S-MAX

認証

Orbicが日本参入へ!日本法人オルビックジャパンを設立。4Gスマホ「Fun+」やタブレット「TAB8 4G」および「TAB10R 4G」などが技適取得


Orbicブランドを展開するアメリカのスマホなどメーカーが日本参入へ!近く発表会を開催予定

スマートフォン(スマホ)やタブレット、データ通信製品、ウェアラブル製品などを「Orbic」ブランドで展開しているアメリカのReliance Communicationsが日本市場に参入することが判明しました。同社はアメリカ・ラスベガスにて2023年1月5日(木)から1月8日(日)まで開催されている世界最大級のテクノロジー見本市「CES 2023」に出展し、日本で2月に発表会を開催することを明らかにしています。

また日本法人として「Orbic Japan合同会社(オルビックジャパン合同会社)」を設立しているほか、日本向けに相互承認(MRA)による工事設計認証(いわゆる「技適」)をいくつかの製品が取得しています。法人番号は「8011103011545」で法人番号指定年月日が2022年3月10日、所在地は当初「東京都新宿区西新宿7丁目4番3」でしたが、2022年11月14日に「東京都新宿区西新宿2丁目3番1号新宿モノリス28階」に移転しています。

現時点で工事設計認証を取得している製品はスマホ「Orbic Fun+(型番:RC609LP)」(認証番号:201-220771)やタブレット「Orbic TAB8 4G(型番:RC8L1T-RW)」(認証番号:201-220673)および「Orbic TAB10R 4G(型番:RC10RLT-RW)」(認証番号:201-220752)、完全ワイヤレスイヤホン「Orbic Buds T5(型番:KH78T)」(認証番号:210-201011)の4機種で、ぞれぞれ関連会社のOrbic North America LLCが申請を行っています。

また一部メディアによると、Nokiaなども採用している「KaiOS」をOSに採用した4G対応の折りたたみ型フィーチャーフォン(ケータイ)「Orbic Journey V」(もしくはその同等製品)も日本に投入予定であると伝えられています。知名度の低い新規参入メーカーはなかなか販売台数を上げられずに数機種を発売してその後に続かないことが多いことが多く、定着するのはなかなか難しいと思われる日本市場ですが、期待したいところです。

続きを読む

未発表のSoftBank・Y!mobile向けZTE製5Gスマホ「A202ZT」がFCCを通過!Libero 5G IIの後継か。ソースコードも「A201ZT」とともに公開


未発表のSoftBank・Y!mobile向けZTEスマホ「A202ZT」と「A201ZT」が発売へ!写真は既存機種「Libero 5G」

米連邦通信委員会(FCC)は30日(現地時間)、ZTEの未発表な日本市場向けと見られる5G対応スマートフォン(スマホ)「A202ZT」が認証を2022年10月27日(木)より順次取得していることを公開しています。FCC IDは「SRQ-A202ZT」。

FCCではアメリカ向けとして4G LTE方式のBand 2および4、41、3G W-CDMA方式のBand IIおよびIV、2G GSM方式の1900MHz、無線LAN(Wi-Fi)のVHT80に対応したIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4および5.xGHz)、Bluetooth LEで認証を取得しています。

製品カテゴリーは「5G Digital Mobile Phone」となっていますが、認証のためのテストでは板状の外観が映されているほか、Wi-Fiの5.xGHz帯にてVHT80にも対応していますし、フィーチャーフォンというよりはスマホであると考えられ、型番ルールからソフトバンクの携帯電話サービス「SoftBank」や「Y!mobile」向けと見られます。

またZTEのグローバル向け公式WebサイトではA202ZTのソースコードが公開されており、OSにはAndroid 12を搭載していることが示されています。一方、A202ZTの前の「A201ZT」も存在すると思われますが、ZTEでは同様にA201ZTのソースコードも公開しており、こちらはOSにAndroid R(Android 11)を搭載しているとされています。

続きを読む

Google、AndroidとChromeにパスワードレス認証「パスキー」を導入!一般向けはAndroid 9以降の全製品にて11月後半より順次提供


AndroidとChromeにてパスワードレス認証「パスキー」が提供開始!

