百貨店」の全店舗にて「dポイント」が9月1日より利用可能!スーパー販促プログラムも導入予定。10倍還元キャンペーンも開催


キャンペーン「京王百貨店でdポイント10倍もれなくもらえる!」が9月1日から開催

NTTドコモおよび京王百貨店は25日、京王百貨店が展開するデパートメントストア(デパート)「京王百貨店」の全9店舗にてNTTドコモが提供する共通ポイントサービス「dポイント」が2022年9月1日(木)より利用可能になるとお知らせしています。

店舗は新宿店や聖蹟桜ケ丘店、サテライト各店、リモーネプラスがあり、これらの店舗における買い物の会計時にdポイントカード(dカードやdカードGOLD、モバイルdポイントカードなどを含む)を提示すると200円(税抜)ごとに1ポイントが貯まります。

またdポイントカードを提示してdポイントで支払うこともできるようになります。なお、京王百貨店ではすでにスマートフォン(スマホ)など向け決済サービス「d払い」にも対応しており、d払いで支払うとさらに200円(税込)ごとに1ポイントが貯まります。

合わせて「京王百貨店でdポイント10倍もれなくもらえる!」が2022年10月31日(月)23:59まで実施され、期間中にエントリーの上で京王百貨店でdポイントカードを提示した場合に通常の10倍のdポイントが還元(還元率5%)されます。

なお、NTTドコモと京王百貨店では今後、dポイント加盟店およびd払い加盟店の販売促進活動を支援するマーケティングプラットフォーム「スーパー販促プログラム」を導入する予定で、京王百貨店でdポイントを利用する ことをきっかけにアプリ上でメッセージやお得な情報などを配信できるようになるということです。

続きを読む

ドラッグストア「トモズ」などにて「dポイント」が3月31日より利用可能に!独自ポイントと2重取りOK。20倍還元キャンペーンも


トモズで d ポイントはじまる!キャンペーン。通常の20倍=10%還元に

NTTドコモおよびトモズは29日、トモズが展開するドラッグストア「Tomod's(トモズ)」などの全国のトモズグループ230店舗(2022年3月時点)にてNTTドコモが提供する共通ポイントサービス「dポイント」が2022年3月31日(木)より利用可能になるとお知らせしています。

対象店舗はTomod'sのほか、クスリのカツマタ、アメリカンファーマシー、インクローバー、メディコ、グループ内調剤専門店となっており、会計時にdポイントカード(dカードやdカードGOLD、モバイルdポイントカードなどを含む)を提示すると200円(税抜)ごとに1ポイントが貯まります。

またdポイントカードを提示してdポイントで支払うこともできるようになります。なお、トモズグループではすでにスマートフォン(スマホ)など向け決済サービス「d払い」にも対応しており、d払いで支払うとさらに200円(税込)ごとに1ポイントが貯まります。

合わせて「トモズで d ポイントはじまる!キャンペーン」( https://bit.ly/37nVg3P )が実施され、期間中にエントリーの上でトモズグループの対象店舗でdポイントカードを提示した場合、第1弾では通常の20倍のdポイントが還元され、第2弾ではdポイントを貯めた場合にもれなく100万dポイントが山分けされます。なお、調剤専門店はキャンペーン対象外。

続きを読む

NTTドコモがdポイントクラブを6月に改定!ポイント獲得数でランク決定で最大2.5倍進呈。10年超利用でも最高ランクになれない場合も


dポイントクラブが6月にプログラム改定!ポイント倍率アップ特典が導入

NTTドコモがオンラインにて「dポイントクラブのリニューアルに関する記者説明会」を2月25日に開催し、同社が提供している8700万人以上が加入しているポイントプログラム「dポイントクラブ」についてプログラムの内容を2022年6月3日(曜)に改定すると発表しています。

今回の改定によってdポイントクラブのステージは名称をランクに変更して5段階(ランク1〜5)となり、街やネットの加盟店における買い物や同社の各種サービスでdポイントを多く獲得するほどに「dポイント」が貯まりやすいプログラムとなり、新たに「ポイント倍率アップ特典」を開始します。

ランクは街やネットの加盟店における買い物や同社の各種サービスの利用を通じて判定対象期間(3か月間)中に獲得した「dポイント獲得数」に応じて判定され、例えば、判定対象期間中に100ポイントを獲得した場合ならランクは1つ星から2つ星にランクアップされます。なお、6月3日より改定されるため、6月の判定対象期間は3月1日より始まっています。

またポイント倍率アップ特典はランクに応じてdポイント加盟店(街やネットの加盟店)でのdポイント進呈倍率が上がり、ランク1(1つ星)では1倍、ランク2(2つ星)では1.5倍、ランク3(3つ星)およびランク4(4つ星)では2.0倍、ランク5(5つ星)では2.5倍となります。

加えて同社の携帯電話回線を長く利用している人のうちの「ギガプラン」などの対象料金プランを契約している場合に提供する「ずっとドコモ特典」について2022年6月1日(水)から「長期利用ありがとう特典」へ改定し、NTTドコモの携帯電話回線を3年以上契約している場合にエントリーは不要で誕生月の「d払い」の還元率が最大+20%になります。

さらにこれまでのずっとドコモ特典におけるポイント進呈上限は「ギガホ」を契約している場合は最大3,000ポイントでしたが、長期利用ありがとう特典のポイント進呈上限は最大5,000ポイントとなります。なお、今回の改定に伴って「プラチナクーポン」などの一部のクーポンの提供を終了し、全ランクで利用できるお得な「dポイントクラブクーポン」を今後拡充する予定だということです。

続きを読む

うどん屋「はなまるうどん」と「うまげな」などで楽天ポイントカードが利用可能に!2倍還元や抽選で870ポイントプレゼントキャンペーンを実施


はなまるうどんなどの440店舗以上で楽天ポイントカードに対応!キャンペーンも実施

はなまると楽天ペイメントは29日、はなまるが運営するうどんチェーン店「はなまるうどん」および「うまげな」、「さぬき麺屋」、「つるさく」など440店舗以上において共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」が2021年10月21日(木)より利用可能になったと発表しています。

これにより、対象店舗にて楽天ポイントカード(以下、楽天ポイントカードアプリなどを含む)を提示すると、利用金額に応じて「楽天ポイント」を貯めることができ、決済時には貯まったポイントを使用することも可能となっています。

また楽天ポイントカードの導入を記念して2021年11月1日(月)から11月30日(火)まで、「はなまるうどん楽天ポイントカードサービス開始キャンペーン」( https://pointcard.rakuten.co.jp/campaign/hanamaruudon/20211101/ )を実施し、エントリーの上で期間中に対象店舗にて200円(税抜)以上を購入して会計時に楽天ポイントカードを提示すると通常の2倍の楽天ポイントをプレゼントします。

さらにエントリーの上で同様の期間中に対象店舗にて一度でもスマートフォン(スマホ)など向け決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」で支払いをした人を対象に抽選で870人に楽天ポイントを870ポイントプレゼントするということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。