ff28cb0b.jpg

ゼロから始めるスマートフォン

富士通が高齢者向けの「らくらくスマートフォン(らくらくスマホ)」を開発中であることが判明しています。

プラットフォームにAndroidを採用し、メニュー画面に手を加えて操作しやすいようにするそうです。

日本経済新聞電子版にて28日付で掲載された記事において、富士通執行役員常務の大谷信雄氏へのインタビューとして伝えています。

e47287d1.jpg


 韓国と中国メーカーがスマホ市場で勢力を増すなか、日本メーカーのグローバル展開が一向に進まない。富士通も世界展開を模索しているが、大谷氏は「他社とは違う切り口で世界を攻めていきたい」と話す。

 「欧州の携帯電話会社と話を進めているが、今年中にはどこかでスタートできると思っている。これまでは『正面玄関』から正攻法で攻めてきたが、ブランド力が弱くライバルには勝てなかった。防水技術では太刀打ちできず、価格競争でも厳しい要求を突きつけられた」(大谷氏)。

 そこで、富士通がグローバル展開の「武器」として海外の携帯電話会社に提案し始めたのが「らくらくスマートフォン(らくらくスマホ)」なのだという。

 「ドコモ向けをメインに開発しているが、これで海外展開を狙いたい。欧州も高齢化が進んでおり、携帯電話会社の関心も高い。端末と機能をセットにして提案を進めている」(大谷氏)。


同社は日本で10年以上にわたって簡単操作の携帯電話「らくらく」シリーズを展開してきました。

これをスマートフォンに載せ変えて、グローバル市場攻略の武器とするということです。現在はドコモ向けに開発が進められています。



ゼロから始めるスマートフォン
富士通、簡単操作の「らくらくスマートフォン」を開発中 | ゼロから始めるスマートフォン

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
国際展開の武器は「らくらくスマホ」 富士通が出した奥の手  :日本経済新聞
報道発表資料 : らくらくホンシリーズの累計販売台数が全国で2,000万台を突破 | お知らせ | NTTドコモ