2画面スマホ「M Z-01K」が発表!ZTE AXON Mのdocomo版

NTTドコモは18日、今冬および来春に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会」を開催し、約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)TFT液晶デュアルディスプレイを搭載した折りたたみ型スマートフォン(スマホ)「M Z-01K」(ZTE製)を発表しています。

発売時期は2018年1月を予定し、ドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が実施される予定。

本のように閉じて持ち歩き、開くと2つのディスプレイが使えるいわゆる“2画面スマホ”で、日本では2013年にNTTドコモから発売された「MEDIAS W」以来となります。見開きで使うと、5.2インチ液晶×2で6.8インチ相当の大画面で使えるのが特長で、NTTドコモ主導の企画としてグローバル展開することになったということです。

そのため、海外でも昨日10月17日にアメリカ・ニューヨークでZTEの発表会が行われ、NTTドコモ以外ではアメリカのAT&T Mobilityや中国の中国電信およびECサイト「JD」で販売されます。なお、AXON Passport M Programが発表されましたが、NTTドコモは対象外となっています。

Z-01K_BK_01_開き・正面_640

M Z-01Kはデュアルディスプレイを搭載した折りたたみ時スマホです。テーマは「想像を超える。無限の可能性。」とのことで、折りたたんだ状態(1画面)、開いた状態(2画面と大画面)、テーブルに開いた状態(ミラー)の4つの操作モードを用意し、それぞれ便利に使えるユーザーエクスペリエンス(UX)を導入しています。

例えば、2画面で横持ちとした時には下の画面はキーボード入力に使用するなど多種多様な使い方をサポートしているほか、上の画面でYouTubeなどの動画を視聴しながら下画面ではコメントや関連動画を見るなどの使い方を紹介し、これを「Extend Mode」と呼んでいました。

また縦持ちしたときには左右に個別のアプリを表示させる「Dual Mode」や2つのディスプレイに同じ画面を表示する「Mirror Mode」にも対応。ZTEでは開発者向けに情報も公開しており、2画面に適した使い方ができるアプリなどの開発を促しています。

各モードは画面内に表示されているホームボタンなどのオンスクリーンボタンの右端にある「モード切替ボタン」でツーステップで変更でき、マルチウィンドウと併用するとさらに多くの情報を同時に扱えるようになります。

Z-01K_BK_02_開き・背面_640

Z-01K_BK_03_閉じ・正面背面_640

主な仕様はQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 821(MSM8996Pro)」(クアッドコアCPU「2.15GHz×2+1.6GHz×2」)および4GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット(最大256GBまで)、約2030万画素リアカメラ(F1.8)、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.2、NFC Type A/B、USB Type-C端子など。

電池は2930mAhバッテリー(取外不可)で、急速充電「Quick Charge 3.0」に対応。サイズ(折りたたみ時)は約151x72x12.1mm、質量は約230g(ともに暫定値)、本体色はBlackの1色のみ。OSはAndroid 7.1.2(開発コード名:Nougat)を採用。

SIMカードはnanoSIMカード(4FF)を採用。通信速度は下り最大500Mbpsおよび上り最大50Mbpsで利用可能。高音質通話サービス「VoLTE」には対応していますが、VoLTE(HD+)には非対応。またワンセグやフルセグ、防水、防塵、おサイフケータイ(FeliCa)にも対応していません。

m2

m
発表会ではNTTドコモが主導して開発したことをアピールし、海外ではAT&Tとボーダフォンが採用することを紹介


DSC_1134

DSC_1133

DSC_1132

DSC_1130

DSC_1131

DSC_1129

DSC_1128
上記の実機写真は開発中のもの

【M Z-01Kの主な仕様】
機種名M Z-01K
寸法(高さ×幅×厚さ:mm)約151×72×12.1
質量(g)約230
OSAndroid 7.1
ディスプレイ
(サイズ:インチ、解像度:ドット、方式、発色数)
約5.2インチ×2
フルHD 1080×1920
TFT液晶
1677万色
CPU
(チップ名、クロック)
Snapdragon 821 MSM8996
64bit対応クアッドコア
(2.2GHz×2+1.6GHz×2)
内蔵メモリ―
(ROM/RAM)
64GB/4GB
外部メモリ―
(最大対応容量)
microSDXC(256GB)
バッテリ―容量2930mAh
防水/防塵―/―
VoLTE/VoLTE(HD+)○/―
連続待受時間(静止時[自動])
(LTE/3G/GSM:時間)
未定
連続通話時間
(LTE/3G/GSM:分)
未定
電池持ち時間(時間)※1未定
通信速度(LTE、受信時最大/送信時最大※2500Mbps/50Mbps
Wi-Fi
(対応規格:IEEE802.11a/b/g/n/ac)
○/○/○/○/○
Bluetooth(対応バ―ジョン)○(4.2)
赤外線
背面カメラ
(有効画素数、F値)
約2030万画素、F1.8
前面カメラ(有効画素数、F値)
おサイフケ―タイ(FeliCa/NFC[FeliCa搭載])―/―
ワンセグ/フルセグ―/―
生体認証○(指紋)
スグ電
エリアメ―ル
非常用節電機能
ハイレゾ音源※4
HDR動画再生対応
UIMカ―ドnanoUIM
充電端子USB Type-C
カラ―Black
メ―カ―ZTE
※1 NTTドコモ調べ。実際の利用状況(連続通話や動画を大量にダウンロードした場合など)によってはそれを下回る場合があります。
※2 通信速度は、送受信時の技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。ベストエフォ-ト方式による提供となり、実際の通信速度は、通信環境やネットワ-クの混雑状況に応じて変化します。
※3 ワンセグ・フルセグの視聴には同梱の外付けアンテナが必要です。
※4 ハイレゾ対応のヘッドセットやスピーカー(別売)が必要です。
※5 仕様は発表時点のもので、製品版は変更になる場合があります。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
報道発表資料 : 2017-2018年 冬春 新商品15機種を開発・発売 | お知らせ | NTTドコモ
[ZTEジャパン] 新製品2機種をNTTドコモより発売<br>折りたたみ式2画面を採用、4つの表示モードが新スタイルを提案、『M』 Z-01K<br>画面サイズとRAM、ROMがアップした、人気モデルの新バージョン、『MONO』 MO-01K - ZTE Japan
M Z-01K | 製品 | NTTドコモ