ゼロから始めるスマートフォン

東芝は27日、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けの2000万画素CMOSイメージセンサー「T4KA7」を製品化し、サンプル出荷を開始したと発表しています。

コンパクトデジタルカメラ(以下、コンデジ)の光学サイズに迫る1/2.4インチとなっており(通常のコンデジは1/2.3インチが主流)、画素数はスマホなど向けとしては最高クラスとなる2000万画素の裏面照射型CMOSイメージセンサーです。

画素サイズ1.12μmの画素を採用することにより、チップサイズの小型化を図り、モジュール高さ6mm以下の実現に貢献するしてます。フレームレートも同社製従来製品に比べ1.8倍の22fpsに高速化されています。

なお、本製品を搭載したリファレンスモジュールも開発中であり、2014年9月1日(月)から提供される予定です。

◯出力可能サイズとフレームレート(最大)
出力モード
(出力画素数)
アスペクト比フレームレート
(RAW10ビット出力)
20.2M(5384×3752ピクセル)10:722fps
18.8M(5000×3752ピクセル)4:324fps
16.3M(5384×3032ピクセル)16:928fps




ゼロから始めるスマートフォン
東芝、スマートフォン・タブレット向けの2000万画素裏面照射型CMOSセンサーを製品化、サンプル出荷を開始 | ゼロから始めるスマートフォン

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
スマートフォンやタブレット向け20メガピクセルCMOSイメージセンサの製品化について | センサ | 東芝 セミコンダクター&ストレージ社