モバイル回線対応でサブ回線にピッタリなBlackviewのAndroidコンパクトタブレットをレビュー!

中国・深圳を拠点として「Blackview」ブランドや「OSCAL」ブランドのスマートフォン(スマホ)やタブレットなどを開発・販売しているメーカーのDoke Electronicsの日本法人であるBlackview Japanが約8.68インチAndroidタブレット「Blackview Tab60」を大手ECサイト「Amazon.co.jp」や「楽天市場」などで販売を開始しています。価格(金額はすべて税込)は参考としてAmazon.co.jpでは18,900円となっています。

Blackview Tab60は4G LTEまでの携帯電話ネットワークに対応したAndroidタブレットで、非常に安価ながら6GB内蔵メモリー(RAM)や128GB内蔵ストレージを搭載しているなど、コストパフォーマンスの高い製品となっています。

一方で性能抑えめなチップセット(SoC)を採用しているなど、機能面やスペック面における取捨選択がかなりハッキリとなされており、購入・利用の際にはその辺りをしっかりと把握しておく必要もあります。

今回、Blackview Japanよりサンプル機をお借りして実際に試させてもらうことができましたので、そんなBlackview Tab60の製品概要や特徴などを写真を交えてレビューしていこうと思います。

続きを読む