パナモバもAndroidを発売へ!

パナソニックモバイルコミュニケーションズ(PMC)は、16日、2010年冬から2011年春にかけて各通信事業者から発売される「LUMIX Phone」をはじめとした最新携帯電話の商品説明会を開催しました。その中で、Androidを搭載したスマートフォンを投入することを明言していました。

PMCは、これまでスマートフォンを発売しておらず、開発についても特に公には指針を示してきませんでしたが、いよいよといったことになりました。

プレゼンテーションを行ったパナソニックモバイルコミュニケーションズ代表取締役社長の脇治氏は、スマートフォン事業について他者に遅れていることを認め、その理由としてここまでスマートフォン市場が急速に立ち上がると思っていなかったと説明していました。

s_20101118_pmc_02 s_20101118_pmc_03
PMC社長の脇治氏(左)とPMCの製品開発方向性。


スマートフォンは、AppleやHTC、ソニー・エリクソン モバイルコミュニケーションズなどの海外メーカーに加え、シャープや富士通東芝モバイルコニュニケーションズといった国内メーカーも開発および製造を行ってきており、この2010年冬から2011年春における2010年度後半商戦においてNTTドコモから7機種、auから4機種、ソフトバンクモバイルから6機種、イー・モバイルから1機種、ディズニー・モバイルから1機種といったようにラインナップ拡充が予定されています。

また、MM総研による市場調査・予測によると、2009年度には携帯電話市場におけるスマートフォンの比率が6%だったのに対し、2010年度が11%、2013年度が41%まで急成長するということだが、PMCでは、現在の状況を分析するとさらに急速に拡大する可能性もあるのではと説明。

その中で、スマートフォンの本格普及は2011年になるとし、Androidを搭載したスマートフォンを2011年前半に国内で発売すると発言していました。さらに、2012年前半には海外市場でも投入し、2015年度には国内および海外をあわせて現在の3倍の出荷台数となる1500万台の販売をめざすということです。

カメラブランド「LUMIX」やテレビブランド「VIERA」などといった数々の家電ブランドと連携し、デジカメや薄型テレビにもAndroidを採用するといったことにもつながっていきそうなのだ。

このほか、シンプルなスマートフォンも検討しているとのことで、機種数こそ正確には明確にしなかったが、2011年度に投入するスマートフォンが3機種以上になる予定だという。どんなモデルが登場するかわからないが、期待したいところです。




記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
パナはスマートフォンを11年に3機種以上投入! - ITライフハック - ライブドアブログ