c986f838.jpg

透過型の両面タッチパネルという新しいアプローチ

国内最大級の携帯電話や無線技術に関連したイベント「WIRELESS JAPAN 2012(ワイヤレス ジャパン 2012)」が2012年5月30日(水)~6月1日(金)の3日間に渡って東京ビッグサイトの西3・4ホールおよび会議棟で開催されています。

今回はNTTドコモブースにおいて「両面タッチパネルの透過型ディスプレイ」を参考出展していましたので、写真を中心に紹介します。

8079e441.jpg

展示されている透過ディスプレイ

試作品ということもあり強度的にまだ問題が多く(説明員によると落っことしたりすると簡単に壊れてしまうらしいです。)直接触れる事が出来ませんでした。

f59d22dc.jpg

透過型ディスプレイの概要


説明員によると、この透過型液晶は裏表両方とも感圧型タッチパネルになっており裏側で操作をすることで「表側の画面を手で覆うようなことを避けるように」操作したり、「裏側で画面をホールドして表側を操作して一部分を動かす」といったことができます。
尚、(現時点では)静電式タッチパネルにすると「片面で操作したときに反対側のタッチパネルも動きを認識していまうの」ため、現段階では両面感圧式タッチパネルでの出展となったそうです。

63286bf8.jpg

半透明の画面にAndroidが走っているのが確認できます。


実際に透過型ディスプレイを撮影した動画を用意しましたのでご覧ください。



実用化されて採用となった端末がいつ現れるかはわかりませんが楽しみですね!


記事執筆:河童丸


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
ワイヤレスジャパン公式
NTTドコモ公式