S-MAX

Leica

ライカとカメラ機能を共同開発した新フラッグシップスマホ「Xiaomi 12S」シリーズが発表!Ultraはソニー製1インチセンサー搭載


Leica Cameraと共同開発したフラッグシップスマホ「Xiaomi 12S」シリーズが登場!

Xiaomiは4日(現地時間)、オンラインにて「Xiaomi 12S Series New Product Launch Event」を開催し、新たにドイツの光学機器・カメラメーカーであるLeica Camera(以下、ライカ)とカメラ機能を共同開発した新フラッグシップスマホ「Xiaomi 12S」シリーズを発表しています。

Xiaomi 12Sシリーズはベースモデル「Xiaomi 12S」、上位モデル「Xiaomi 12S Pro」、最上位モデル「Xiaomi 12S Ultra」がラインナップされ、各モデルともにまずは中国にて公式販売拠点にて発売されるとのこと。なお、現時点において日本での展開については明らかにされていません。

本体色はXiaomi 12S UltraがClassic BlackおよびVerdant Greenの2色展開、Xiaomi 12S ProとXiaomi 12SがともにBlackおよびPurple、Green、Whiteの4色展開で、Xiaomi 12S ProにはDimensity EditionとしてBlackとBlueも販売されます。価格は中国ではXiaomi 12S Ultraの8GB+256GBが5,999中国元(約121,000円)、12GB+256GBが6,499中国元(約132,000円)、12GB+512GBが6,999中国元(約142,000円)。

Xiaomi 12S Proの8GB+128GBが4,699中国元(約95,000円)、8GB+256Gが4,999中国元(約101,000円)、12GB+256GBが5,399中国元(約109,000円)、12GB+512GBが5,899中国元(約119,000円)、Xiaomi 12 Pro Dimensity Editionの8GB+128Gが3,999中国元(約81,000円)、12GB+256GBが4,499中国元(約91,000円)。

Xiaomi 12Sの8GB+128GBが3,999中国元(約81,000円)、8GB+256GBが4,299中国元(約87,000円)、12GB+256GBが4,699中国元(約95,000円)、12GB+512GBが5,199中国元(約105,000円)。なお、発表会では他に「Xiaomi 12 Pro Dimensity Editio」や「Xiaomi Smart Band 7 Pro」、「Xiaomi Book Pro 16」、「Xiaomi Book Pro 14」、「Xiaomi Home WiFi」も発表されました。

続きを読む

XiaomiとLeica Cameraが長期的な戦略的提携を発表!モバイルイメージングの新時代となる新フラッグシップスマホが7月にも登場へ


シャオミとライカが提携!7月に新フラッグシップスマホを発表へ

Xiaomi(以下、シャオミ)は23日(現地時間)、ドイツの光学機器・カメラメーカーであるLeica Camera(以下、ライカ)とモバイルイメージング分野において長期的な戦略的提携を行うと発表しています。

これにより、シャオミとライカはモバイルイメージングに関して同じ考えを共有し、両社が共同開発した初のイメージングフラッグシップスマートフォン(スマホ)を今年7月に発表するとのこと。

また両社は今後も優れた技術革新と美的追求を通じて新しいモバイルイメージング時代の光学性能と写真体験を継続的に探求することを熱望していくとしています。

続きを読む

ソフトバンク、LEICAスマホ「LEITZ PHONE 1」にAndroid 12へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


SoftBank向けスマホ「LEITZ PHONE 1」がAndroid 12に!

ソフトバンクは5日、携帯電話サービス「SoftBank」向けに今年6月に発売したLeica(以下、ライカ)ブランド初のスマートフォン(スマホ)「LEITZ PHONE 1(型番:LP-01)」(シャープ製)に対して最新プラットフォーム「Android 12」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2022年4月5日(火)より提供開始したとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)および携帯電話ネットワーク(5G/4G)によるネットワーク経由(OTA)が用意されており、ソフトウェア更新にかかる通信料は無料となっているものの、更新ファイルサイズは大きいのでダウンロードにはWi-Fiの利用が推奨されています。

