S-MAX

Motorola

Motorola、5Gに対応した新ミッドレンジスマホ「moto g100」と「moto g50」を発表!Snapdragon 870とSnapdragon 480を搭載


新ミッドレンジスマホ「moto g100」と「moto g50」が登場!

Lenovo傘下のMotorola Mobility(以下、Motorola)は25日(現地時間)、同社のミッドレンジスマートフォン(スマホ)「moto g」シリーズの新製品として「moto g100」および「moto g50」、「moto g30」、「moto g10」を発表しています。

moto g100は同日より欧州や中南米の一部の国・地域で発売され、moto g50は欧州の一部で今後数週間のうちに販売開始されるとのこと。またmoto g30は欧州やインド、アジア、中東、南アメリカ、moto g10も欧州はインド、アジア、南アメリカでそれぞれすでに販売されており、両機種は今後数週間でオーストラリアでも販売される予定だということです。

価格は欧州ではmoto g100が499.99ユーロ(約65,000円)から、moto g50が229.99ユーロ(約30,000円)から、moto g30が179.99ユーロ(約23,000円)から、moto g10が149.99ユーロ(約20,000円)から。なお、すでにmoto g30およびmoto g10は日本でも3月26日より販売されており、価格はmoto g30が25,800円、moto g10が21,800円(ともに税込)となっています。

続きを読む

実売2万円以下の低価格なモトローラのSIMフリースマホ「moto g10」を写真や動画で紹介!外観や同梱品、基本機能をチェック【レビュー】


SIMフリースマホ「moto g10」をファーストインプレッション!

既報通り、モトローラ・モビリティ・ジャパン(以下、モトローラ)がSIMフリースマートフォン(スマホ)「moto g10(型番:XT2127-2)」および「moto g30(型番:XT2129-2)」(ともにMotorola Mobility製)を3月26日に発売しています。

価格(金額はすべて税込)はオープンながら市場想定価格および公式Webショップ「Moto ストア」ではmoto g10が21,800円、moto g30(イヤバッズセット)が27,800円で、Amazon.co.jpやヨドバシ.comなどではポイント還元を含めた実質負担額はmoto g10が19,620円、moto g30が23,220円となっています。

なお、販路はMoto ストア以外に量販店やECサイトのほか、NifMoなどの仮想移動体通信事業者(MVNO)が取り扱っています。今回はそんな2機種のうちの上位機となるmoto g10について外観や同梱品、基本機能を写真や動画を交えて紹介したいと思います。

続きを読む

ちょい上を取り入れた低価格なモトローラのSIMフリースマホ「moto g30」を写真や動画で紹介!外観や同梱品、基本機能をチェック【レビュー】


SIMフリースマホ「moto g30」をファーストインプレッション!

既報通り、モトローラ・モビリティ・ジャパン(以下、モトローラ)がSIMフリースマートフォン(スマホ)「moto g10(型番:XT2127-2)」および「moto g30(型番:XT2129-2)」(ともにMotorola Mobility製)を3月26日に発売しています。

価格(金額はすべて税込)はオープンながら市場想定価格および公式Webショップ「Moto ストア」ではmoto g10が21,800円、moto g30(イヤバッズセット)が27,800円で、Amazon.co.jpやヨドバシ.comなどではポイント還元を含めた実質負担額はmoto g10が19,620円、moto g30が23,220円となっています。

なお、販路はMoto ストア以外に量販店やECサイトのほか、NifMoなどの仮想移動体通信事業者(MVNO)が取り扱っています。今回はそんな2機種のうちの上位機となるmoto g30について外観や同梱品、基本機能を写真や動画を交えて紹介したいと思います。

続きを読む

フォルダブルスマホ「motorola razr 5G」のSIMフリー版でNTTドコモやau、SoftBank、楽天モバイルのnanoSIM・eSIMを試してみた【レビュー】


フォルダブルスマホ「motorola razr 5G」のSIMフリー版で各社のSIMが使えるかチェック!

既報通り、モトローラ・モビリティ・ジャパン(以下、モトローラ)が5Gに対応したコンパクトに持ち運びが可能な縦折りフォルダブルスマートフォン(スマホ)「motorola razr 5G」(Motorola Mobility製)のSIMフリーモデル(型番:XT2071-4)を日本にて3月26日に発売しました。価格(金額はすべて税込)はオープンながら市場想定価格および公式Webショップ「Moto ストア」では179,799円。

販路はMoto ストア以外にも量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)が取り扱い、ヨドバシカメラやビックカメラ、ひかりTVショッピング、+Style、e-TREND、MVNOではIIJmio、QTmobileから順次発売されます。またmotorola razr 5Gは日本ではすでに紹介しているようにSoftBankからも3月26日に発売されています。

なお、SIMフリー版はnanoSIMカード(4FF)とeSIMに対応してデュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)で利用できるものの、SoftBank版はeSIMに非対応でnanoSIMカードのみのシングルSIMとなっています。その他、本体カラーはPolish Graphiteの1色のみで、別途、+Styleでは限定カラーのBlush Goldを4月中旬以降より日本で独占販売するとのこと。

モトローラよりmotorola razr 5GのSIMフリー版をお借りして前回はパッケージを開封して同梱品や外観を紹介しましたが、今回はNTTドコモやau、SoftBank、楽天モバイルのnanoSIMカードを試したほか、楽天モバイルのeSIMでDSDVも試してみたのでその模様を紹介します。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向けフォルダブルスマホ「razr 5G」を3月26日に発売!価格は19万8千円でMNPならweb割で2万1600円OFFに


縦折りフォルダブルスマホ「motorola razr 5G」のSoftBank版も3月26日発売!

ソフトバンクは22日、携帯電話サービス「SoftBank」向け5G対応のコンパクトに持ち運びが可能な縦折りフォルダブルスマートフォン(スマホ)「razr 5G(レーザー・ファイブジー)」(Motorola Mobility製)を2021年3月26日(金)に発売すると発表しています。

すでに発売に先立ってソフトバンクショップおよび量販店などのSoftBank取扱店や公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などにて事前予約受付を実施しており、価格(金額はすべて税込)はソフトバンクオンラインショップなどのソフトバンク直営店では本体価格が198,000円(分割4,125円/月×48回など)で、ソフトバンクオンラインストアやソフトバンク電話店ではキャンペーン「【オンライン限定】web割」によって他社から乗り換え(MNP)なら21,600円割引となります。

また48回払いで購入して24ヶ月目以降に返却などの条件を満たすと25回目以降の残債が免除される「トクするサポート+」の対象となっており、特典を利用すると実質負担額4,125円/月×24回(総額99,000円)。さらに発売日から6月30日(水)までにソフトバンクにてrazr 5Gを購入して応募した中から先着1000人に「BEAMS」がデザインした限定Tシャツをプレゼントするキャンペーンが実施されます。

なお、ソフトバンクでは国内の移動体通信事業者(MNO)としてを独占販売となりますが、モトローラ・モビリティ・ジャパンから同じ3月26日より順次SIMフリーモデルも発売され、違いはSoftBank版はeSIMに非対応で、購入時にSIMロックがかかっており、SIMロック解除に対応している程度となっています。またSIMフリー版は+Styleから日本国内では限定カラーとなるブラッシュゴールドも4月中旬に発売予定です。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。