ゼロから始めるスマートフォン

東芝は18日、同社のAndroid搭載タブレット「REGZA Tabletシリーズ」の新機種「REGZA Tablet AT374」を発表しました。2013年11月下旬に発売します。価格は3万円前後。

7.0インチ(600×1024ドット)ディスプレイを搭載した小型タブレットです。OSにはマルチユーザー対応のAndroid4.2を採用。家族など複数人で使いまわすのに便利です。低価格モデルですが、アプリ配信マーケット「Google Play」にも対応します。

CPUは中国製の安いタブレットのいわゆる“中華パッド”でしばしば使われる「RockChip RK3188」を採用。最大周波数1.6GHzのクアッドコアCPUです。内蔵メモリー(RAM)は1GBで、内蔵ストレージは16GB。背面300万画素、前面30万画素のカメラを備えています。

通信機能はIEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.0に対応。外部インターフェースはmicroUSB、3.5mmオーディオジャック、ステレオスピーカー、microSDカードスロット。センサー類はGPS、加速度センサー。バッテリー駆動時間は連続動画再生で約8.0時間。

本体のサイズは約115.8(幅)×197.0(奥行)×10.9(厚み)mm。重さは約345g。



ゼロから始めるスマートフォン
東芝、Android4.2搭載7インチタブレット「REGZA Tablet AT374」を11月下旬発売、価格は3万円前後 | ゼロから始めるスマートフォン

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
タブレット REGZA Tablet AT374 トップページ