S-MAX

XQ-CT44

ソニーが5Gスマホ「Xperia 1 IV」と「Xperia 5 IV」のメーカー版「XQ-CT44」と「XQ-CQ44」を最大1万5400円値下げ!8万9100円からに


SONYの5Gスマホ「Xperia 1 IV」と「Xperia 5 IV」のメーカー版が再び値下げ!

ソニーマーケティングは24日、同社が運営するソニー公式Webショップ「ソニーストア」において5G対応フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 1 IV」および「Xperia 5 IV」(ともにSony製)の日本のオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)「Xperia 1 IV(型番:XQ-CT44)」と「Xperia 5 IV(型番:XQ-CQ44)」の価格を改定したとお知らせしています。

価格(金額はすべて税込)はオープンながら市場想定価格およびソニーストアではXperia 1 IV XQ-CT44が発売時に174,900円で、その後、今年2月に25,300円値下げて149,600円に、さらに今年9月に9,900円値下げされて139,700円にになっていましたが、今回、15,400円値下げされて124,300円(分割では3,400円/月×36回)となっています。

一方、Xperia 5 IV XQ-CQ44も発売時に119,900円で、その後、今年9月に20,900円値下げされて99,000円となっていましたが、今回、9,900円値下げされて89,100円(分割では2,400円/月×36回)となっています。さらにXperia 5 IV XQ-CQ44をは対象ヘッドホンを購入して応募すると10,000円がキャッシュバックされるキャンペーンが実施されています。

またソニーストア以外の量販店やECサイトなどでも値下げされており、例えば、大手Webストア「Amazon.co.jp」やヨドバシ・ドット・コム、ビックカメラ.comなどでも同様にXperia 1 IV XQ-CT44が124,300円の1%(1,243ポイント)還元、Xperia 5 IV XQ-CQ44が89,100円の1%(891ポイント)還元となっています。

なお、Xperia 1 IVとXperia 5 IVのメーカー版はなどの日本市場向けキャリア版と同様におサイフケータイ(FeliCa)に対応しており、さらにメーカー版のXperia 1 IV XQ-CT44ではnanoSIMカード(4FF)スロットが2つのデュアルSIMに対応し、内蔵メモリー(RAM)が16GB、内蔵ストレージが512GBに、Xperia 5 IV XQ-CQ44ではnanoSIMカードスロットが1つとeSIMのデュアルSIMに対応し、内蔵ストレージが256GBになっています。

続きを読む

ソニーが5Gスマホ「Xperia 1 IV」と「Xperia 5 IV」のメーカー版「XQ-CT44」と「XQ-CQ44」を最大2万900円値下げ!9万9千円からに


SONYの5Gスマホ「Xperia 1 IV」と「Xperia 5 IV」のメーカー版が値下げ!

ソニーマーケティングは7日、同社が運営するソニー公式Webショップ「ソニーストア」において5G対応フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 1 IV」および「Xperia 5 IV」(ともにSony製)の日本のオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)「Xperia 1 IV(型番:XQ-CT44)」と「Xperia 5 IV(型番:XQ-CQ44)」の価格を改定したとお知らせしています。

価格(金額はすべて税込)はオープンながら市場想定価格およびソニーストアではXperia 1 IV XQ-CT44が発売時に174,900円でしたが、その後、今年2月に25,300円値下げして149,600円となっていましたが、さらに今回、9,900円値下げされて139,700円に、Xperia 5 IV XQ-CQ44が発売時に119,900円でしたが、今回、20,900円値下げされて99,000円となっています。

またソニーストア以外の量販店やECサイトなどでも値下げされており、例えば、大手Webストア「Amazon.co.jp」やヨドバシ・ドット・コム、ビックカメラ.comなどでも同様にXperia 1 IV XQ-CT44が139,700円の1%(1,397ポイント)還元、Xperia 5 IV XQ-CQ44が99,000円の1%(990ポイント)還元となっています。

なお、Xperia 1 IVとXperia 5 IVのメーカー版はなどの日本市場向けキャリア版と同様におサイフケータイ(FeliCa)に対応しており、さらにメーカー版のXperia 1 IV XQ-CT44ではnanoSIMカード(4FF)スロットが2つのデュアルSIMに対応し、内蔵メモリー(RAM)が16GB、内蔵ストレージが512GBに、Xperia 5 IV XQ-CQ44ではnanoSIMカードスロットが1つとeSIMのデュアルSIMに対応し、内蔵ストレージが256GBになっています。

続きを読む

ソニーが5Gスマホ「Xperia 1 IV」のメーカー版「XQ-CT44」を2万5300円値下げで14万9600円に!16GB RAM+512GBストレージモデル


SIMフリーフラッグシップスマホ「Sony Xperia 1 IV XQ-CT44」が25,300円値下げ!

