S-MAX

Xiaomi

シャオミ、フラッグシップスマホ「Xiaomi 13T Pro」の日本向けメーカー版にAndroid 14ベースのHyperOSへのソフトウェア更新を提供開始


フラッグシップスマホ「Xiaomi 13T Pro」の日本向けメーカー版がAndroid 14に!

小米技術日本(以下、シャオミ・ジャパン)は17日、同社が展開する「Xiaomi」ブランドで2023年12月に発売した5G対応スマートフォン(スマホ)「Xiaomi 13T Pro」(Xiaomi Communications製)のメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)「Xiaomi 13T Pro(型番:23088PND5R)」に対して最新OS「Android 14」ベースの独自プラットホーム「Xiaomi HyperOS」(以下、HyperOS)へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2024年7月17日(水)より順次提供開始するとお知らせしています。

まずはXiaomi 13T Pro 23088PND5Rの一部より順次提供され、順次対象を拡大していき、全体にソフトウェア更新が配信されるまで最大で2週間程度かかるとしています。なお、Xiaomi 13T Proは日本ではメーカー版以外にもソフトバンクの携帯電話サービス「SoftBank」向け「Xiaomi 13T Pro(型番:A301XM)」が販売されていますが、すでに紹介しているようにSoftBank版については2024年5月23日(木)より同様のAndroid 14ベースのHyperOSが順次提供されています。

続きを読む

シャオミ初のオープンイヤータイプ!快適な装着感と豊かな音質を備えた完全ワイヤレスイヤホン「Xiaomi OpenWear Stereo」を試す【レビュー】


オープン型完全ワイヤレスイヤホン「Xiaomi OpenWear Stereo」をレビュー!

完全ワイヤレスイヤホン(TWS)はノイズキャンセルに対応した密閉型のクローズドイヤータイプのイヤホンが主流ですが、スポーツやリモートワークなどで利用するイヤホンとして、耳を塞がない開放型のオープンイヤータイプのニーズも高くなっています。

そんなオープンイヤータイプの完全ワイヤレスイヤホンとして小米技術日本株式会社(以下「シャオミ・ジャパン」)は4日、同社が展開する「Xiaomi」ブランドの新商品として「Xiaomi OpenWear Stereo(型番:M2319E1)」(Xiaomi Communications製)を2024年7月4日(木)に発売すると発表しました。

Xiaomi OpenWear StereoはXiaomiブランド初となるオープンイヤータイプの完全ワイヤレスイヤホンで、洗練された美しいデザインによって1日中快適に装着できるだけでなく、強化された低音ドライバーとワイヤレスでもハイレゾ音質を楽しめるようになっています。

価格(金額はすべて税込)はオープンながら市場想定価格が14,980円で、発売日から7月17日(水)までは期間限定の早割価格12,980円で販売されています。本体色はコズミックグレーとスタンドストーンベージュの2色展開です。今回、そんなXiaomi OpenWear Stereoをシャオミ・ジャパンよりお借りして実際に使ってみましたのでその模様を紹介します。

続きを読む

シャオミ、フラッグシップスマホ「Xiaomi 11T Pro」の日本向けメーカー版にAndroid 14ベースのHyperOSへのソフトウェア更新を提供開始


フラッグシップスマホ「Xiaomi 11T Pro」の日本向けメーカー版がAndroid 14に!

小米技術日本(以下、シャオミ・ジャパン)は12日、同社が展開する「Xiaomi」ブランドで2021年11月に発売した5G対応フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xiaomi 11T Pro」(Xiaomi Communications製)のメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)「Xiaomi 11T Pro(型番:2107113SR)」に対して最新OS「Android 14」ベースの独自プラットホーム「Xiaomi HyperOS」(以下、HyperOS)へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2024年7月11日(木)より順次提供開始するとお知らせしています。

まずはXiaomi 11T Pro 2107113SRの一部より順次提供され、順次対象を拡大していくとのことで、対象製品すべてにソフトウェア更新が配信完了するまで最大2週間ほどがかかる場合があるとのこと。そのため、対象製品を利用している場合であってもソフトウェア更新を少し待つことがあるとしています。ソフトウェア更新後のビルド番号は「OS1.0.3.0.UKDMIXM」で、ビルド番号は「設定」→「デバイス情報」にて確認できます。

続きを読む

シャオミ、フラッグシップスマホ「Xiaomi 12T Pro」の日本向けメーカー版にAndroid 14ベースのHyperOSへのソフトウェア更新を提供開始


フラッグシップスマホ「Xiaomi 12T Pro」の日本向けメーカー版がAndroid 14に!

小米技術日本(以下、シャオミ・ジャパン)は1日、同社が展開する「Xiaomi」ブランドで2022年12月に発売した5G対応スマートフォン(スマホ)「Xiaomi 12T Pro」(Xiaomi Communications製)のメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)「Xiaomi 12T Pro(型番:23076RA4BR)」に対して最新OS「Android 14」ベースの独自プラットホーム「Xiaomi HyperOS」(以下、HyperOS)へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2024年7月1日(月)より順次提供開始するとお知らせしています。

まずはXiaomi 12T Pro 23076RA4BRの一部より順次提供され、順次対象を拡大していくとのこと。なお、Xiaomi 12T Proは日本ではメーカー版以外にもソフトバンクの携帯電話サービス「SoftBank」向け「Xiaomi 12T Pro(型番:A201XM)」が販売されていますが、すでに紹介しているようにSoftBank版については2024年6月25日(火)より同様のAndroid 14ベースのHyperOSが順次提供されています。

続きを読む

未発表の次期フラッグシップスマホ「Xiaomi 14T Pro」が日本で発売へ!メーカー版「2407FPN8ER」とソフトバンク版「A402XM」が認証通過


次期フラッグシップスマホ「Xiaomi 14T Pro」が日本で発売へ!写真は現行機種のXiaomi 13T Pro

IEC(国際電気標準会議)が電気機器安全規格適合試験制度による認証情報を公開しているIECEEにおいてXiami Communications(以下、Xiaomi)製「2407FPN8EG」および「2407FPN8ER」、「A402XM」が2023年6月30日付でTÜV SÜD PSBによってCB証明書を取得したことが公開されていました。認証番号は「SG PSB-IV-11348」。

これらの製品はグローバル向けでも現時点では未発表ですが、Xiaomiが公開しているソースコードから次期フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xiaomi 14T Pro」となることが判明しており、Xiaomiの型番規則から末尾「R」は日本向けとなるため、2407FPN8ERはオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)となり、一方でA402XMは型番規則からソフトバンク向けであることが推測できます。

これにより、昨年に発売されたXiaomi 14T Proの前機種「Xiaomi 13T Pro」や前々機種「Xiaomi 12T Pro」に続く「神ジューデン」対応製品として投入されるのではないかと推測され、ともにXiaomiの日本法人である小米技術日本(以下、シャオミ)からメーカー版、ソフトバンクからキャリア版として発売されることになりそうです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。