49240a09.jpg

ゼロから始めるスマートフォン

東芝は20日、Androidタブレット「REGZA Tablet AT700/35D」および「REGZA Tablet AT700/46F」においてソフトウェアアップデートの配信を開始しています。

AT700/35DではAndroid 4.0(開発コード名:IceCream Sandwich;ICS)へのOSバージョンも含まれています。

それぞれのアップデート内容は以下のとおり。
■REGZA Tablet AT700/35D
・Android 4.0 に対応。
・最新のGoogleアプリケーションを適用。
・システムの安定性を改善。

■REGZA Tablet AT700/46F
・最新のGoogleアプリケーションを適用。
・システムの安定性を改善。


Android4.0へのバージョンアップについて、以下の注意事項が記載されています。
・アップデートを行うと元のバージョンに戻すことはできなくなります。
・アップデートを行うとお客様がインストールされたアプリケーションが正常に動作しない場合や、アプリケーションのアップデートが必要になる場合があります。
・アップデートを行う前に、あらかじめ内蔵フラッシュメモリに保存されているデータのバックアップを取ることをおすすめします。
・日本語入力システムが「FSKAREN」から「ATOK for Android」に変更になります。 「FSKAREN」の辞書設定(ユーザー辞書・ユーザー変換辞書・定型文)は、「ATOK for Android」へ引き継ぐことができません。
・電子書籍アプリ「BookPlace Reader EX」が追加されます。
・「ブックプレイスリーダー」をご使用のお客様はそのまま「ブックプレイスリーダー」をご利用になれます。 「ブックプレイスリーダー」から「BookPlace Reader EX」に変更した場合でも、 今まで購入されたコンテンツの購入情報は引き継がれます。


アップデートはメーカー提供のユーティリティーソフト「TOSHIBA Service Station」を使用して行います。画面右下のステータスエリアに[Service Station]アイコンが表示されますので、それをタップし、画面の指示に従ってアップデートを開始します。アプリ一覧から「TOSHIBA Service Station」を起動し、手動でアップデートの確認をすることも可能です。



ゼロから始めるスマートフォン
東芝、REGZA Tablet AT700 35D/46Fにアップデート配信、35DはAndroid4.0 ICSへ | ゼロから始めるスマートフォン

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
dynabook.com | スレート型タブレットサポート情報