5842ab2d.jpg


ソフトバンクモバイルは、9日、シャープ製折りたたみAndroidスマートフォン「AQUOS PHONE THE HYBRID 007SH」「007SH J」「007SH KT」の3機種において不具合が見つかったとしてネットワーク経由による本体ファームウェアのアップデートサービス「ソフトウェア更新」を提供開始したことをお知らせしています。。

今回アップデートの対象となる事象は、以下の1点のみとなっています。その他、より快適に利用するための更新がアップデートに含まれます。更新にかかる時間は、最大20分となっています。

・特定のアプリケーション起動後に、電池の消耗が早くなる場合がある
※ 上記事象以外にも、より快適にご利用いただくための更新が含まれております。


e5fdc39d.jpg


アップデート対象の端末にはお知らせメール(SMS)が配信され、その後お知らせメールに記載された予定日時に自動的にアップデートがダウンロードされます。

お知らせメールを待たずに自分で「ソフトウェア更新」メニューを実行してアップデートすることも可能です。

アップデートが完了するとビルド番号は007SHが「S0044」、007SH Jが「S0020」、007SH KTが「S0012」になります。アップデートは, 本日8/29から順次配信が開始される予定。

ソフトウェアの書き換え中は発着信を含む携帯電話の全機能が使えなくなるので、電話を使えなくてもいいタイミングでアップデートを行うか、あるいは自動ダウンロードに任せてしまうのも一案かもしれません。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
AQUOS PHONE THE HYBRID SoftBank 007SH/007SH J/ SoftBank 007SH KTをご利用中のお客さまへ  | SoftBank