S-MAX

AppleOne

Appleが音楽・テレビ・ゲームとiCloud保存容量をセットにした「Apple One」を提供開始!日本は個人とファミリーの2プラン。1ヶ月無料試用可能


サブスクリプションのバンドルサービス「Apple One」がスタート!

Appleは30日(現地時間)、今年9月に開催したオンライン発表会「Apple Events - September 2020」にて発表した4つサブスクリプションサービスを1つのシンプルなサブスクリプションでまとめて契約できる「Apple One」を日本を含む100以上の国・地域で提供開始しています。

すでに日本でも申し込みができるようになっており、日本では「個人」プランと「ファミリー」プランのみが提供され、Apple News‌+やFitness+が追加され、iCloudの保存容量が2TBとなる「プレミア」プランは提供されていません。

料金(金額はすべて税込)は個人プランが月額1,100円でiCloudの保存容量が50GB、最大5人で利用できるファミリープランが月額1,850円でiCloudの保存容量が200GBとなっており、Apple Music‌とApple TV‌+、‌Apple Arcadeが利用できます。

そのため、Apple Music‌(月額980円)やApple TV‌+(月額600円)、‌Apple Arcade(月額600円)を別々に契約するよりも個人プランは1,210円/月、ファミリープランでは1,230円/月がお得になります。なお、個人プランもファミリープランも1ヶ月無料で試せるようになっています。

続きを読む

新iPhoneは発表されず、やはり10月発表に!新サービスのApple OneやFitness+、Apple Watchの単体通信機能など。発表された内容をまとめて紹介


発表会「Apple Events - September 2020」をまとめ!新型iPhoneは10月に発表へ

Appleは15日(現地時間)、オンライン発表会「Apple Events - September 2020」を開催し、新しいタブレット「iPad Air(第4世代)」および「iPad(第8世代)」、スマートウォッチ「Apple Watch Series 6」および「Apple Watch SE」を発表しています。

日本を含む1次販売国・地域ではiPad(第8世代)およびApple Watch Series 6、Apple Watch SEが9月18日(金)に発売され、すでに同社の公式Webストア(公式Webサイト「Apple.com」および公式アプリ「Apple Store」)では予約受付を実施しています。またiPad Air(第4世代)は10月発売予定です。

一方でサービス面でも新たに各サービスをまとめて契約できる「Apple One」やサブスクリプションによる健康・運動管理サービス「Apple Fitness+」、そして「ファミリー共有設定」によって家族がスマートウォッチ「Apple Watch」のSeries 4以降(Wi-Fi+Cellularモデル)を単体で音声通話やデータ通信できるようになり、日本ではauが対応します。

また各製品向けの新プラットフォーム「iOS 14」および「iPadOS 14」、「tvOS 14」、「watchOS 7」の正式版が日本時間9月17日より提供開始されます。なお、毎年9月に発表されてきた同社のスマートフォン(スマホ)「iPhone」シリーズの新製品は発表されず、7月に行われた同社の決算説明会では例年よりも数週間遅れて発売になることが明らかにされているため、それに合わせて発表も遅れて10月以降になると見られます。本記事では発表された内容をまとめて紹介します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。