70770463.jpg

今度のHONEY BEEはポップでかわいいのにハイスペック!

既報の通り、ソフトバンクモバイルは9日、2012年冬から2013年春にかけて発売する予定の新らしいスマートフォンなどを発表する「新商品発表会 「2012 Winter - 2013 Spring」」を都内で開催し、TD-LTEに完全互換性があるとされる超高速通信規格「AXGP」によるデータ通信サービス「SoftBank 4G」に対応したAndroidスマートフォン「HONEY BEE 201K」(京セラ製)を2013年1月下旬以降に発売すると発表しています。

HONEY BEE 201Kは、カラフルでポップでキュートな女子中高生に人気の「HONEY BEE」シリーズにおけるスマートフォン第2弾。SoftBank 4GやデュアルコアCPUなどハイスペックになったほか、自分撮り用インカメラにカメラ用ライトが搭載されていたり、大型なストラップ穴「ちょい足しリング」などが新しく搭載されています。

今回は、発表会の展示会場で実際にHONEY BEE 201Kを試すことができたので、写真と動画で紹介します。

58fb7349.jpg
4e9947b7.jpg


ボディーカラーは、ピンク、ホワイトピンク、オレンジ、グリーン、グロッシーパープルの5色展開。デザインは前モデル「HONEY BEE 101K」と同様に丸みを帯びた形状で、片手で持ちやすいコンパクトボディーを採用。サイズは暫定値ながら、大きさが約57×121×12.9mm、質量が約129gとなっています。

自分撮り用のインカメラに有効約200万画素の高画素カメラだけでなく、インカメラ用ライトも搭載したユーザーニーズに応えています。ディスプレイは3.7インチと前モデルの3.5インチから少し大型化し、ワイドVGA(480×800ドット)TFT液晶(最大1,677万色)を搭載。

HONEY BEE 101Kと同じく画面下には電話やメールなどよく使う機能をすぐ使えるようにハードキーを搭載。ただし、HONEY BEE 101Kとは配置が異なっており、左から通話キー、戻るキー、ホームキー、メニューキー、メールキーとなっています。HONEY BEE 101Kよりは出っ張りがなくなりましたが、押しやすいハードキーで、長押しすると通話キーで連絡帳、メールキーでメール作成が起動します。また、着信やメール受信に連動してキーイルミネーションが光るようになっています。

71c1c936.jpg
4b3f424f.jpg


また、大きな特徴として、端末上部に設置したリング形状の「ちょい足しリング」を搭載し、ストラップなどの飾りをつけて自分だけのスマートフォンにアレンジすることが可能です。このちょい足しリングはイルミネーションにもなっており、リングランプとして7色で着信やメール受信を通知することができます。

5a0390d0.jpg
c8045a38.jpg


背面には有効約810万画素のアウトカメラを搭載。カメラ機能では、10パターン以上のエフェクト機能でバラエティー豊かな写真撮影が可能で、美肌や目ぱっちり、小顔に編集することができ、かわいい自分をよりかわいくでき、まさに女子のニーズに合わせた機能を搭載しています。

他にも背面には赤外線端子やモノラルスピーカー、おサイフケータイのFelicaマークなどが配置されています。赤外線やおサイフケータイ以外の国内で需要の高い機能としては、防水(IPX5/IPX7準拠)やワンセグ、災害・避難情報や緊急地震速報を受信できる緊急速報メールにも対応。

バッテリーは容量が2000mAhとかなり大きくなっています。連続通話時間や連続待受時間は現在測定中。充電時間は約220分(AC アダプタ使用時)(暫定値)です。

79179892.jpg
7fea915f.jpg


左側面に電源キーやカスタマイズキー、音量上下キーが配置され、カスタマイズキーは好きな機能を割り当てられるようになっています。前モデルではカメラキーがありましたが、HONEY BEE 201Kには搭載されておらず、カメラキーを利用したい場合には、このカスタマイズキーにカメラ機能を割り当てて使うといったことになりますが、デフォルトでカスタマイズキーを長押しするとカメラが起動するようになっています。なお、短押しのデフォルトはすぐ文字に設定されているとのこと。

