Palm Preにもついに次世代機が登場

米Hewlett-Packard(HP)は現地時間の10月19日、今年4月に買収したPalmによる次期モバイルOS「HP webOS 2.0」と、同OSを搭載した新型スマートフォン「Palm Pre 2」を発表しました。
新端末はまず22日にフランスで発売、数カ月以内に米国とカナダで米Verizonから発売されます。
現行webOSユーザー、つまりPalm PreおよびPalm PixiユーザーはOTA(Over the Air … 無線通信によるアップデート)での無償アップデートを受けられるとのことです。

「HP webOS 2.0」は、2009年6月の「Palm webOS」立ち上げから初めてのメジャーアップデートの実施となります。

9月のSDKリリース時に紹介された独自のマルチタスキング機能「Stacks」、入力し始めるとアプリが起動する「Just Type」機能、フォトアルバム「Exhibition」に加え、Facebook、Google、Microsoft Exchange、LinkedIn、Yahoo!でのアクティビティを一元管理できる「HP Synergy」を搭載しています。

Exhibition機能は、置くだけで充電できる充電「Touchstone」に端末を置くと、自動的に今日の予定や保存されている写真のスライドショー表示を開始する機能も搭載しているとのことです。

このほか、カード式のマルチタスク操作が関連するタスクを自動的にグループ化する機能も追加されている模様。

HTML5のCanvas、Webストレージ、位置情報、アプリケーションキャッシュなどをサポートし、「Adobe Flash Player 10.1 β」を搭載。

ドキュメントビューアの「Quickoffice Connect Mobile Suite」では、Microsoft Office Word、Excel、PowerPointを閲覧できるほか、GoogleドキュメントやDropboxなどオンラインサービスを利用することも可能です。

Verizonのユーザーは、Skype Mobileの利用が可能。

同OSを搭載する最初のスマートフォンとなる「Palm Pre 2」は、プロセッサは1GHz、3.1インチ(320×480ピクセル)のマルチタッチスクリーン、スライド式のQWERTYキーボード、500万画素のデジタルカメラを備え、ネットワークはCDMA、UMTS(W-CDMA)、IEEE 802.11b/g、Bluetooth 2.1 + EDRに対応。

概観は従来のPalm Preのデザインを踏襲していますがわずかに小さくなり、サイズは59.6×100.7×16.9ミリで重さは145グラム。


webOS搭載端末は未だ日本のキャリアで登場する気配はありませんが、UIの出来には非常に定評のあるプラットフォームであり、今回のメジャーバージョンアップには非常に期待しています。

筆者も現行バージョンのPalm Preを触ったことがありますが、非常に使い勝手のよいものであり、それがさらに進化するのであればよりよいスマートフォンとなることが想像されます。

webOSはHPのタブレット端末にも導入される計画があるとのことで、日本への投入もスマートフォンともども期待したいところです。

記事執筆:Highmount


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter