b6b945e4.jpg

スマートフォンはさらに拡大へ!

MM総研は、10日、2010年度通期(10年4月~11年3月)における国内の携帯電話出荷状況を調査し、結果を発表しました。

総出荷台数は、前年比9.3%増の3764万台となり、前年度比を上回る回復傾向が続いたとのことです。中でも、スマートフォンの販売台数が大きく伸び、2010年度通期で出荷台数が855万台と前年度比3.7倍に拡大し、総出荷医大数のうちの22.7%を占めたとのこと。

このうち、プラットフォームごとのシェアでは、Androidが躍進し、これまでのスマートフォン市場を牽引してきたiOS(iPhoneなど)のシェア37.8%を抜き、Androidのシェアが57.4%ととなっています。

総出荷台数は、半期別でみると、上期1913万台(前年比12.3%増)、下期1851万台(前年比6.4%増)とともに前年度から比べて増加。この結果に、MM総研では、「出荷台数回復の主な要因として、スマートフォン市場の拡大とau市場におけるトライバンド対応端末への買い替え台数好調の2点である」と分析しています。

メーカー別では、シャープが6年連続1位となったほか、2位富士通、3位パナソニックモバイルコミュニケーションズ、4位NECカシオモバイルコミュニケーションズ、5位京セラとなっています。これに続くのが、6位アップル、7位ソニー・エリクソン、8位サムスン電子、9位LGエレクトロニクスと海外勢が続き、10位に東芝が入っています。

02


スマートフォンでは、シェア1位にアップルが入り、2位シャープ、3位ソニー・エリクソン、4位サムスン電子となっているとのこと。

2011年度は、さらにスマートフォンが拡大し、総出荷台数が3890万台とさらに微増すると予測し、その後も買い替えなどで出荷台数が年度ごとに増加していく傾向にあると予測しています。

このうち、スマートフォンは、2011年度に前年度比2.1倍の1820万台と総出荷台数のうち46.8%とほぼ半数に迫ると見られています。ただし、勢い次第では、2000万台規模まで届き、総出荷台数の半数を超える可能性も指摘されています。

03


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
株式会社 MM総研