ウルトラスリムノートPC「HUAWEI MateBook X」は14万4800円から!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は7日、ウルトラスリムノートブックPC「HUAWEI MateBook X」を発売した。A4サイズより小さい筐体に13インチアスペクト比3:2の13インチ狭額縁ディスプレイを搭載し、厚さ約12.5mm、重さ約1.05kgの薄型モバイル向けのクラムシェル型PCだ。

本体のバリエーションにはIntel Core i7+512GB SSDモデルとIntel Core i5+256GB SSDモデル、さらに「Microsoft Office Home & Business Premium プラス Office 365サービス」付きモデルがある。本体価格はCore i5・Officeなしモデルが144,800円、Office付きが172,800円、Core i7・Officeなしモデルが173,800円、Office付きが201,800円だ(すべて税抜)。

共通するスペックとして、8GB内蔵メモリー(RAM)、2160×1440ドットIPS液晶、USB Type-C端子×2、ヘッドフォン端子、約100万画素カメラ、指紋センサー、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.1、Windows 10 Home 64ビットなど。また本体色は、Core i7モデルが「プレステージゴールド」、Core i5モデルには「Roseゴールド」、「スペースグレー」がある。

今回は4日に開催された「ファーウェイ・ジャパン新製品発表会」のタッチ&トライ会場でMateBook Xに触れることができたので、写真と動画で紹介していく。

02

写真はCore i5モデルのローズゴールド。Dellなども13インチの狭額縁ノートPCを出しているが、ディスプレイ上部にカメラを搭載しながら奥行211mm、幅は286mmとそれよりも小さい。ディスプレイは16:9より上下が広い3:2であり、Office系のソフトも使いやすい。アスペクト比を変更したことで、同じ13インチでも横幅を狭めることができたという見方もできる。

03

天板などはスマートフォン(スマホ)でお馴染みのサンドブラスト加工がなされており、キーボード面のエッジ部分にはダイヤモンドカット、ディスプレイは凹凸がないフラットデザインにCorning製「Gorilla Glass」を採用するなど、スマホのイメージをそのまま再現したような筐体だ。なお、タッチパネルは非搭載。

04

コンパクトな筐体は、厚さにもこだわっており、特にキーボード側はCore i7やCore i5を搭載しながらこの薄さを実現している。

05

モバイルノートPCには1kgを切るPCがあるため、重さ1.05kgにはそれほどインパクトはないが、フルメタルボディーで13インチであることを考えれば十分軽い。

07

放熱用の素材を内蔵することでファンレス化を実現している。これによってファンの動作音がしないのはもちろんだが、エアーフローのためのスリットがないため、ホコリが入ることもない。一方で、負荷が掛かった場合の発熱とCPUの動作が気になるところ。

06


08

キーボードは筐体の横幅ギリギリまで広がりキーの大きさを確保している。タッチパッドは大きめだが、中央にレイアウトされている。キー1個分左に位置していれば、ホームポジションに手を置いた状態でも左手親指での操作が楽になりそうなのだが、そういった考えはなかったのだろうか。

09

電源キーには指紋センサーが搭載。Windows 10の「Windows Hello」機能で指紋を登録しておけば、指紋認証で簡単にログインできるほか、ファーウェイの独自機能で電源オン時に指紋を専用チップで認証し、そのままWindows Helloの認証もパスすることができる。

11

左側面にはUSB Type-C端子とイヤホン端子がある。付属のACアダプターはスマホやタブレットを充電するようなコンパクトなものだ。

12

右側面にはUSB Type-C端子がある。

13

プロジェクターや外部ディスプレイへの出力を可能とすると別売の「MateDock 2」はケースや筐体が変更になり、シンプルなものとなった。販売価格は7,300円。ケーブル側にはUSB 3.0 Aコネクタがある。

14

左からHDMI、VGA、充電用USB Type-C端子が並ぶ。

15

アスペクト比3:2のディスプレイは、タスクバーがあっても窮屈にならずブラウザやOfficeソフト、画像編集ソフトなどが扱えるのが良い。バッテリーは約10時間持つと言うことで、安心して外で使えそうだ。

【MateBook XとMateBook Eを動画で紹介】

動画リンク:https://youtu.be/JsBbAY0LI6s

【ファーウェイ・ジャパン新製品発表会のゲストトークセッション】

動画リンク:https://youtu.be/bgXX3mwUpqs

100
Core i7モデルのプレステージゴールド
101
Core i5モデルのスペースグレー

キーボードの打鍵感が良くノートPCとしては使いやすいように感じたが、ファーストインプレッションで気になったのは、ディスプレイは片手で開けるものの途中でキーボード側も浮いてしまうのが惜しい。

細部のつくりなど、スマホでお馴染みの仕上げが成されているなど、ファーウェイらしさがあり、ファンレスなど技術的にも面白いものを持っている一方で、デザインやスペックなどまとまりすぎており、他にはない尖った要素、例えばSIMカードが使えるなど通信技術についてもファーウェイらしさも欲しいと感じた。



記事執筆:mi2_303


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
世界第3位スマホメーカーが、ついに日本のパソコン市場に本格参入! ファーウェイとして初となる13インチウルトラスリムノートブックPC 『HUAWEI MateBook X』 7月7日(金)より発売 | 最新ニュース | ファーウェイ・グローバル
HUAWEI MateBook X | Tablet and PC | HUAWEI Global