タブレット「YOGA Tablet 2」と「YOGA Tab 3」に発火事案が発生!ソフトウェア更新と無償点検で対策

レノボ・ジャパンは12日、同社が販売したタブレット「YOGA Tablet 2」および「YOGA Tab 3」(ともにLenovo製)の一部製品でバッテリーの劣化が原因と考えられる発火事案が報告されたため、異常発熱・発火を未然に防いて安心して利用するためのソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

対象は2014年9月~2015年12月の間に製造されたYOGA Tablet 2および2015年10月~2019年9月に製造されたYOGA Tab 3の一部製品で、ソフトウェア更新によってバッテリー充電最適化設定が行われるということです。

ま今後も安心して利用できるように対象製品を持っているすべての人に同社の公式Webサポートにてチェックツール( https://pcsupport.lenovo.com/jp/ja/solutions/self-check-tool-service )を公開し、バッテリー点検の対象となるかの判定をお願いしています。

点検が必要と判定された製品については同社のサービスセンターにおいてバッテリーの無償自主点検を実施します。同社では対象製品を愛用している人に迷惑をかけたとして深く詫び、今後も安全を最優先に製品やサービスの向上に努めていくとしています。

02

Yoga Tablet 2およびYoga Tab 3について異常発熱・発火を未然に防いで安心して利用できるようにするために対象製品のバッテリー充電最適化設定のソフトウェア更新を実施します。対象製品およびソフトウェア更新の開始日は以下の通り。

バッテリー充電最適化設定はバッテリー充電条件を最適化するもの。Android搭載製品では無線LAN(Wi-Fi)などのネットワーク経由によるソフトウェア更新(OTA)が用意され、Windows搭載製品ではリペアセンターにてバッテリー無償点検の上、最適化設定を行うとのこと。

対象製品モデルソフトウェア更新開始日
YOGA Tablet 2YOGA Tablet 2-1050F10インチWi-Fiモデル2020年5月12日
YOGA Tablet 2-1050L10インチLTEモデル
YOGA Tablet 2-830F8インチWi-Fiモデル
YOGA Tablet 2-830L8インチLTEモデル
YOGA Tablet 2 Pro-1380F13.3インチWi-Fiモデル
YOGA Tab 3Lenovo YT3-X50F10インチWi-Fiモデル2020年5月14日
Lenovo YT3-X50L10インチLTEモデル
Lenovo YT3-850F8インチ Wi-Fiモデル
Lenovo YT3-850L8インチ LTEモデル
Lenovo YT3-X90F10インチ Wi-Fiモデル2020年5月15日
Lenovo YT3-X90X10インチ LTEモデル
Lenovo YT-X703F10インチ Wi-Fiモデル
Lenovo YT-X703X10インチ LTEモデル
YOGA Tablet 2(Windows)YOGA Tablet 2-1051F10インチ Wi-Fiモデルバッテリー点検時に最適化設定実施
YOGA Tablet 2-1051L10インチ LTEモデル
YOGA Tablet 2-851F8インチ Wi-Fiモデル

またバッテリー無償点検対象確認の結果、点検必要と判断された製品についてはサービスセンターにおいて一旦回収してバッテリーの無償点検を実施します。バッテリー無償点検対象確認はチェックツールにシリアル番号(S/N英数字)を入力して行います。

シリアル番号は以下のように各製品に記載されています。バッテリー点検対象製品であることが確認された場合はそのまま引取日時入力画面で手続きを進めます。引取対象はタブレット本体のみとなり、充電ケーブルやACアダプターは手元で保管しておけばOKです。

また受付開始当初はコールセンターや申し込み数が非常に込み合う事が予測されるため、1~2週間後などの日程での申し込みが推奨されています。なお、点検対象製品でない場合はソフトウェア更新を実施して継続して利用する案内されています。

YOGATablet2
YOGA Tablet 2のシリアルナンバー


YOGATab3
YOGA Tab 3のシリアルナンバー




記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
充電最適化アップデートのお知らせ - Lenovo JP