S-MAX

モトローラ・モビリティ・ジャパン

未発表のモトローラ製「XT2331-3」が技適を取得!4G対応の低価格なエントリースマホ「moto g13」が日本のオープン市場で発売へ


モトローラ・モビリティ・ジャパンがmoto g13の日本での発売を準備中!

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにMotorola Mobility(以下、Motorola)が未発表製品「XT2331-3」の相互承認(MRA)による工事設計認証(いわゆる「技適」)を2022年11月14日付けでCTC advancedを通じて取得していることが公開されています。認証番号は「202-SMK068」。

XT2331-3は海外を含めて現時点では未発表となっており、タイの電波関連の認証を管理・運営するNBTC(National Broadcasting and Telecommunications Commission)などでも認証を取得(認証番号:B38617-22)しており、NBTCでは製品名が「moto g13」とされているため、エントリースマートフォン(スマホ)「moto g10」シリーズの次期モデルだと見られます。

続きを読む

モトローラ、防水&FeliCa対応スマホ「moto g52j 5G」の一部に特定条件下で指紋センサーが機能しない不具合を案内!対象製品は無償修理


Motorolaスマホ「moto g52j 5G」の一部製品にて指紋センサーが正しく機能しない不具合が発生!

モトローラ・モビリティ・ジャパン(以下、モトローラ)は9日、同社が今年6月に発売した防水・防塵(IP68)やおサイフケータイ(FeliCa)に対応したスタンダードスマートフォン(スマホ)「moto g52j 5G」(Motorola Mobility製)の一部の製品において特定の条件下で指紋センサーが正しく機能しない場合があることが判明したとお知らせしています。

そのような不具合が起きた場合には「モトローラカスタマーセンター( https://motorola-global-portal-jp.custhelp.com/app/mcp/contactus )」(メールの場合は「jpsupport@custhelp.com」)まで氏名や電話番号、郵便番号、住所、製品製造番号(IMEI)を記載して問い合わせをし、同社にて事象を確認の上で無償にて修理対応するということです。

なお、修理するまではこのような問題が発生した場合、電話のロック解除や利用するアプリの認証に指紋認証に変わって登録したPINやパターン、パスワードなどの入力を行うように案内されています。対象製品の製品コードは「PATM0000JP」(インクブラック)および「PATM0001JP」(パールホワイト)。

続きを読む

モトローラ、4Gスマホ「moto g32」を日本で発表!9月30日発売で価格は2万8800円。90Hz液晶や5000mAhバッテリー、Snapdragon 680など


モトローラから約2万円の低価格スマホ「moto g32」が登場!

モトローラ・モビリティ・ジャパン(以下、モトローラ)は15日、オールラウンドな機能を追求する「moto g」ファミリーにおける新商品として4G対応ミッドレンジスマートフォン(スマホ)「moto g32(型番:XT2235-3)」(Motorola Mobility製)を日本市場にて発売すると発表しています。

発売日は2022年9月30日(金)で、発売に先立って9月15日(木)より予約受付を実施しています。価格(金額はすべて税込)はオープンながら市場想定価格および公式Webショップ「MOTO STORE」では28,800円となっています。なお、オープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリー版」)となります。

日本で販売されるモデルは4GB内蔵メモリー(RAM)および128GB内蔵ストレージで、本体色はミネラルグレイ(SKU:PAUV0002JP)とサテンシルバー(SKU:PAUV0003JP)の2色展開となります。また同社ではmoto g32の発売を記念して期間中にmoto g32を購入された人を対象に「moto care」の期間限定無料キャンペーンを実施するということです。

販路はMOTO STORE以外にもヨドバシカメラやビックカメラなどの量販店やAmazon.co.jpなどのECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)が取り扱い、ヨドバシカメラやビックカメラなどでは28,800円の10%(2,880ポイント)還元で実質25,920円となっています。

一方、MVNOではすでにNTTレゾナントが取り扱いを発表しており、同社が提供する携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」とのセットで21,505円となっているほか、他社から乗り換え(MNP)の場合には14,300円が割り引かれて7,205円となるとのこと。

なお、OCN モバイル ONEは「エコノミーMVNO」としてドコモショップなどのドコモ取扱店でも契約できるようになっていますが、moto g32はこれらの拠点では購入できず、公式Webストア「OCNモバイル オンラインショップ」( https://onlineshop.ocn.ne.jp/ )での販売となるのでご注意ください。

続きを読む

ソフトバンク、5G対応縦折りフィルダブルスマホ「razr 5G」にAndroid 12へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


モトローラのSoftBank向けスマホ「razr 5G」がAndroid 12に!

ソフトバンクは14日、携帯電話サービス「SoftBank」向け5G対応フォルダブルスマートフォン(スマホ)「razr 5G」(Motorola Mobility製)に対してより新しいプラットフォーム「Android 12」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2022年9月14日(水)より順次提供開始するとお知らせしています。

更新は本体のみで無線LAN(Wi-Fi)および携帯電話ネットワーク(3G・4G・5G)によるネットワーク経由(OTA)で実施し、更新にかかる時間は最大20分で、更新にかかる通信料は無料ですが、更新ファイルサイズが大きいため、Wi-Fiでの実施が推奨されています。更新後のビルド番号は「S2PS32.57-23-28」とのこと。主な変更内容は以下の通り。

・Android 12へのOSバージョンアップ

※ 記以外にもより快適にご利用いただくための更新が含まれております。


続きを読む

Motorola、4Gスマホ「moto g32」を発表!Snapdragon 680や90Hz対応6.5インチ液晶、5000mAhなど。技適取得済みで日本でも発売へ


Snapdragon 680搭載の4Gスマホ「moto g32」が登場!日本でも発売へ

Motorola Mobility(以下、Motorola)がオールラウンドな機能を追求する「moto g」ファミリーにおいて新たに4G対応の低価格なAndroidスマートフォン(スマホ)「moto g32(型番:XT2235-*)」を発表しています。すでに欧州の一部の国・地域などで発売しており、欧州での価格は229.99ユーロ(約32,000円)。

またすでに紹介しているようにmoto g32の型番の1つである「XT2235-3」が日本向けの工事設計認証(いわゆる「技適」)を通過しているため、日本でも発売する予定だと思われ、現在販売されている「moto e32s」の上のクラスとしてオープン市場向けにて販売されると見られます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。