S-MAX

Pixel6

Google ストアにて「学割」が登場!5Gスマホ「Pixel 6」や「Pixel 6 Pro」、「Pixel 5a (5G)」が10%OFFに。セールと併用はできず


Google ストアにて学割がスタート!Pixel 6・6 Pro・5a (5G)が10%OFFに

グーグル(以下、Google Japan)は28日、同社が運営する日本向けGoogle公式Webショップ「Google ストア」( https://store.google.com/ )にて学生を対象とした「学生割引(学割)」を開始したとお知らせしています。

現在は学生割引によって5G対応フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Pixel 6」や「Pixel 6 Pro」、5G対応ミッドレンジスマホ「Pixel 5a (5G)」がぞれぞれ10%OFFになるとのこと。

ただし、現在はすでに紹介しているように2022年5月16日(月)まで「ゴールデンウィーク セール」が実施されており、セールとの併用はできないのでご注意ください。Pixel 6やPixel 5a (5G)ではセールで購入したほうが割引率が高くお得となり、Pixel 6 Proなら学割の方が安くなります。

続きを読む

GoogleストアにてGWセールが5月16日まで開催中!Pixel 6 Proが10万8980円、Pixel 6が6万988円、Pixel 5a (5G)が4万1788円など


Google ストアにてゴールデンウィーク セールが4月22日から開催中!

グーグル(以下、Google Japan)は22日、同社が運営する日本向けGoogle公式Webショップ「Google ストア」( https://store.google.com/ )にて「ゴールデンウィーク(GW) セール」を2022年4月22日(金)から5月16日(月)まで開催するとお知らせしています。

GWセールでは昨年発売した5G対応フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Pixel 6 Pro」が7,620円OFFの108,980円から、「Pixel 6」が13,812円OFFの60,988円から、「Pixel 5a (5G)」が9,912円OFFの41,788円になるほか、さらに「Pixel 3」以降が15,000円〜25,000円で下取りできるようになっています。

また完全ワイヤレスイヤホン「Pixel Buds A-Series」が3,920円OFF、メディアストリーミングデバイス「Chromecast with Google TV」が2,620円OFF、「Chromecast」が1,092円OFF、スマートディスプレイ「Nest Mini(第2世代)」が2,070円OFF、スマートドアホン「Nest Cam(バッテリー式)」が3,920円OFFなどとなっています。

続きを読む

フラッグシップスマホ「Google Pixel 6・6 Pro」にける一部のデータ通信SIMをデュアルSIM利用すると緊急通報ができない不具合が解消


Pixel 6・6 ProのデュアルSIM利用時に緊急通報ができない不具合が修正!

既報通り、Googleが最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Pixel 6」および「Pixel 6 Pro」における2022年3月分のソフトウェア更新を日本時間(JST)の2022年3月22日(火)より順次提供しています。更新後のビルド番号は「SP2A.220305.013.A3」で、ネットワーク経由によるアップデート(OTA)が配信開始されているほか、ファクトリーイメージも公開されています。

これを受けてソフトバンクは4日、Pixel 6およびPixel 6 Proにおいて発生していた一部のデータ通信専用SIMをデュアルSIMで利用した場合に設定によっては緊急機関(110・118・119)への発信(以下、緊急通報)ができない不具合が2022年3月分のソフトウェア更新によって解消しているとお知らせしています。

一方、KDDIでは日本時間(JST)の2022年4月5日(火)より順次提供している2022年4月分のソフトウェア更新によって同事象が解消されていることを確認したとしています。なお、ソフトバンクではソフトウェア更新後に通話機能が問題なく利用できるかを確認するために該当する状態おいて自身の操作によって通常の音声発信(緊急機関以外への音声発信)が可能か試すように案内しています。

続きを読む

Google、フラッグシップスマホ「Pixel 6」と「Pixel 6 Pro」に2022年3月分のソフトウェア更新を提供開始!au回線で2.5GHz帯の5Gに対応


Googleスマホ「Pixel 6」と「Pixel 6 Pro」に2022年3月分のソフトウェア更新が提供開始!

Googleは21日(現地時間)、最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Pixel 6」および「Pixel 6 Pro」における2022年3月分のソフトウェア更新を順次提供開始したとお知らせしています。すでに日本向け製品にもネットワーク経由によるアップデート(OTA)が配信開始されているほか、ファクトリーイメージも公開されています。

ビルド番号は日本向け製品も含めて両機種の全モデルにて「SP2A.220305.013.A3」となっており、OTAの場合における更新ファイルサイズは直前の「SQ1D.220205.004」からの場合に約490MBで、ファクトリーイメージはサイズが約2.26GBとなっています。なお、Androidバージョンが新たに「12.1.0」になっています。

更新方法はOTAでは通常通りに「設定」→「システム」→「システムアップデート」から実施します。更新内容はすでに紹介しているように「Pixel feature drops」の第8弾やAndroidセキュリティーパッチ2022年3月分が含まれているほか、KDDI・沖縄セルラー電話ではau回線において新たに2.5GHz帯における5G(n41)に対応するということです。

続きを読む

Google、スマホなど向け次期プラットフォーム「Android 13」の開発者向けプレビュー版第2弾を公開!日本語の表示や入力が改善


Googleがスマホなど向け次期OS「Android 12」の開発者向けプレビュー版第2弾をリリース!

Googleは17日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android 13(開発コード名:Tiramisu)」( https://developer.android.com/about/versions/13 )における開発者向けプレビュー版の第2弾「Android 13 Developer Preview 2」(以下、DP2)を公開したとお知らせしています。

提供されているのは今年2月に公開された「Android 13 Developer Preview 1」(以下、DP1)と同様にAndroidエミュレーターのほか、Pixel 4、Pixel 4 XL、Pixel 4a、Pixel 4a (5G)、Pixel 5、Pixel 5a、Pixel 6、Pixel 6 ProでテストするためのファクトリーイメージやSDKが含まれています。

Android Flash Toolやファクトリーイメージ( https://developer.android.com/about/versions/13/download )から手動で導入するようになっているほか、すでにDP1を導入している場合はネットワーク経由のソフトウェア更新(OTA)も提供されており、OTAイメージ( https://developer.android.com/about/versions/13/download-ota )も提供されています。

DP2ではPixelシリーズにおけるビルド番号が「TPP2.220218.010」で、すでにAndroidセキュリティーパッチレベルは「March 2022」、Google Play servicesは「22.06.15」となってろい、エミュレーターでは64bitのx86およびARM v8-Aがサポートされ、APIレベルは「T DP2」となっています。

なお、ネットワーク経由によるソフトウェア更新(OTA)は現時点では用意されておらず、今後提供が開始される予定の一般向けベータ版「Android Beta Program」( https://g.co/androidbeta )によって提供され、ベータ版はPixelシリーズ以外にも従来通りに他メーカーの一部製品にも順次提供される見込みとなっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。