お求めやすい価格帯のSIMフリースマホ「HUAWEI P10 lite」を紹介!

スマートフォン(スマホ)やタブレットなどといった情報通信機器を手がける華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)が6月日にフラグシップ「Pシリーズ」の廉価モデルの最新機種「HUAWEI P10 lite」を日本でも発売しました。

希望小売価格は29,980円(税別、以下すべて税別)となっており、Amazon.co.jpなどのECサイトや家電量販店、仮想移動体通信事業者(MVNO)などを介して販売されています。

廉価版ながらも約5.2インチの高精細なフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶ディスプレイを採用。本体にはメタルフレーム素材を使用し、さらにパワーアップしたオクタコアCPUを搭載するなど、前機種「HUAWEI P9 lite」と同様にコストパフォーマンスに優れたモデルとなっています。

今回、HUAWEI P10 liteをお借りする機会に恵まれましたので、ファーストインプレッションをお届けします。

DSC00794
HUAWEI P10 liteの化粧箱


DSC00799

DSC00801
表面下部には「HUAWEI」の印字が施されている

本体には約5.2インチフルHDディスプレイを搭載しており、廉価モデルにありがちな「画面が荒い」と言った印象は受けません。表面には硬度7Hを誇る傷がつきにくいガラス素材を採用しているため、保護フィルムがなくてもある程度は安心して使えると言った印象があります。ガラスは2.5Dラウンド加工が施されており、自然に手に馴染む人間に優しいデザインとなっています。

DSC00804
フロントカメラには約800万画素のセンサを搭載している

フロントカメラはF2.0の約800万画素センサーを搭載しており、後述するリアカメラのF2.2に比べると明るいレンズを搭載していることがポイントです。これによって、近年需要が増えてきている自撮り(セルフィー)撮影でも明るく綺麗に撮影することが可能となっています。

DSC00809
上位モデルの顔である“ダブルレンズカメラ”は非搭載


DSC00795
ガラスを多用した落ち着いたデザイン

背面は表面同様にガラス素材を採用しており、非常にシンプルです。下部にはHUAWEIの印字が施されており、中央には指紋認証センサーを搭載しています。本体のロック解除はもちろん、アラームの停止やカメラのシャッターがわりにも使用することが可能で実用的です。リアカメラはF2.2、約1200万画素のCMOSセンサを搭載しています。

DSC00806
イヤホンジャックはしっかり搭載

本体上部には3.5mmイヤホンマイク端子とノイズキャンセリング用のサブマイクをしっかりと搭載。iPhone 7をはじめ、最近の機種ではイヤホンジャックを廃止する動きがあるだけにしっかり残してきたという点は評価できるでしょう。

DSC00797
充電には一般的なmicroUSBを採用している

本体下部にはmicroUSB端子とスピーカー、マイクを搭載。最近流行の兆しが見えるUSB Type-C端子には非対応ですが、価格を考えたら及第点と言ったところでしょう。

DSC00812
microSDカードは搭載可能だがDSDSには非対応

SIMトレイには2枚のnanoSIMカード(4FF)を搭載することが可能ですが、サブスロットは2G(GSM方式)のみとなり、残念ながら4G+3GのデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)には非対応となります。サブスロットには最大128GBまでのmicroSDカードに対応します。auに関しては、高品質な通話が可能なVoLTEにも対応予定となっています。対応する通信方式は以下の通りです。

FDD-LTE: B1/3/5/7/8/18/19/26
TD-LTE: B41
W-CDMA: B1/5/6/8/19


IMG_20170701_141734

IMG_20170706_181213
リアカメラを用いて悪環境で撮影した作例

実際にHUAWEI P10 liteを用いて撮影してみると、暗所での撮影でもかなり明るく撮影できているため、普段使いには全く問題がないクオリティーです。しかし、残念ながら逆光には弱く、光源環境が悪い状況での撮影にはやや不向きな印象です。

DSC00803
“コスパ最強”の後継機からも目を離せない

昨年発売され、その安価な価格設定や使いやすさで日本でも爆発的に販売数が伸びた前機種のHUAWEI P9 lite。今回のHUAWEI P10 liteもHUAWEI P9 liteと同様に使い勝手は上々で希望小売価格も29,980円とお手軽な価格帯に収まっています。

質感も上々でコストパフォーマンスという面では正しく最強とまでも言えるレベルなので、「安価でもまとも」なスマホを探している方にとっては一触の価値のあるスマホだと言えるでしょう。



記事執筆:雪華


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
HUAWEI P10 lite 関連記事一覧 - S-MAX