S-MAX

5G

NTTドコモ、最新フラッグシップスマホ「Xperia 1 IV SO-51C」に5G SAへ対応するソフトウェア更新を提供開始!最大下り4.9Gbps・上り1.1Gbpsに


docomoスマホ「Xperia 1 IV SO-51C」が5G SAに対応!

NTTドコモは12日、同社が「2022年夏モデル」として今年6月に発売した5G対応の最新プレミアムスマートフォン(スマホ)「Xperia 1 VI SO-51C」(ソニー製)に対して第5世代移動体通信システム(5G)のスタンドアローン(SA)方式を用いた「5G SA」に対応するためのソフトウェア更新を2022年9月12日(月)に提供開始したとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)や携帯電話回線(5G・4G)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法が用意されており、更新ファイルサイズは明らかにされていませんが、サイズが大きいと思われるため、Wi-Fiでのダウンロードが推奨されています。

また更新にかかる時間は約12分で、更新後のビルド番号は「64.0.C.11.8 release-keys」。主な更新内容は以下の通りで、携帯電話回線における最大通信速度が発売時は下り4.2Gbpsおよび上り480Mbpsでしたが、更新後は下り4.9Gbpsおよび上り1.1Gbpsになるとのこと。

○主なアップデート内容
・5G SAに対応します。

※今回のアップデートにより、受信時最大4.9Gbps、送信時最大1.1Gbpsの通信が可能になります。
※送信時最大1.1Gbpsは5G SAの通信速度です。 ※5G SAサービスのご利用には別途お申込みが必要です。
※5G SAの詳細は「5G SA(Stand Alone)」のページをご確認ください。

○改善される事象
・より快適にご利用いただけるよう品質を改善いたします。
・セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2022年8月になります。)


続きを読む

楽天モバイル、5G NSA方式による海外ローミングサービスを提供開始!まずは香港・Hutchisonが対応し、今後順次対象国・地域を拡大予定


楽天モバイルが5G NSA 海外ローミングサービスを8月より提供開始!

楽天モバイルは9日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス「Rakuten UN-LIMIT VII」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )においてノンスタンドアローン(NSA)方式による5G(第5世代移動通信システム)の海外ローミングサービスにおいてに2022年8月10日(水)から提供開始したと発表しています。

5G NSAによる海外ローミングサービスに対応する国・地域および通信事業者はまずは香港のHutchisonのみとなっており、今後、対象国・地域を拡大していくということです。なお、Hutchisonを含めたパートナー(海外)回線エリアでは5Gだけでなく3Gや4Gを含めて月2GBまでは無料でデータ通信が行えます。

続きを読む

NTTドコモ、最新フラッグシップスマホ「Galaxy S22 SC-51C」と「Galaxy S22 Ultra SC-52C」に5G SAへ対応するためのソフトウェア更新を提供開始


docomoスマホ「Galaxy S22 SC-51C」と「Galaxy S22 Ultra SC-52C」が5G SAに対応!

NTTドコモは30日、同社が「2022年夏モデル」として今年4月に発売した5G対応の最新プレミアムスマートフォン(スマホ)「Galaxy S22 SC-51C」および「Galaxy S22 Ultra SC-52C」(サムスン電子製)に対して第5世代移動体通信システム(5G)のスタンドアローン(SA)方式を用いた「5G SA」に対応するためのソフトウェア更新を2022年8月30日(火)に提供開始したとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)によるネットワーク経由(OTA)のほか、スマホをUSBケーブルでパソコン(PC)に接続して実施する方法が用意されており、更新ファイルサイズは明らかにされていませんが、手元にあるGalaxy S22 SC-51Cでは約710.49MBとなっています。

