S-MAX

2011年12月

スマホで年越ししませんか?しみじみできる「除夜の鐘」【Androidアプリ】


これなら108回全部自分で撞けます。

大晦日です!

今年も今日で最後、残すところ後僅かとなりました。みなさん、やり残したことはありませんか?今、急いで年賀状を書いているという人もいるかもしれませんが、がんばってください。

さて、今回紹介するAndroidアプリは、1年の締めくくりのイベントの1つである「除夜の鐘」です。まさしく“除夜の鐘”を見る・聞くアプリなわけですが、お寺の除夜の鐘を直接聞くということはあまりないかもしれませんし、テレビ中継されている除夜の鐘もありますが、外に出かけていて見れなかったりといったこともあるかと思います。

そんな時には、このアプリでは、1年の最後を締めくくるのも良いかもしれません。では、早速、紹介していきたいと思います。

続きを読む

【年末企画】2011年に気になったモデルは?今年もキワモノ&合体モデルが登場したぜ(ライター・ホセ編)

da75ceff.jpg
今年購入した端末たち。主に値下がりしてから買っているので廉価モデルが多いような…?

ケータイ業界での2011年は、主に次世代通信の発展とスマートフォンの本格普及が目立った一年だと思います。
次世代通信ではUQやauのWiMAX、NTTドコモのXi(LTE)、ソフトバンクモバイルのULTRA SPEED、イー・アクセス(イー・モバイル)のG4があげられますし、スマートフォンの普及では国内メーカーがこぞってスマートフォンを市場投入したのも2011年の特徴となっています。

私の個人的な内容としては、年末の大事な時期に仕事用のPCが壊れてしまい、それはもう凹んだことで締めくくりになりそうであったりします(この原稿も眠っていたWILLCOM D4をたたき起こして書いています)
そんな中、ライター ホセが気になったモデルを紹介してみようと思いますが、決してオススメ端末であるとは限りませんのでご注意下さいませ。

なお、2011年に私が購入したモデルは、日本通信IDEOS、ドコモOptimus chat L-04C、MEDIAS WP N-06C、GALAXY S SC-02B、P-01D、イー・アクセス(イー・モバイル)GALAPAGOS A01SH、Pocket WiFi GP01だったりします。

では、早速、振り返っていきたいと思います。

続きを読む

Sony Ericsson、米国特許商標庁に「XPERIA ION」というワードを商標出願!新型Xperiaに使われる可能性

12d2cbbc.jpg

ゼロから始めるスマートフォン

ソニー・エリクソンは、米国特許商標庁に「XPERIA ION」というワードを12月13日に商標出願していたことが分かりました。

2012年モデルのXPERIAのうち、いずれかの商品名として使用される可能性があります。

続きを読む

【年末企画】2011年にワクワク感を感じた端末は?なぜAndroid搭載機種を3台も購入したのか!?(フォトグラファー・mi2_303編)

iOSもAndroidも個性が大事!

昨年は品薄状態になった人気のiPad、iPhone4を購入し、iOSな一年でした。全く新しい製品カテゴリーとなるiPad、デザインを一新ディスプレイも新しくなったiPhone4などappleの魅力全開で、春から夏にかけて世界的にお祭り騒ぎだったような印象でした。

さて2011年はというと、Android端末を3台購入するという、去年とは打って変わったAndroidな一年となりました。ちなみに春に発売となったiPad2も購入していますが、こちらはAndroid端末のような尖った進化はないものの、レスポンスが向上しさらに使いやすい端末となっています。

さてさて、ここからが本題。2011年は何故3台もAndroid端末を購入したのか?を振り返ってみたいと思います。

続きを読む

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社で「モバイル非接触ICサービス普及協議会」を設立

fb1396b7.jpg

ゼロから始めるスマートフォン

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンクの3社は、21日、日本国内におけるモバイル非接触ICサービスのさらなる拡大を目的として、「モバイル非接触ICサービス普及協議会」を設立したことを発表しています。
続きを読む

【年末企画】2011年に購入した"ピンクのスマートフォン"ベスト3!かわいいスマホが増えた1年(女子ブロガー・ちえ編)

8ecb97e2.jpg
ピンクが好きなんです!

