c731cabe.jpg

Windows Phone IS12Tにソフトウェア更新!

KDDIおよび沖縄セルラーは19日、国内初のWindows Phone 7.5(Mango)を搭載したスマートフォン「Windows Phone IS12T」(富士通東芝モバイルコミュニケーションズ製)にSMS (Cメール) の送信や緊急通報メールに対応するためのソフトウェア更新の提供を開始したことをお知らせしています。

ソフトウェア更新は、本日19日から順次開始されるということで、今回のアップデートによって下記の内容が更新されます。

・SMS (Cメール) の送信に対応 (注4)
  SMS (ショートメッセージ) 送信ガイド (81.6KB) [PDF]
・緊急通報メール「災害・避難情報」および「津波警報」に対応 (注5)

注4)
・国際ローミング中のSMS送信はできません。
 (2月以降にアップデートにより対応予定)
・一部地域において、エリア圏内表示であってもSMS送信ができない場合があります。
 (一部地域については下記ページにてご確認ください)
  WindowsR Phone IS12TでSMS送信ができないエリア
・MMS (添付ファイルの送信や、複数宛先送信) ができません。

注5) 「災害・避難情報」は2012年1月31日より、「津波警報」は3月末以降より提供予定となります。


6937ca73.jpg


アップデートは、アップデートが可能となったWindows Phone IS12Tには、更新プログラム公開が通知されます。ただし、通信環境などによって更新プログラム公開の通知が届かない場合もあるとのことで、必要に応じて「設定」→「電話の更新」にて確認して欲しいということです。

Windows Phone IS12Tをパソコンに接続し、Zune PCソフトウェアを利用して更新します。あらかじめ、インターネットに接続可能なパソコンと、Zune PCソフトウェアのインストール、および、microUSB-USB変換ケーブルを準備しておく必要があります。

Windows Phone IS12Tをパソコンに接続するとZune PCソフトウェアが起動しますので、画面の案内に従って更新を実施します。所要時間は約10分となっています。アップデートファイルは、約32MBとなっています。ソフトウェア更新中は、発着信を含むすべての操作が行えなくなります。

手順詳細やその他の注意事項は、「WindowsR Phone IS12T ソフトウェアアップデート手順書 (987KB)」から確認できます。

アップデートを実施する上での注意点は、以下のようになっています。注意してアップデートを行いましょう。

・アップデートはお客様の責任において実施してください。
・アップデート中は、110番 (警察)、119番 (消防機関)、118番 (海上保安本部) への発信を含めた電話の発着信、メール送受信など全ての機能がご利用になれません。
・アップデートは電池残量が十分にある状態 (フル充電) で実施してください。
・アップデート中は、WindowsR Phone IS12Tの電源を切ったり電池パックを外したりしないでください。アップデートに失敗することがあります。
・アップデートにはWindowsR Phone IS12T本体に200MB以上の空き容量が必要となります。
・アップデートは、WindowsR Phone IS12T本体データを残したまま行うことが出来ますが、万が一のトラブルに備え、アップデート前にWindowsR Phone IS12T本体データのバックアップをおすすめいたします。
・バックアップはZune PC ソフトウェアに接続して、Zune PC ソフトウェアから [設定] → [同期オプション] にて、すべてのコンテンツを同期して保存してください。


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
Windows (R) Phone IS12T アップデート情報 | スマートフォンなどアップデート | au by KDDI