91784ae4.jpg

MEDIAS CH 101Nにソフトウェア更新!

ソフトバンクモバイルは11日、Androidスマートフォン「MEDIAS CH 101N」(NECカシオモバイルコミュニケーションズ製)にソフトバンクWi-Fiスポット設定アプリでまれにログイン失敗するなどの不具合が見つかったとしてネットワーク経由による本体ファームウェアアップデートサービス「ソフトウェア更新」を提供開始したことをお知らせしています。

今回の更新で修正される不具合は以下の2点です。更新にかかる時間は最大20分程度、更新期間は3年です。

・画面表示における描画パフォーマンスの向上
・ソフトバンクWi-Fiスポット設定アプリでまれにログイン失敗する事象の改善

※ 上記以外にも、より快適にご利用いただくための更新が含まれております


454b6377.jpg


ネットワークを利用したソフトウェア更新を実施させていただきます。
・対象のお客様には順次、ステータスバーのアイコンにてお知らせいたします。
・ソフトウェア更新には、空き容量が十分に空いたmicroSDカードが必要です。
・ソフトウェア更新後にソフトウェアバージョンが最新バージョンと異なる場合は、再度更新を実施してください。

※ ソフトウェア更新の具体的な操作方法につきましては、上記のソフトウェア更新手順をご参照下さい。
※ ソフトウェアのダウンロードは3G回線/Wi-Fi回線のどちらでも使用可能です。


≪バージョン確認手順≫
ホーム画面→ランチャー画面→設定→端末情報→ビルド番号

≪最新のソフトウェアバージョン(ビルド番号)≫
【101N】(ビルド番号):A1000151

<ソフトウェア更新を実施いただく上での注意点>
● ソフトウェア書き換え中は、発着信を含む携帯電話の各機能をご利用できません。また、緊急通報(110番、118番、119番)をご利用することもできません。 一回の更新完了までに最大20分程度かかる場合があります。
※ソフトウェアのダウンロード中は、上記の各機能・緊急通報をご利用いただけます。
● 本機の状況(故障・破損・水濡れ等)によっては、保存されているデータが破棄されることがあります。必要なデータは、ソフトウェア更新前にバックアップしておくことをおすすめします。 なお、データが消去した場合の損害につきましては、当社は責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
● 更新中は電池パックを外さないでください。故障の原因となる可能性があります。
● その他のご注意点はソフトバンクモバイルHP<<ソフトウェアアップデート>>をご確認ください。


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
MEDIAS CH SoftBank 101Nをご利用中のお客さまへ | SoftBank