ソニーマーケティングが運営するソニー公式Webショップ「ソニーストア」において5G対応フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 1 IV」のメーカー版(SIMフリー製品)「XQ-CT44」(Sony製)の価格を改定して25,300円(金額はすべて税込)値下げしたとお知らせしています。

価格はオープンながら市場想定価格およびソニーストアでの販売価格が今年9月の発売時には174,900円でしたが、今回、初めて値下げされて149,600円となっています。またソニーストア以外の量販店やECサイトなどでも値下げされており、例えば、大手Webストア「Amazon.co.jp」やヨドバシ・ドット・コム、ビックカメラ.comなどでも同様に149,600円の1%(1,496ポイント)還元となっています。

なお、Xperia 1 IVのメーカー版はNTTドコモ向け「Xperia 1 IV SO-51C」などの日本市場向けキャリア版と同様におサイフケータイ(FeliCa)に対応しており、さらにメーカー版ではnanoSIMカード(4FF)スロットが2つのデュアルSIMに対応し、内蔵メモリー(RAM)が16GB、内蔵ストレージが512GBとなっています。

続きを読む

ソニーが5Gスマホ「Xperia 1 IV」のメーカー版「XQ-CT44」にAndroid 13へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始!Wi-Fi 6Eも対応


5Gスマホ「Sony Xperia 1 IV XQ-CT44」がAndroid 13に!

ソニーは20日、昨年9月に発売した5G対応フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 1 IV」のオープン市場向けメーカー版「Xperia 1 IV(型番:XQ-CT44)」に対して最新プラットフォーム「Android 13」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2023年1月19日(木)より順次提供開始したとお知らせしています。

更新は本体のみで無線LAN(Wi-Fi)および携帯電話回線(5G・4G・3G)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法が用意されており、更新時間は明らかにされていませんが、更新ファイルサイズは約1.0GBで、ファイルサイズが大きいため、Wi-Fiでの実施が推奨されています。

更新後のビルド番号は「64.1.A.0.857」。更新内容はAndroid 13へのOSバージョンアップ以外にも6GHz帯を利用した無線LAN(Wi-Fi)の「Wi-Fi 6E」やBluetoothのより低遅延な音響機能「LE Audio」および「aptX Lossless」が利用可能になるとのこと。またAndroid 13へのOSバージョンアップに関してはソニーの公式Webページ『Android 13対応 OSバージョンアップ | Xperia(エクスペリア)公式サイト』をご確認ください。

続きを読む

楽天モバイル、楽天回線対応製品に5Gスマホ「Xperia 1 IV」のメーカー版「XQ-CT44」を追加!緊急地震速報などのすべてが利用可能に


5Gスマホ「Xperia 1 IV XQ-CT44」が楽天回線対応製品に追加!

楽天モバイルは22日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス「Rakuten UN-LIMIT VI」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )に対応する製品(以下、楽天回線対応製品)を更新して新たに5G対応スマートフォン(スマホ)「Xperia 1 IV(型番:XQ-CT44)」(Sony製)を追加しています。

これにより、Xperia 1 IV XQ-CT44が楽天モバイルの相互接続性試験を完了し、楽天モバイルの4Gでの音声通話(VoLTE)やSMS、データ通信および5Gでのデータ通信、ETWS(緊急地震速報、津波警報など)などのすべての機能に対応しています。動作確認時のビルド番号は「64.0.A.8.82」。

なお、Xperia 1 IVは他にも日本ではNTTドコモ版「Xperia 1 IV SO-51C」およびau版「Xperia 1 IV SOG06」、SoftBank版「Xperia 1 IV A201SO」が販売されていますが、少なくとも現時点においてはこれらについては楽天回線対応製品ではなく、一部機能のみが利用できるとされています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。