また更新は完了まで最大30分程度かかる場合があるとのこと。更新後のビルド番号は「S1002」で、ビルド番号は「設定」→「デバイス情報」→「ビルド番号」にて確認できます。主な更新内容は以下の通りですが、詳細はシャープの公式Webページ『Android 12対応 OSアップデート|OSバージョンアップ情報|サポート|AQUOS:シャープ』および『OSアップデート(ver.12) – よくあるご質問』をご覧ください。

・Android 12へのOSバージョンアップ
・まれに通話履歴が更新されなくなる場合がある事象の改善
・セキュリティの向上

※ 最新バージョンの詳細については<<メーカーサイト>>にてご確認ください。


続きを読む

ライカの絵を撮れる超広角&1インチカメラ搭載の5Gスマホ「LEITZ PHONE 1」を試す!ソフトバンク独占だが単体購入も可能【レビュー】


ライカ初のスマホ「LEITZ PHONE 1」をレビュー!1インチセンサーカメラ搭載の実力は!?

各社が高画質カメラ搭載スマートフォン(スマホ)を追求するなか、大型1インチ前後というコンパクトデジカメ相当の大型センサーを登場したモデルも登場しつつある。中でも注目なのが、今年7月に発売された老舗カメラメーカー「Leica(以下、ライカ)」初の「LEITZ PHONE 1」(シャープ製)だ。

最大の特徴は超広角な焦点距離16mm(35mm換算)と1インチサイズの約2020万画素CMOSカメラを搭載している点だろう。製品としてはシャープとの共同開発で、ライカ監修のカメラを搭載したハイエンドモデル「AQUOS R6」をベースにライカならではのデザインや機能を加えたモデルとなっている。

しかも同機はソフトバンク独占モデルとして携帯電話サービス「SoftBank」からのみ販売されており、日本でしか購入できないものの、世界中から注目を受けている。価格(金額はすべて税込)は公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などの直営店では187,920円となっている。

また48回払いで購入した場合に条件を満たすと最大24回分の残債が免除される「トクするサポート+」の対象で、特典を利用した場合の実質負担額は3,915円/月×24回(総額93,960円)からとなり、店舗では単体購入も可能で、購入時点からSIMロックがかかっていないSIMフリー製品である。

本記事ではそんな今年注目の高画質カメラ搭載スマホであるLEITZ PHONE 1を実際にじっくりと試したのでその特徴を紹介していく。ちなみにソニーから12月に発売される「Xperia PRO-I」のメインカメラは焦点距離24mmと1インチサイズの約1200万画素CMOSなので、カメラ的の視点で見ればまったく別のカテゴリーとなる。予算に余裕のある人は2台買って揃えても面白いだろう。

続きを読む

カメラ機能だけじゃもったいない!?シャープのフラグシップスマホ六代目「AQUOS R6」を実際に使って気が付いた点を紹介【レビュー】


気になるポイントだらけの新フラグシップスマホ「AQUOS R6」を使って気が付いたアレコレをチェック!

シャープのフラグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R」シリーズの新製品として「AQUOS R6」がNTTドコモから「AQUOS R6 SH-51B」が、ソフトバンクから「AQUOS R6(型番:A101SH)」が6月26日に発売されました。

AQUOS R6はカメラ用の1インチのセンサーという高価格帯のコンパクトデジタルカメラ級の大型センサーを搭載し、メインとなるリアカメラのレンズにカメラメーカー「Leica(ライカ)」と協業で開発した7重構成のズミクロンレンズを搭載した「カメラ機能に大きく特徴を振ったスマートフォン」となっています。

そしてカメラ機能全体としてもLeicaが画質を監修しており、スマホカメラとしてはかなり特徴的なものとなっています。一方で、AQUOS R6はスマホとしてのスペックも文句なしのハイエンドモデルとなっており、カメラ以外の部分でも非常に快適な動作が可能となっています。

筆者も発売早々に購入し、前回は開封レポートをお送りしましたが、本記事では本機を実際に1ヶ月以上に渡って使ってきて気が付いた点(良かった点も気になった点も合わせて)を紹介していこうと思います。なお、今回のレビューは筆者が自腹で購入したNTTドコモのAQUOS R SH-51Bを使用してのものとなります。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。