S-MAX

5G

楽天モバイル、楽天回線エリアにおける関東地方の5G(Sub6)を2024年内に最大1.6倍まで拡大に!共用帯域における衛星通信との干渉調整条件の緩和により


楽天モバイルが関東地方の5G(Sub6)を2024年内に最大1.6倍まで拡大!

楽天モバイルは18日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )において通信品質向上の取り組みとして関東地方(栃木県および群馬県、茨城県、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、山梨県)における5G(Sub6)エリアの広さを2024年5月から年内を目途に2024年1月比で最大1.6倍まで順次拡大することをお知らせします。

同社では共用帯域における衛星通信との干渉調整条件の緩和によって関東地方における既存の5G基地局の電波出力を上げることが可能となったことに伴い、今回の取り組みを通してSub6(3.7GHz帯)の5Gエリアを順次拡充して高品質な通信サービスを提供していくとのこと。

また楽天モバイルではすでに2023年に東海地方(岐阜県および静岡県、愛知県、三重県)や近畿地方(滋賀県および京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県)でも同様の対策を推進し、これらの地域では2023年8月比で2023年12月までに東海地方では約1.7倍、近畿地方では約1.1倍の5Gエリア拡大を行うなど、Sub6における5Gエリア拡大に取り組んでいるとしています。

なお、同社では2020年9月に5Gサービスの提供を開始し、2023年12月末時点で全47都道府県に合計1万1592局の5G屋外基地局(Sub6マクロ基地局のみ)を展開しており、グローバル分析会社のOpensignalが2023年10月に発表した「モバイル・ネットワーク・ユーザー体感レポート」では日本市場の「モバイル・ネットワーク・ユーザー体感レポート」における「5Gアップロード・スピード」で単独受賞、「5Gダウンロード・スピード」では他社と共同受賞するなどと通信速度においても高い評価を獲得しています。

続きを読む

NTTドコモ、一部の5G SA契約者が携帯電話サービス(音声通話・データ通信)を4月3日1時6分より利用できない・しづらい状況!復旧済み


NTTドコモの携帯電話サービスを一部の人が通信障害で利用できない・しづらい状況に!

NTTドコモは3日、同社の携帯電話サービス(音声通話・データ通信)を利用者によっては利用できないまたは利用しづらい状況が2024年4月3日(水)に発生しているとお知らせしています。影響エリアは全国で、当初は発生時刻は確認中とし、対象サービスは同社の回線を用いた仮想移動体通信事業者(MVNO)を含め、緊急通報も利用者によっては利用できないまたは利用しづらい状況となっていると案内していました。

その後、発生時刻は同日1時6分頃とし、障害内容を再度確認して対象サービスも「5G(第5世代移動通信システム)」のスタンドアローン方式(以下、5G SA)における一部の利用者が音声通話およびデータ通信を利用できないまたは利用しづらい状況となっているとのことで、5Gのノンスタンドアローン方式(以下、5G NSA)や4G、3Gについては影響がないほか、緊急通報にも影響がなく、MVNOについても影響がないと修正しました。

さらに復旧へ向け作業中だとして利用者には大変迷惑をかけているとして謝罪していましたが、同日2時5分に復旧したことがアナウンスされ、原因は調査中となっているものの、対処・措置は完了しているため、現在でも利用しづらい場合は携帯電話の再起動か機内モードON/OFFを試すように案内しています。

続きを読む

NTTドコモが携帯電話サービスの通信品質対策に関する記者説明会を開催!12月までの集中対策は計画通りに完了で品質が大きく改善。今後も設備増設を継続


NTTドコモの携帯電話サービス

NTTドコモは2日、都内にて「通信サービス品質の取り組みに関する記者説明会」を開催し、同社が提供する携帯電話ネットワークにおいてスマートフォン(スマホ)の普及やSNS・動画視聴などの利用に伴うデータトラヒックの増大によって通信が利用しづらいなどの状況が発生している問題に対して昨年10月に案内した施策の進捗状況や品質状況の報告し、計画通り集中対策は完了して通信サービス品質が大きく改善したと説明しました。またさらなる強化を図ったほか、今後も通信品質への取り組みを継続していくということです。