Googleは12日(現地時間)、FIDO AllianceとW3Cが定めるパスワードを使わずにオンラインサービスのID認証を安全で簡単に行うことができる新しい認証規格である「FIDO認証」に準拠したパスワードレス認証「パスキー(Passkeys)」をAndroidとChromeに導入すると発表しています。

まずは開発者向けに提供が開始され、一般向けはAndroid 9以降のすべての製品において2022年11月後半より順次提供開始されるということです。これにより、AndroidやChromeにおける「Google パスワード マネージャー」と連携してさまざまなサービス・アプリへのログインがより簡単になるとのこと。

開発者は「Google Play Services」のベータ版に登録または「Chrome Canary」にてパスキーに対応した環境が試せるようになっています。なお、パスキーはAppleが今年6月に開催した開発者向けイベント「WWDC 2022」において発表した認証方法で、AppleではiOS 16で導入されているほか、iPadOS 16やmacOS 13 Venturaでも対応予定となっています。

その他、GoogleではAndroid 12以降を搭載した「Pixel 4」以降の「Pixel」ブランドのスマートフォン(スマホ)において「Google Fi」の携帯電話ネットワークを利用した場合のすべてのモバイルデータ通信が自動的に暗号化されて非公開になることを発表しています。

続きを読む

エイスースが未発表のゲーミングスマホ「ROG Phone 6D」を投入へ!ASUS_AI2203_AとASUS_AI2203_Bが認証通過。上位版も用意か


未発表のゲーミングスマホ「ASUS ROG Phone 6D」が各種認証通過!写真はROG Phone 6

IEC(国際電気標準会議)が電気機器安全規格適合試験制度による認証情報を公開しているIECEEにおいてASUSTeK Computer(以下、ASUS)製の未発表製品「ASUS_AI2203」が2022年7月21日付でTÜV SÜD PSBによってCB証明書を取得したことが公開されています。

認証番号「SG PSB-OF-06704M1」および「SG PSB-IV-06339M1」で、どちらもすでに発売されている最新ゲーミングスマートフォン(スマホ)「ROG Phone 6(型番:AI2201_A)」および「ROG Phone 6 Pro(型番:AI2201_B)」を示す「ASUS_AI2201」とともに取得しており、ASUSが展開するゲーミングブランド「ROG」(REPUBLIC OF GAMERS)の製品であるとされています。

また中国の国家認証認可監督管理委員会(CNCA)の委託を受けて認証や審査登録を実施する機関である中国質量認証中心(China Quality Certification Centre:CQC)では2022年8月19日付で5GスマホとしてASUS製「ASUS_AI2203_A」(認証番号:2022011606491601)と「ASUS_AI2203_B」(認証番号:2022011606491602)が中国強制製品認証(China Compulsory Certification:CCC)を通過していることが公開されています。

一方、ASUSの中国向け公式WebサイトにはこれらのASUS_AI2203_AとASUS_AI2203_Bが「ROG Phone 6D」とともに記載されており、ROG Phone 6シリーズの派生モデルとなると見られます。昨年も「ROG Phone 5」シリーズには派生モデル「ROG Phone 5s」がありましたが、今年もROG Phone 6とは何らかの違いがある派生モデルが登場することになりそうです。

なお、同じページにはASUS_AI2201_AとASUS_AI2201_BがともにROG Phone 6となっているものの、AI2202となる「Zenfone 9」はAI2202_AおよびAI2202_B、AI2202_CともにZenfone 9であるため、AI2203がROG Phone 6Dのみなのか、ROG Phone 6 Proのように上位機「ROG Phone 6D Pro」が用意されているかは不明ですが、これまでの流れからはROG Phone 6D Proがありそうです。

続きを読む

エイスースの最新フラッグシップスマホ「Zenfone 9」が日本でも発売へ!ASUS_AI2202が技適通過。前機種に続くFeliCa対応に期待


最新フラッグシップスマホ「ASUS Zenfone 9」が日本で発売へ!

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにASUSTeK Computer(以下、ASUS)が「ASUS_AI2202」(認証番号:003-220186)の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2022年7月22日付けでディーエスピーリサーチによって取得しています。

ASUS_AI2202はすでにグローバル向けに発表されている最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Zenfone 9(型番:AI2202)」であることが判明しており、これまでの「Zenfone」シリーズのフラッグシップモデルと同様に日本でも発売されることになりそうです。また前機種「Zenfone 8(型番:ZS590KS)」は同社初のおサイフケータイ(FeliCa)に対応していたため、Zenfone 9も同様にFeliCaに対応することが期待されます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。