S-MAX

iPhone13ProMax

iPhone 13シリーズの動作確認がahamoやpovo、UQ mobileで完了!eSIM含めて利用可能。LINEMOや各MVNOでは9月24日より順次確認予定


ahamoやpovo、UQ mobile、LINEMO、Y!mobileなどのサブブランドやMVNOでiPhone 13シリーズは使える?

NTTドコモは21日、今年3月より提供しているオンライン専用の料金プラン「ahamo」の対応端末一覧を更新してAppleの新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 13 mini」および「iPhone 13」、「iPhone 13 Pro」、「iPhone 13 Pro Max」を追加しています。物理的なSIMカードおよびeSIMで利用可能だとのこと。

またKDDIおよび沖縄セルラー電話は22日、携帯電話サービス「UQ mobile」およびオンライン専用の料金プラン「povo」(povo 1.0およびpovo 2.0)におけるiPhone 13シリーズの動作確認が完了し、問題なく利用できることが確認できたとお知らせしています。こちらも物理的なSIMカードおよびeSIMで利用可能となっています。

一方、ソフトバンクおよびウィルコム沖縄ではオンライン専用の携帯電話サービス「LINMO」におけるiPhone 13シリーズの動作確認を発売日の2021年9月24日(金)より随時更新していくと案内しています。また携帯電話サービス「Y!mobile」においては現時点では特に記載はないものの、同様に随時更新していくと見られます。

その他、携帯電話サービス「mineo」を提供しているオプテージなどの仮想移動体通信事業者(MVNO)の各社でもiPhone 13シリーズの動作確認を9月24日より順次行うとしています。とはいえ、iPhone 13シリーズはデュアルeSIMに対応したという新しいトピックはあるものの、携帯電話ネットワークとしては特に大きな変更はないものと見られ、問題なく使えると思われます。

また実際にすでに各メディアにて先行してiPhone 13シリーズの実機レビューが掲載され、LINEMOやMVNOなどで使えていることから恐らく問題なく使えると考えられますが、心配な人は各社の動作確認を待つことをオススメします。なお、インターネットイニシアティブ(IIJ)ではアプリ「みおふぉんダイアル」にて強制終了するなどの不具合が発生する可能性が判明していると案内しています。

続きを読む

iPhone 13・13 mini・13 Pro・13 Pro Maxの価格をまとめて紹介!アップルや楽天モバイルだけでなく、NTTドコモやau、SoftBankもSIMロックなし


docomoやau、SoftBank、AppleなどのiPhone 13シリーズの価格をチェック!

既報通り、Appleが新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 13 mini」および「iPhone 13」、「iPhone 13 Pro」、「iPhone 13 Pro Max」を発表し、各機種・各販路ともに9月24日(金)に発売されます。また発売に先立って9月17日(金)21時より予約受付が実施されています。

日本ではAppleに加え、ヨドバシカメラやビックカメラなどの「Apple Premium Reseller」の一部店舗および公式Webストア、さらにNTTドコモおよびau、SoftBank、そして今年は楽天モバイルからも販売されます。これに伴い、各社ともに価格を案内しており、これまでに逐次紹介してきましたが、本記事ではまとめて紹介しておきます。

またこれまではNTTドコモやau、SoftBankでは購入時にSIMロックがかかっていましたが、総務省が今年10月よりガイドラインを改定することから先立ってiPhone 13シリーズについてNTTドコモやau、SoftBankでもSIMロックをかけずに販売するとのこと。金額はすべて税込。

続きを読む

NTTドコモが「いつでもカエドキプログラム」を発表!残価設定方式+早期利用特典で短期返却でもお得に。iPhone 13シリーズやGalaxy Z Fold3・Flip3が対象


NTTドコモの新しい端末購入施策「いつでもカエドキプログラム」を解説!