また更新にかかる時間は各機種ともに本体のみでは同じで約15分、PCを用いる方法ではGalaxy S22 SC-51Cが約91分、Galaxy S22 Ultra SC-52Cが約88分。更新後のビルド番号はGalaxy S22 SC-51Cが「SP1A.210812.016.SC51COMU1AVH7」、Galaxy S22 Ultra SC-52Cが「SP1A.210812.016.SC52COMU1AVH7」。主な更新内容は以下の通りですが、合わせて4G用周波数帯を転用して利用する5G NSAのn78(3.5GHz)にも対応しています。

・端末安定性の改善およびバグのフィックス
・新機能または改善型機能の追加
・パフォーマンスの向上
・5G SAに対応

※今回のアップデートにより、受信時最大4.9Gbps、送信時最大1Gbpsの通信が可能になります。送信時最大1Gbpsは5G SAの通信速度です。5G SAサービスのご利用には別途申込みが必要です。5G SAの詳細は「5G SA(Stand Alone)」のページをご確認ください。


続きを読む

NTTドコモが個人向け「5G SA」を8月24日に提供開始!月額オプション料550円ながら当面は無料。スマホにも対応し、ミリ波でも利用可能に


docomoが5G SAを本格提供開始!法人に続いて個人でも利用可能に

NTTドコモは23日、同社が提供する携帯電話サービスの5G対応料金プラン(ahamo含む)の契約者向けオプションサービスとして第5世代移動体通信システム(5G)のスタンドアローン(SA)方式を用いた「5G SA」を2022年8月24日(水)から提供開始すると発表しています。

また5G SAで利用できる対応周波数帯としてこれまでの3.7GHz帯(n78)や4.5GHz帯(n79)といったSub-6に加えて、新たに28GHz帯(n257)のミリ波(mmWave)が追加され、最大通信速度は下り(受信時)が4.9Gbps、上り(送信時)が1.1Gbpsに高速化され、送受信時の最大値はともに1Gbps超えとなります。

オプション料は月額550円(金額はすべて税込)ですが、無料キャンペーン(終了時期未定)が実施され、当面は5G SAオプションは無料となります。対応機種はサービス開始時点では「AQUOS R7 SH-52C」および「Galaxy S22 SC-51C」、「Galaxy S22 Ultra SC-52C」、「Xperia 1 IV SO-51C」の4機種で、AQUOS R7 SH-52C以外は5G SAに対応したソフトウェア更新を適用することで利用できるようになります。

提供エリアは札幌駅および仙台駅、東京駅、名古屋駅、金沢駅、大阪駅、広島駅、高松駅、博多駅といった主要ターミナル駅周辺に加え、イベント会場や商業施設などの人が集まるエリアから提供されます。さらに5G SAのエリアは2023年3月末までに全国47都道府県への展開をめざすとのこと。なお、5G SAを利用するには5G SA対応SIMが必要となります。

続きを読む

UQコミュニケーションズ、WiMAX 2+用の2.5GHz帯を5Gへの転用を12月以降順次に延期!切替後はWiMAX 2+が下り最大220Mbpsに


UQ WiMAX 2+の2.5GHz帯の5G(n41)への転用が12月以降順次に延期!

KDDI傘下のUQコミュニケーションズ(以下、UQ)は19日、同社が提供している高速データ通信サービス「WiMAX 2+」に利用している2.5GHz帯(50Hz幅)において今年9月1日以降順次提供開始すると案内していた5Gサービスを2022年12月以降順次に延期するとお知らせしています。

同社では周波数帯の有効活用によってより一層快適な高速データ通信サービスを提供するために周波数の一部を5Gサービスに切り替えるとし、切り替え後は東名阪の主要都市部の一部地域から従来のWiMAX 2+による4G(LTE方式)通信時の最大速度が440Mbpsから220Mbpsに順次変更となります。

そのため、現在、WiMAX 2+対応ルーターを利用している場合には4Gによる安定した通信とますます拡大する5Gサービスを利用可能な「WiMAX +5G」対応ルーターへ契約移行手数料無料で移行できるようになっています。なお、2.5GHz帯による5Gを利用するにはn41に対応した機種が必要です。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。