S-MAX

Androidタブレット

4G対応の10.5インチAndroidタブレット「Blackview Tab15」を紹介!必要十分な基本性能に大容量RAMが嬉しいエントリーモデル【レビュー】


実用性十分なAndroidタブレットはいかが!?動画視聴やカジュアルゲームも結構いける「Blackview Tab15」

Blackview Japanは11日、同社が展開している「Blackview」ブランドの新商品として携帯電話ネットワークに対応した約10.51インチIPS液晶ディスプレイ搭載Androidタブレット「Blackview Tab15」(Doke Electronics製)を日本のオープン市場にて2022年11月11日(金)より販売開始しています。価格(金額はすべて税込)は大手Webストア「Amazon.co.jp」( https://www.amazon.co.jp/dp/B0BJQ2DS1F )では35,900円です。

Blackview Tab15は中国・深圳を拠点とするスマートフォン(スマホ)やタブレットなどのモバイル製品を開発・販売しているメーカーであるDoke Electronicsの新製品で、チップセット(SoC)はエントリー向けのUNISOC製「T610」ながら内蔵メモリー(RAM)は8GBと大容量となっており、さらに内蔵ストレージを利用した仮想拡張メモリー機能で6GBを追加した合計14GBで利用できるなど、快適に動作するための工夫がなされています。

またフルHD(1080p)のコンテンツをしっかりと表示できる約10.51インチWUXGA(1920×1200ドット)IPS液晶やクアッドスピーカーを搭載し、動画コンテンツ対応においてはDRM(著作権保護機能)のセキュリティーレベル「Widevine L1」に対応しており(現時点ではNetflixを除く)、Disney+やAmazonプライムビデオなどの動画配信サービスを高画質で楽しむことができます。

今回、Blackview JapanよりBlackview Tab15のサンプル機を試させてもらえる機会に恵まれましたので、外観や基本機能、特徴などを写真や画像を交えて紹介していこうと思います。なお、現在はAmazon.co.jpで6,000円OFFクーポン(2022年11月23日まで)が提供されているほか、Blackview Japanより当ブログメディアの読者向けAmazon.co.jpにて6,000円OFFクーポンと併用できる1,000円OFFクーポン(2022年11月21日まで)を提供いただきましたので購入する場合にはご活用ください。クーポンは記事の最後に記載しています。

続きを読む

シャオミ、10.6インチ液晶搭載Androidタブレット「Redmi Pad」を日本で10月28日に発売!価格は3万9800円から。11月6日までは5千円OFF


新Androidタブレット「Redmi Pad」が日本で10月28日より発売!

Xiaomi(以下、シャオミ)は21日、同社が展開する「Redmi」ブランドにおいて初のタブレットでさまざまシーンでの使用を想定してTÜV Rheinlandの低ブルーライト認証と SGSの低視覚疲労認証を取得している世界初のタブレット「Redmi Pad」(Xiaomi Communications製)を日本市場にて2022年10月28日(金)に発売すると発表しています。

内蔵メモリー(RAM)と内蔵ストレージが異なる3GB+64GBモデルと4GB+128GBモデルが販売され、価格(金額はすべて税込)はオープンながら市場想定価格および公式Webストア「Mi.com」などでは3GB+64GBモデルが39,800円、4GB+128GBモデルが44,800円となっており、量販店などでは1%ポイント還元となっています。

また発売に先立ってすでに予約販売が開始されており、11月6日(日)までに購入すると「早期キャンペーン」によって各モデルともに5,000円が割り引かれるとのこと。なお、Redmi Padを購入した人を対象に動画配信サービス「YouTube Premium」の2カ月無料トライアル( https://event.mi.com/jp/youtubepremium )が提供されるということです。

販路はMi.comの他に3GB+64GBモデルがAmazon.co.jpと楽天市場、4GB+128GBモデルがECカレントやエクスプライス、NTTぷらら、ソフトバンクセレクション、ムラウチドットコム、楽天ブックス、ビックカメラ、エディオン、上新電機、ケーズデンキ、ノジマ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラといったECサイトおよび量販店となっています。

続きを読む

NTTドコモ、5G対応の10.1インチAndroidタブレット「dtab d-51C」を発表!防水・防塵や除菌シート拭き取りに対応



NTTドコモは6日、同社が今年9月以降に発売する「2022-2023冬春モデル」として新たに5G対応の10.1インチAndroidタブレット「dtab d-51C」(シャープ製)を発表しています。2022年11月中旬以降発売予定。ドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて販売され、発売に先立って2022年10月6日(木)10時より事前予約受付が開始されています。



続きを読む

NTTドコモ、5G対応の8.4インチAndroidタブレット「dtab Compact d-52C」を発表!5000mAhバッテリーや背面・前面に800万画素カメラなど



NTTドコモは6日、同社が今年9月以降に発売する「2022-2023冬春モデル」として新たに5G対応の8.4インチAndroidタブレット「dtab Compact d-52C」(Lenovo製)を発表しています。2023年2月以降発売予定。ドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて販売されます。



続きを読む

アイリスオーヤマ、15.6インチFHD液晶搭載Androidタブレット「LUCAタブレット TM152」を発表!9月15日発売で価格は8万7780円から


アイリスオーヤマから15.6インチ液晶搭載Androidタブレット「LUCAタブレット TM152」が登場!

アイリスオーヤマは31日、業界最大クラスとなる15.6インチ液晶ディスプレイを搭載したAndroidタブレット「LUCAタブレット TM152」を発表しています。販売されるのは内蔵メモリー(RAM)と内蔵ストレージの違いによって4GB+64GBモデル(型番:TM152M4N1)、8GB+128GBモデル(型番:TM152M8N1)がラインナップされています。

発売日は2022年9月15日(木)を予定し、全国の量販店やECサイトを中心に販売され、すでに一部店舗では予約受付を実施しており、価格(金額はすべて税込)はオープンながら参考価格として4GB+64GBモデルが87,780円、8GB+128GBモデルが121,980円と案内されています。

なお、同社は2018年に黒物家電事業に参入して以降、2019年に音声で操作できる「音声操作 4K対応液晶テレビ」、2020年に「AIオート機能4Kチューナー内蔵液晶テレビ」を発売し、ラインアップを拡充してきました。さらに2021年には大阪府・心斎橋および宮城県・角田I.T.P.に加えて東京都・蒲田に3拠点目となる東京R&Dセンターを設立して家電開発を強化しているとのこと。

そうした中でコロナ禍によるテレワークの普及を受けて、情報処理端末の中でも手軽に持ち運べるタブレット型機器への需要が高まっており、特に大画面製品は動画視聴や電子書籍での使用に適しているほか、Web会議やオンライン授業などで画面分割や資料共有でも快適に使用することができるので投入することになったとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。