NTTドコモは17日、購入した対象機種の返却によっていつでもお得に新しい機種に買い換えられる新しい端末購入施策「いつでもカエドキプログラム」を発表しています。対象製品となるiPhone 13シリーズの発売に合わせて2021年9月24日(金)より提供開始するとのこと。

これまでの「スマホおかえしプログラム」と同様にNTTドコモの携帯電話回線契約がない場合でも利用でき、新たに残価設定方式となり、加入した場合に「残価設定型24回の分割払い」にて購入した機種を同社が定める条件に基づいて返却することで、返却のタイミングに応じた特典が受けられます。

特典は23か月目に対象機種を返却する場合には24回目に設定された残価額の支払いが不要となり、1か月目から22か月目までに対象機種を返却する場合にも「早期利用特典」として返却した翌月から23回目までの分割支払金について同社があらかじめ定めた額を毎月割引されます。

さらに24か月目以降も対象機種を利用する場合も24回目に設定された残価額が自動的に24回目から47回目まで(計24回)に再分割され、再分割支払金を支払うようになっており、再分割された期間にて対象機種を返却する場合は返却した翌月以降の再分割支払金の支払いが不要となります。

対象機種は発表時点で「iPhone 13 mini」および「iPhone 13」、「iPhone 13 Pro」、「iPhone 13 Pro Max」、「Galaxy Z Flip3 5G SC-54B」、「Galaxy Z Fold3 5G SC-55B」の6機種で、今後は対象機種を順次追加していく予定となっています。

続きを読む

Apple、iPhone 13・13mini・13 Pro・13 Pro MaxやiPad(第9世代)、iPad mini(第6世代)の保証対象外修理価格を案内!AppleCare+の価格とともに紹介


iPhone 13シリーズやiPad(第9世代)、iPad mini(第6世代)の保証対象外修理価格をチェック!

Appleが新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 13 mini」および「iPhone 13」、「iPhone 13 Pro」、「iPhone 13 Pro Max」やタブレット「iPad(第9世代)」および「iPad mini(第6世代)」を発表し、日本を含む1次販売国・地域では各製品ともに9月24日(金)に発売されます。

また発売に先立ってすでに各製品ともにAppleや量販店、NTTドコモやau、SoftBank、楽天モバイルなどにて予約受付が実施されており、すでに各販路における価格や保証サービス「AppleCare+」の料金についてはこれまでに紹介してきました。

一方、AppleではAppleCare+に加入しなかった場合の保証外時における画面の損傷による修理価格および保証対象外バッテリー修理価格、保証対象外修理価格も公開しています。そこで、今回は保証対象外修理価格をAppleCare+の料金とともに紹介したいと思います。なお、金額はすべて税込となります。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:iPhone 13などの発表会に隠されていた「A15 Bionic」の真実。性能や特徴からAppleのブランディング戦略を考える【コラム】


iPhone 13シリーズに搭載されたSoC「A15 Bionic」について考えてみた!

既報通り、Appleは日本時間(JST)の9月15日にオンライン発表会を開催し、新型スマートフォン(スマホ)「iPhone 13」および「iPhone 13 mini」、「iPhone 13 Pro」、「iPhone 13 Pro Max」の4機種などを発表しました。

メディア界隈での下馬評(と言っては失礼だが)では「例年以上に代わり映えしない」や「今年もカメラだけ進化」などと辛辣な評価が多く見受けられましたが、恐らく一般の評価も大差はないでしょう。

とはいえ、今回は性能面で少し「おや?」と気にかかる部分もありました。それはSoC(System on a Chip≒チップセット)です。Appleは新型iPhoneの発売に合わせて毎年SoCを強化し続けており、今年のiPhone 13シリーズには「Apple A15 Bionic」が採用されています。

昨年発売されたiPhone 12シリーズでも「Apple A14 Bionic」が採用されていただけに順当な進化と言えますが、実は昨年までとは少し様相が異なっているのです。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はiPhone 13シリーズに搭載されたA15 Bionicの秘密に迫り、Appleのブランディング戦略について考察します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。