具体的には10月時点では全国2000カ所以上をモニタリングして状況を確認するとしていましたが、12月時点でその計画を若干超える程度の進捗となっており、改善箇所の下りスループット状況(最繁時)が昨年5月から昨年12月時点で1.7倍となったほか、鉄道導線においても乗車時間の90%は動画視聴における体感として不便なく利用可能となり、さらにSNSでの分析でもX(旧:Twitter)におけるネガティブな投稿は昨年3月と比べて昨年12月時点で約75%減少しているとのこと。

その他にも昨年末に実施された「コミックマーケット103(以下、コミケ103)」などのイベント対策や今年1月に発生した「令和6年能登半島地震(以下、能登半島地震)」の復旧状況も説明され、コミケ103では5G移動基地局車の出動や5Gおよび4Gの臨時基地局も設置、さらに会場へのルートの一部でアンテナを強ビームタイプへ変更したことで昨夏よりもスループットが1.5倍改善し、SNSでの分析でも同様にXにおけるネガティブな投稿が約80%減ったとしています。

ただし、スループット改善が想定よりも低かったこともあり、会場内出使えないところも確認し、次回の今夏の「コミックマーケット104(以下、コミケ104)」や花火大会などではさらなる対策を強化していきたいとのことでした。一方、能登半島地震については北陸電力が一部除いて応急復旧と発表しており、それまで発動発電機で基地局を動かしているところがありましたが、発電機を外しても運用できる局が増えているとし、ここ4~5日でも十数台で外したほか、20局弱ぐらいは商用電力に切り替えて電力が回復していると報告しています。

続きを読む

NTTドコモが通信品質改善の取り組みを案内!300億円の先行投資で全国2千カ所以上の対策を実施。鉄道動線は集中対策


NTTドコモが携帯電話ネットワークの通信品質改善の取り組みを継続中!具体策を発表

NTTドコモは10日、都内にて「ドコモのネットワークの取り組みに関する記者説明会」を開催し、同社が提供する携帯電話ネットワークについてスマートフォン(スマホ)の普及やSNS・動画視聴などの利用に伴うデータトラヒックの増大によって通信が利用しづらいなどの状況が発生して利用者に不便をかけしているエリアに対して通信品質改善の取り組みを継続中であるとお知らせしています。

具体的には今後、データトラヒックの増加に伴って近い将来対策が必要となるエリアを含めて全国2000カ所以上のエリアに対して「点」での対策を行うほか、鉄道などで利用者が移動する際に車内や駅エリアで不便なく使えるようにするなどの「線」での対策を組み合わせた広範囲の集中対策を勧めているということです。

本集中対策に対しては将来需要も見据えて300億円の先行投資を行い、早期に完了する予定だとのこと。同社では引き続いてなお、オンライン専用プラン「ahamo」やNTTドコモ回線を用いた仮想移動体通信事業者(MVNO)を含む同社の携帯電話ネットワークの利用者が 安心して使えるように取り組んでいくとしています。

続きを読む

ソニーとKDDI、Xperiaスマホから商用5G SAの混雑下でもネットワークスライスによってリモートでゲームストリーミングの安定通信に成功


ソニーとKDDIが5G SAを用いたゲームストリーミングの実証実験を実施!

ソニーおよびKDDIは20日、携帯電話サービス「au」で提供している「SA(スタンドアローン)」方式による「5G(第5世代移動通信システム)」(以下、5G SA)の商用ネットワークにおいてイベント会場など混雑した環境下でもゲームストリーミングに必要な通信品質を確保する実証実験を2023年9月13日(水)に成功したと発表しています。

この実証実験ではソニーが設定したゲーム体験の快適さと通信品質の相関性をはかるゲームストリーミングの指標「ゲーム体感レベル」においてゲームプレーヤーがストレスなく快適にゲームを楽しめる通信品質を提供するため、ゲームストリーミング用にカスタマイズしたネットワークスライスにソニーのスマートフォン(スマホ)「Xperia」を接続して行われました。

これにより、公衆の5G SAのネットワークにおいて混雑時も動画視聴やSNSなどの一般の5G利用に影響なくゲームストリーミングに必要な品質を確保して安定したゲームプレイができることを確認できたとのこと。両社は今後もゲームストリーミング用の5G SAネットワークの技術検証を推進してエンターテインメント領域における新しい価値提供をめざすということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。