2in1 PCの問題を技術で解決したモバイルノートPC「VAIO A12」を写真と動画でチェック!

バイオが都内にて「経営方針説明会 及び 新製品発表会」を11月13日に開催し、Windows 10搭載のキーボード脱着式2in1パソコン(PC)として個人向け「VAIO A12」および法人向け「VAIO Pro PA」を発表した。

VAIO A12は12.5インチFHD(1920×1080ドット)液晶の2in1モバイルノートPCで、液晶部分を取り外すとタブレットPCとなるほか、取り外したキーボードがワイヤレスキーボードとして利用できる。特に法人向けの利用では、対面での接客業務などに利用できるなど利便性を考慮したものとしている。

主なスペックとして最上位モデルがIntel製チップセット(SoC)「Core i7-8500Y」プロセッサー、16GB LPDDR3内蔵メモリー(RAM)、1TB内蔵ストレージ(NVMe SSD)、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN(Wi-Fi)、3GおよびLTEに対応した無線WAN 、Bluetooth 4.1などだ。

また個人向けの標準仕様モデルではCore i5-8200Y、8GB LPDDR3 RAM、256GB SATA SSDとなっており、価格はソニーマーケティングの運営する「ソニーストア」においてSoCにCeleron-3965Yを搭載し、キーボードがセットになった最小構成モデルが132,800円(税抜)からとなっている。

なお、キーボードユニットにはUSB 3.0×1、USB 2.0×2、1000BAST-Tネットワーク、HDMI×1、D-Sub 15ピン×1、SDXC対応カードスロットが搭載されている。今回はバイオが作る“快”をめざしたデタッチャブルPCのVAIO A12を写真と動画で紹介していく。

02

従来のキーボード脱着式の2in1 PCは、タブレット本体とカバー型のキーボードのタイプやキーボードにタブレット本体を固定するタイプ、拡張機能を持たせたキーボードとドッキングさせてクラムシェル型になるタイプがあった。

これらのどのタイプも取り回しが良いタブレットとPCとして使う上で必要となるキーボードを組み合わせた結果に生まれた製品たちである。

しかしながら、カバータイプのキーボードは、シンプルな接続であるがゆえに、膝上で安定しないなどというように利用シーンが限定されていた。

またキーボードにドッキングさせるシンプルなタイプは、膝上で安定するものの、画面の角度調整ができないために見づらいという欠点があった。

それらの問題を解決できる稼働ヒンジを持つタイプは、通常のノートPCの液晶画面より重いタブレットを支えるために、キーボード側にもバランスが取れるよう重くする必要があった。

03

VAIO A12のキーボード側は拡張ポートとキーボードのみの構成であるため、タブレット側よりも軽いのだが、ヒンジを動かしても転倒しないよう「Stabilizer Flap」を新開発し、重心バランスを取りながら、軽量化を果たすことに成功した。

液晶面を開くとキーボードに角度が付くヒンジ構成と、背面の金属製フラップを組み合わせることで、重心バランスとVAIOらしい使い勝手の両方を実現している。

05

通常のノートPCと異なってあくまでキーボードのみの構成であることから設計の自由度も上がっているようで、コンパクトながら有線LANやUSB 3.0・2.0端子、HDMI、D-Sub端子などのビジネスに求められるインターフェイスをフル装備している。

06

セカンドバッテリー機能を持つキーボードも用意されており、タブレットのバッテリーと合わせることで最大約15時間の長時間駆動を可能としている。法人向けとしてはセカンドバッテリーとの組み合わせによるスタミナ仕様が訴求ポイントとなりそうである。

07

何よりも実機の使い勝手が通常のクラムシェル型のPCと同じなのが大きな利点となる。19mmフルピッチのキーボードと2ボタン装備のタッチパッドが使いやすい。また、静音仕様のキーボードや防汚・耐摩耗コーティングが施されているなど、ハイエンド機と同じ仕様を盛り込んでいる。

08

Stabilizer Flapは、ヒンジより奥に伸びることで重心バランスを取っているようである。Flap自体は金属だが、樹脂製の足が取り付けられており直接フラップがデスクに触れることはないため、スレなどの心配はなさそうだ。

09

タブレットの取り外しは、ヒンジ部分のロックスイッチを解除することで簡単に取り外すことができる。

12

閉じた状態でも外側にロックスイッチがあるので、タブレットだけを取り出して利用可能だ。こうした使い勝手への配慮がVAIOがめざす”快”を生むPCへの取り組みである。

11

タブレットはタッチ操作以外に4096段階の筆圧検知に対応したワコム製のペン操作にも対応する。ワイヤレス接続するキーボードは、Bluetoothではなく独自仕様の無線接続である。無線通信において気になるセキュリティーだが、入力文字がわからないよう暗号化通信をおこなっているとのこと。

13

端子類は、クラムシェル型のPCと異なり、タブレット側にも指紋センサーやSIMカードスロットがあるなど、VAIO A12らしい豊富なインターフェイスが特徴だ。


動画リンク:https://youtu.be/R07r9fUzFZE


14

なお、Stabilizer Flapや側面の金属部分パーツまでブラックに統一した「ALL BALCK EDTION」もラインナップ。ソニーストアにおいて最小構成が209,800円(税抜)からである。

ソニーストア 送料無料


記事執筆:mi2_303


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
新しい働き方を実現する「2 in 1」新モデル VAIO A12 / VAIO Pro PAを発表 | VAIO(PDF)
VAIO A12 12.5型ワイド(タッチ対応) | VAIO