こんにちは、ちえです。今年購入したスマートフォンから3つを選ぼう!というお題に沿って書いています。私は基本的に、日本仕様と呼ばれる「おサイフ」「ワンセグ」「赤外線」機能が入ったスマートフォンを好んで使っています。ワンセグは必須ではないのですが、モバイルSuicaユーザーなのでおサイフ機能はどうしても欲しい派です。

日本的な電話のUIにこだわった機種も好きで、スマートフォンを「電話」として置き換えるのであれば、やはり最低限の電話機能は充実して欲しいというのが私の考えです。

そんな観点から私が選んだ3機種を紹介していきます。

続きを読む

国内初!WiMAX内蔵のシャープ製メディアタブレット「GALAPAGOS EB-A71GJ-B」を写真でチェック!【レビュー】

f957d052.jpg

WiMAX内蔵の7インチタブレットをチェック!

UQコミュニケーションズおよび一部のMVNOで販売されているシャープ製のメディアタブレット「GALAPAGOS(ガラパゴス) EB-A71GJ-BS」(以下、GARAPAGOS)を写真を中心に紹介する。

GARAPAGOSは、Android 3.2(Honeycomb)を搭載した7インチのタブレット端末で、国内では初めてWiMAX通信モジュールを内蔵したAndroidタブレットとなる。12月9日(金)から発売が開始されており本体価格は44,800円、「まとめてプラン1670」で申し込みをした場合は4,800円になる。

続きを読む

【年末企画】2011年に購入した取材に活用できるスマートフォン・タブレットなどを振り返る(スポーツライター・こば編)

336b5415.jpg

今年は3つのガジェットを購入

年末年始気になった端末や気に入った端末を振り返って欲しい、とのことで、筆者が実際購入した3つの端末は、それぞれ気に入っているので、この3つを振り返ってみたいと思います。

筆者は、今年何回線か持っていたウィルコムの回線をすべて解約し、ドコモ3回線(音声・モバイルルーター・タブレット)とau1回線(IS01、キャンペーンを利用しほぼ無料で運用)の計4回線に集約させました。無駄遣いは嫌なので、今後これ以上は回線を増やさない方針です(むしろ減らす方向)。

今年買った端末は、年末に「ARROWS X LTE F-05D」、そして、秋口にWi-Fi機能のみの「iPod touch」、そしてタブレットの春の東日本大震災後に「Optimus Pad L-06C」という3機種となります。この3つの端末について、普段からサッカーの取材などを通して、どう利用して、どこが気に入っているのかなどを中心に振り返ってみます。



続きを読む

帰省のお供に役立つのか!?NTTドコモがついに東北全県でXiサービスを開始!気になる東北6県のエリアをチェック

c3a90b7b.jpg

Xiサービスインから1年、ついに東北全県でサービス開始!

NTTドコモの「Xi(クロッシィ)」サービス開始から1年が経過しました。東北では夏に宮城県で仙台駅周辺、宮城県庁・ドコモ東北支社周辺からXiエリアとなり、今では仙台市中心部はエリア化されています。

この度東北各県のドコモショップでは「2011.12.24 東北全県サービス開始!」と、東北全県でXiエリアが登場したことをパンフレットで発表しています。

今回はパンフレットのXiエリア地図を見ながら、東北のどのエリアでXiが使えるのかを見てみましょう。年末年始東北に帰省される方で、Xiスマートフォン・タブレットやデータ通信機器をお持ちの方はぜひ参考になさって下さい。なお、地図は11月末の情報で若干エリアには変動があるようです。

続きを読む

【年末企画】2011年に購入したスマートフォンでいろいろ振り返って私が薦めるベストバイはこれだ!(元ケータイ販売員・2106bpm編)

c60e73a2.jpg
側面でなんの機種か分かります?

今年もやって参りました年の瀬ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?一年経ってますます掃除と文章を書くことが苦手になっている2106bpm(Tsutomu-bpm)ですorz...

昨年に引き続き年末企画として今年の振り返りをしたいと思いますが、昨年以上に発表会などに顔を出すことが少なくなったため、お姉さんで振り返るのは困難を極め、急遽私が今年購入したデバイスを紹介しながら振り返ってみたいと思います。私としてはこの2011年は色々なデバイスに手を出した一年でした。要因はいくつかあるのですが、その辺りも含め色々と書いていきたいと思います。

昨年同様、いつもの記事とは違い緩い感じで書いていきます。多分この記事を読んでいる人は暇だと思うので最後まできっちり読んでくださいw

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。