Android SDKコマンドラインツールをWindows 10にインストールする方法を紹介!

Android向けアプリの開発やパソコン(PC)などからAndroidを制御できるコマンドラインツール「Andrid Debug Bridge(ADB)」を利用する際に必要となる「Android SDK」は、いくつかの導入方法が存在しています。

基本的には、統合開発環境とセットでインストールするようになっているのですが、統合開発環境とは分けてインストールする方法もあります。

そこで今回は、この統合開発環境をインストールせずにAndroid SDKを導入する「Android SDKコマンドラインツール」をWindows 10搭載PCにインストール方法をご紹介します。

【必要なファイルをダウンロード】

01-1-android-sdk-tools-download

まず、Android SDKコマンドラインツールをインストールするにあたり、下記の2点が必要になります。

1)Android SDKコマンドラインツール
2)Java Runtime Environment(JRE)

Android SDKコマンドラインツールはAndroidの開発者向け公式Webページ「Android Studio と SDK ツールをダウンロードする | Android Studio」にアクセスし、ページを下にスクロールさせ、「コマンドライン ツールのみ入手する」のところまで移動します。

今回は、Windows 10に導入するため、このうちの「sdk-tools-windows-~.zip」をクリックして、Android SDKコマンドラインツールをダウンロードします。

次に「Java SE Runtime Environment 8 - Downloads」にアクセスして「Accept License Agreement」にチェックを入れ、Windows x86 Offline(32ビットOSを利用している場合)もしくはWindows x64 Offline(64ビットOSを利用している場合)をクリックして、JREをダウンロードします。

【JREをインストールする】

04-jre-install-03

先ほどダウンロードしてきた、JREのセットアップファイル(画面例は64ビットバージョン)をダブルクリックします。

04-jre-install-04

すると、JREのインストーラーが立ち上がりますので、「インストール」をクリックします。

05-jre-install-05

インストールが実行されるので、完了するまでしばらく待ちます。

06-jre-install-06

インストールが完了したら「閉じる」をクリックします。

【Android SDKコマンドラインツールをインストールする】

07-android-sdk-tools-install-01

次に、先ほどダウンロードしてきたAndroid SDKコマンドラインツールのZIPファイルを右クリックして「全て展開」をクリックします。

08-android-sdk-tools-install-02

すると、ZIPファイルの展開先を指定する画面が出てくるので、そのまま「展開」をクリックします。

09-android-sdk-tools-install-03

「tools」というディレクトリが展開されます。

11-android-sdk-tools-install-05

次にCドライブを開いて「android」というディレクトリを作成します。

12-android-sdk-tools-install-06

さらに、先ほど作成した「android」ディレクトリをダブルクリックして「sdk」というディレクトリを作成します。

13-android-sdk-tools-install-07

作成した「sdk」フォルダをダブルクリックし、先ほど展開した「tool」ディレクトリをコピーして貼り付けます。

14-android-sdk-tools-install-08

このように展開されていれば、準備完了です。

15-android-sdk-tools-install-09

次にスタートメニューを右クリックし、「Windows PowerShell(管理者)」をクリックします。

16-android-sdk-tools-install-10

PowerShellが起動したら、「cd /android/sdk/tools/bin」と入力して、Enterキーを押して、先ほど準備した「tools」ディレクトリに移動します。

17-android-sdk-tools-install-11

次に、Android SDKに必要な「platform tools」をインストールします。

PowerShellで「.\sdkmanager platform-tools --sdk_root=C:\android\sdk」と入力して、Enterキーを押します。

18-android-sdk-tools-install-12

すると、ライセンス条項に同意されるか尋ねられますので、表示されたライセンス条項を読み、問題無ければ「y」を入力した後、Enterキーを押します。

19-android-sdk-tools-install-13

問題なくインストールが完了すると「done」と表示されます。

20-android-sdk-platform-tools-install-01

実際に「C:\android\sdk」ディレクトリの中身を確認すると、「platform-tools」ディレクトリが作成されていることが確認できます。

21-android-sdk-platform-tools-install-02

「platform-tools」ディレクトリの中身を確認すると、「adb.exe」など必要な物がダウンロードされていることが確認できます。

【platform-toolsへパスを通す】

22-android-sdk-platform-tools-install-03

このままでは「adb.exe」を利用する場合、毎回「C:\android\sdk\platform-tools\adb.exe」と入力する必要があり、非常に面倒です。

そのため、platform-toolsへパスを通す必要があります。パスを通すため、エクスプローラーを開き、「PC」を右クリックし、「プロパティ」をクリックします。

23-android-sdk-platform-tools-install-04

すると、システムのプロパティが表示されますので、左欄の「システムの詳細設定」をクリックし、「環境変数」ボタンをクリックします。

24-android-sdk-platform-tools-install-05

すると、環境変数設定画面が表示されるので、「ユーザー環境変数」の「Path」をクリックし、上の「編集」をクリックします。

25-android-sdk-platform-tools-install-06

環境変数名の編集画面が表示されるので、「新規」をクリックします。

26-android-sdk-platform-tools-install-07

環境変数の入力欄にカーソルが移りますので、「C:\android\sdk\platform-tools」と入力し、「OK」をクリックします。

27-android-sdk-platform-tools-install-08

すると、環境変数編集画面に戻りますので、「OK」をクリックして画面を閉じます。

28-android-sdk-platform-tools-install-09

一度開いているPowerShellを閉じ、再度スタートメニューを右クリックし、「Windows PowerShell(管理者)」をクリックして、PowerShellを立ち上げます。

そして、試しに「adb」と入力してEnterを推してみると、adbを開けるようになります。これで、楽にadbを利用できるようになっています。なお、実際にadbを使うには、Android搭載製品で「端末情報」の「ビルド番号」を連続で押して「開発者オプション」を有効にし、開発者オプションの「USBデバッグ」をオンにして利用を許可する必要があります。

以上でAndroid SDKコマンドラインツールのインストールは完了です。これでadbが使えるようになりましたので、PCからアプリ(APKファイル)をインストールしたり、Nexusシリーズなどの公式にファクトリーイメージが配布されている場合にはイメージを導入することが可能となります。

記事執筆:YUKITO KATO


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Android Studio と SDK ツールをダウンロードする | Android Studio
Java SE Runtime Environment 8 - Downloads