532742ea.jpg
5bd3d981.jpg


本体上部には外部接続および充電用のmicroUSB端子が配置。ネットワークもSoftbank 4Gやプラチナバンド(900MHz)に対応しているほか、ダイバーシティアンテナを搭載し、メインとサブの2つのアンテナで電波をキャッチするので、より安定した受信品質で高速データ通信が行えます。

7e7d42b3.jpg
6e82110f.jpg


ソフトウェア面では、引き続き、HONEY BEEの世界観で統一されており、壁紙やホーム画面、ロック画面、電話アプリ、オリジナルマイ絵文字、テンプレートなど、外観のデザインだけでなく中身までトータルデザインされています。

他にも、話すことで最適なアプリを起動できる「すぐごえ」を新しく搭載し、タッチパネルの操作をしなくても、使いたい機能やアプリを簡単に使えるようになりました。

1e76ccd2.jpg
ed867dcc.jpg

ae7b681f.jpg
91ddc758.jpg


Android 4.1(開発コート名;JellyBean)を採用し、動作がより素早くスムーズになったほか、Googleのコンシュルジュサービス「Google Now」で交通情報や付近の人気スポットなど、必要な情報を必要なときに入手できるようになっています。

プロセッサには最大1.5GHz駆動のデュアルコアCPUを搭載したQUALCOMM製「MSM8960」を搭載しており、非常にサクサクと快適に動作しています。また、通信チップも内蔵しており、TD-LTEとしてAXGPにも対応したワンチップとなっています。

無線LAN(Wi-Fi)はIEEE802.11a/b/g/n準拠、Bluetooth 4.0に対応。メモリー(RAM)は1GB、内蔵ストレージ(ROM)は4GB、外部ストレージ(メモリー)には最大64GBまで対応したmicroSD/microSDHC/microSDXCカードに対応しています。

e057a331.jpg
557af48d.jpg

9bc7cf85.jpg
868cc3b8.jpg


それでは、最後に実際に操作している動画をご覧ください。



※なお、今回試したのは発売前のバージョンであり製品版では仕様が異なる可能性があります。

■主な対応サービス・機能
ワンセグ赤外線通信(IrDA)Bluetooth®
おサイフケータイ®S!メール(MMS)Wi-Fi
世界対応ケータイULTRA SPEEDSoftBank 4G
GPSデコレメールスマートセキュリティ
緊急速報メールプラチナバンドNFC


■主な仕様
通信方式国内W-CDMA方式(900MHz/1.5GHz/2.1GHz)
AXGP方式(2.5GHz)
海外W-CDMA方式、GSM方式(900MHz/1800MHz/1900MHz)
サイズ(幅×高さ×厚さ)/重さ約57×121×12.9mm(突起部除く)[暫定値]/
約129g[暫定値]
連続通話時間/待受時間 W-CDMA網未定
GSM網未定
ディスプレー 約3.7インチWVGA(800×480ドット)TFT液晶(最大1,677万色)
モバイルカメラ(画素数/タイプ)メイン有効画素数約810万画素/CMOS(顔認識・AF・手ぶれ補正)
サブ有効画素数約200万画素/CMOS
外部メモリー/推奨容量microSDXCカード(別売)(microSD 2GB同梱)/最大64GB
内蔵メモリーROM4GB
RAM1GB
Wi-Fi(対応規格、周波数)IEEE 802.11 a/b/g/n(2.4GHz、5GHz)
Bluetooth®Ver.4.0
プラットフォームAndroid 4.1
カラーバリエーションピンク、ホワイトピンク、オレンジ、グリーン、グロッシーパープル


記事執筆:S-MAX編集部/写真・動画撮影:2106bpm


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
ソフトバンク、2012年冬~2013年春の新商品発表会を10月9日(火)10時から開催 - S-MAX - ライブドアブログ
記者説明会(ソフトバンクモバイル)
SoftBank (SoftBank) on Twitter
ソフトバンク(SoftBank)- Facebookページ
ソフトバンクモバイル
HONEY BEE SoftBank 201K(京セラ製)の概要 | ソフトバンクモバイル株式会社
京セラ製「HONEY BEE SoftBank 201K」新登場 | ニュースリリース | 京セラ
HONEY BEE 201K | 京セラ