S-MAX

5G

NTTドコモの「2022年夏モデル」が出揃う!スマホ8機種+ケータイ1機種、5G SAやeSIMにも対応。価格や対応バンドなどをまとめ


docomo 2022 Summer collectionはスマホ8機種+ケータイ1機種の合計9機種!

NTTドコモは11日、今夏に発売する「2022年夏モデル」が出揃ったと発表し、スマートフォン(スマホ)は「Galaxy S22 SC-51C」および「Galaxy S22 Ultra SC-52C」、「Xperia 1 IV SO-51C」、「AQUOS R7 SH-52C」、「Galaxy A53 5G SC-53C」、「Xperia 10 IV SO-52C」、「Xperia Ace III SO-53C」、「AQUOS wish2 SH-51C」の8機種、フィーチャーフォンは「arrows ケータイ ベーシック F-41C」の合計9機種がラインアップされています。

同社の2022年夏モデルはXperia 1 IV SO-51CとAQUOS R7 SH-52CがAndroidでは初のeSIMに対応しているほか、Galaxy S22 SC-51CおよびGalaxy S22 Ultra SC-52C、Xperia 1 IV SO-51C、AQUOS R7 SH-52Cのハイエンドモデル4機種はすべてミリ波(mmWave)と5G SAに対応しており、下り最大4.9Gbpsに対応しています(一部機種はソフトウェア更新が必要)。また全9機種がオンライン専用プラン「ahamo」に対応しているとのこと。

すでにGalaxy S22 SC-51CとGalaxy S22 Ultra SC-52Cは4月21日、arrows ケータイ ベーシック F-41Cは5月13日に発売されており、Galaxy A53 5G SC-53Cは5月下旬以降、Xperia 1 IV SO-51Cは6月上旬以降、AQUOS wish2 SH-51Cは6月下旬以降、Xperia Ace III SO-53Cは6月中旬以降、Xperia 10 IV SO-52Cは7月上旬以降、AQUOS R7 SH-52Cは7月下旬以降に発売予定です。

また発売に先立ってまだ発売されていない製品は各機種ともにすでに事前予約受付が実施されており、販路はドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストアドコモオンラインショップ」などとなっています。ドコモオンラインショップなどの直営店での価格もAQUOS R7 SH-52CやGalaxy A53 5G SC-53C、AQUOS wish2 SH-51C以外は案内されています。

またAQUOS wish2 SH-51Cとarrows ケータイ ベーシック F-41以外は残価設定方式の販売施策「いつでもカエドキプログラム」の対象となっており、対象機種はドコモオンラインショップでも単体(機種のみ)で購入が可能となります。一方、現時点では割引は「5G WELCOME割」でGalaxy S22 SC-51Cの新規契約および機種変更、契約変更、他社から乗り換え(MNP)で5,500円OFFのみとなっています。

なお、AQUOS R7 SH-52CのシルバーとXperia 10 IV SO-52Cのラベンダーはドコモオンラインショップ限定カラーとなっており、NTTドコモおよびシャープ、ソニーが共同で購入した機種代金の1%相当を新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応や命を救うさまざまな活動を行う日本赤十字社の活動資金として寄付するということです。

続きを読む

UQコミュニケーションズ、WiMAX 2+用の2.5GHz帯を5Gへ9月以降順次転用!切替後にWiMAX 2+は下り最大220Mbpsへ


UQ WiMAX 2+の2.5GHz帯が9月以降順次5G(n41)へ転用!

KDDI傘下のUQコミュニケーションズ(以下、UQ)は28日、同社が提供している高速データ通信サービス「WiMAX 2+」に利用している2.5GHz帯(50Hz幅)において5Gサービスを東名阪の主要都市部の一部地域から2022年9月1日以降順次提供開始すると発表しています。

同社では周波数帯の有効活用によってより一層快適な高速データ通信サービスを提供するために周波数の一部を5Gサービスに切り替えるとし、切り替え後は東名阪の主要都市部の一部地域から従来のWiMAX 2+による4G(LTE方式)通信時の最大速度が440Mbpsから220Mbpsに順次変更となります。

そのため、現在、WiMAX 2+対応ルーターを利用している場合には4Gによる安定した通信とますます拡大する5Gサービスを利用可能な「WiMAX +5G」対応ルーターへ契約移行手数料無料で移行できるようになっています。なお、2.5GHz帯による5Gを利用するにはn41に対応した機種が必要です。

続きを読む

第31回Japan IT Week 春:エーエムテレコムとキャセイ・トライテックが5G通信用モジュールやデータ接続端末を展示【レポート】


パソコンに直接搭載する5G通信モジュールやローカル5G対応の据え置き端末などが展示されていたので紹介!

東京・お台場にある東京ビッグサイトにて2022年4月6日(水)から8日(金)までの3日間に渡って法人・商談向けの12もの展示会が同時に行われる国内最大のIT関連の複合イベント「第31回Japan IT Week 春」(主催:RX Japan)が開催されました。

前回の記事から本イベントの開催中に筆者が見つけたモバイル・ガジェット関連の展示を紹介レポートをお送りしていますが、今回は「第11回 IoT/5Gソリューション展 春」のエリアに出展していたエーエムテレコムとキャセイ・トライテックにて5Gに対応したモジュールやデータ通信用端末などが展示されていましたので、それぞれ紹介したいと思います。

続きを読む

ソフトバンクが2022年3月末時点で5G人口カバー率が90%超を達成!さらなる5G強化のためにソーシャルローンで約350億円を調達


ソフトバンクが5G人口カバー率が90%を達成!ネットワーク強化のための資金調達も実施

ソフトバンクは7日、政府が掲げる「デジタル田園都市国家構想」の実現に向けて同社が提供している携帯電話サービスにおいて「5G(第5世代移動通信システム)」の基地局整備を加速して進めており、5Gの人口カバー率が2022年3月末時点で90%を突破したとお知らせしています。

同社ではこれまで2022年春頃に5Gの人口カバー率90%を目標としていましたが、無事に達成したことになります。なお、今後さらに増加するトラフィックに対応し、ストレスフリーなネットワークの実現に向けて5Gのさらなる高度化とエリア拡大を推進し、世界最高レベルの5Gのネットワークの構築をめざしていくとしています。

また同社は7日、5Gのネットワークをさらに強化してさまざまな社会課題の解決に貢献することを目的に5Gの基地局整備に関わる設備投資に資金使途が限定されたソーシャルローン(シンジケートローン形式)によって最大350億5,948万7,624円を調達することを決定したと発表しています。

続きを読む

ダイナミック周波数共用を活用した5G向け2.3GHz帯の新規割当にKDDI・沖縄セルラー電話のみが申請!審査後に4〜5月頃に認定へ


KDDI・沖縄セルラー電話がダイナミック周波数共用を活用した5G向け2.3GHz帯の新規割当に申請!

総務省は4日、2.3GHz帯の40MHz幅(2330MHz~2370MHz)におけるダイナミック周波数共用を活用した5Gの普及のための周波数割当に関する開設計画の認定申請受付を2022年年2月28日(月)から3月31日(木)まで行ったところ、1者からの申請があったとお知らせしています。

申請をしたのはKDDIおよび沖縄セルラー電話で、地域ごとに連携する者として申請しているため、これらの申請については1者の申請とみなし、今後は総務省において受け付けた申請の審査を行った後、開設計画の認定に当たっては電波監理審議会に諮問を行う予定だとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。