870f2d71.jpg

ケータイ?パソコン?いえ、両方です!

NTTドコモは、16日、今夏に発売する予定の新モデル「2011年夏モデル」の発表会を行い、Windows 7 Home Premium (32bit)と通常の富士通製ケータイ同様のMOAP(S)をデュアル搭載した「Windows 7ケータイ FMV LOOX F-07C」(富士通東芝モバイルコミュニケーションズ製)を発表しています。発売時期は、2011年6~7月とのことです。

Windows 7ケータイ F-07Cは、通常の富士通製ケータイと同じSymbianOSベースのMOAP(S)によるケータイモードと、パソコンと同じWindows 7 Home Premium (32bit)によるWindows 7モード(パソコンモード)というデュアルOSケータイとなっています。普段は、ケータイモードでメールや通話などを行い、必要に応じてパソコンモードを起動して利用するというスタイルになります。

形状は、横スライドによるQWERTY配列フルキーボードを搭載しており、サイズが約125×61×19.8mm、質量が約213gと非常にコンパクトで、世界最小パソコン(FTMC調べ)と謳われています。

ボディーカラーは、ネイビーブラック1色で、ディスプレイは、約4.0インチSVGA(1024×600ドット)液晶を搭載しています。

パソコンモードのスペックとしては、OS以外では、CPUにIntel Atomプロセッサー Z600(HTテクノロジー対応)の1.20GHz、GPUにCPUに内蔵されたIntel グラフィック・メディア・アクセラレーター600、メモリに標準1GB/最大1GB(LPDDR400)、記録メディアにSSD約32GB(eMMC)、無線LAN(802.11b/g/n準拠)などとなっています。

連続駆動時間が約1.6~2.0時間となっており、アプリケーションにも、Microsoft Office(Word、Excel、Outlook)やAdobe Reader、ノートン・インターネットセキュリティ2011、i-フィルター6.0、Windows Live、タッチコンソール、twifar、ドコモコネクションマネージャ、電子辞書(明解国語辞典MX、ジーニアス英和・和英辞典MXなど6種)などとプリインストールしているとのことです。

ハードウェアフルキーボードだけでなく、タッチパネルによる操作にも対応しており、17万画素CMOSインカメラによるビデオ会議などにも対応しています。

一方で、ケータイモードでは、連続待受時間約600時間(3G/自動/静止時)、連続通話時間約310分、32万画素CMOSインカメラ、510万画素CMOSアウトカメラ、タッチパネル、おサイフケータイ(Felica)、スーパーはっきりボイス、光センサー、拡大文字、親子モード、GPS、地磁気センサー、Bluetooth(2.0+EDR)、赤外線機能、PDFビューアー、WMVストリーミング、音響エンジン、BDレコーダー連携、ウォーキングチェッカー、エクササイズカウンター、パスルチェッカーなどに対応しています。通信方式としては、3G(W-CDMA)およびGSMに対応しています。

また、オプション(別売)でクレードル「クレードルセット 01」も用意されており、HDMI端子やUSB端子(Type-A)などを利用できるようになっています。

実用になるかは別として、これはなかなか面白い機種が出てきましたね。S-MAXでは、別途、発表会での端末レポートを予定しています!

主な仕様
サイズ(mm)約125×61×19.8
質量約218g
カメラ5.1M(ケータイモード時のみ)
液晶約4.0
防水非対応
iコンシェル対応
WORLD WING3G+GSM
Wi-Fi対応(Windows 7モード時のみ)
HSDPA/HSUPA対応/対応
HDムービー非対応
GPS/オートGPS対応/対応(ケータイモード時のみ)
おサイフケータイ対応(Windows 7モード時は一部の機能のみ利用可)
Bluetooth対応(ケータイモード時のみ)
iBodymo対応
50M iモーション非対応
コンテンツパッケージ非対応


記事執筆:S-MAX編集部


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
Windows 7ケータイ F-07C | 製品 | NTTドコモ