日本通信が訪日外国人向けのプリペイドSIMカード「PAYG SIM」を発表!

日本通信は19日、外国から日本を訪れる人が音声通話・SMSとデータ通信の両方使えるプリペイドSIM「PAYG SIM(ペイジー・シム)」を2014年8月21日(木)より発売すると発表しています。

PAYG SIMの有効期間は7日間で、音声通話は国内・国際を問わず60分、データ通信は3GBまで使え、パッケージ料金は9,980円(税込)。

これは日本政府が推進する観光立国の実現に協力し、短期滞在の訪日客に最適な音声通話対応プリペイドSIMを販売し、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに向け、さまざまな分野での課題がある中、通信環境の準備を進めていく一環だとしています。

現在、訪日観光客は年間1000万人を突破したところですが、2020年には2000万人へと倍増することが予測されていますが、日本にはこれまで音声通話のできる短期滞在者向けのSIMカードがあまりないことから、来日する観光客やビジネスマンには日本滞在中に本国の家族や友人、会社との電話連絡、特に電話を受けることが困難という問題がありました。

そこで、今回販売するPAYG SIMは使い慣れた自分のスマートフォン(スマホ)のSIMカードをPAYG SIMに差し替えるだけで、短期間の訪日でも国内・国際通話やSMSがすぐに使えるようになっています。

PAYG SIMは訪日旅行者が特に多い中国および台湾、香港の人向けには中国語パッケージ、その他の国からの訪日客には英語パッケージの2種類を用意し、SIMカードは標準(2FF)およびmicroSIMカードサイズ(3FF)、nanoSIMカードサイズ(4FF)の3サイズを用意しています。

PAYG SIMはまずはヨドバシカメラおよび日本通信のWebサイト( http://www.bmobile.ne.jp/payg_sim/ )で8月21日より販売を開始し、政府の協力を得ながら、訪日旅行者にとって購入しやすい場所での販売を広げていくとしています。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
日本通信、東京2020オリンピックの通信環境を準備 短期滞在の訪日客向け音声SIM新発売
PAYG SIM | b-mobile