S-MAX

2011年12月

スマホで年越ししませんか?しみじみできる「除夜の鐘」【Androidアプリ】


これなら108回全部自分で撞けます。

大晦日です!

今年も今日で最後、残すところ後僅かとなりました。みなさん、やり残したことはありませんか?今、急いで年賀状を書いているという人もいるかもしれませんが、がんばってください。

さて、今回紹介するAndroidアプリは、1年の締めくくりのイベントの1つである「除夜の鐘」です。まさしく“除夜の鐘”を見る・聞くアプリなわけですが、お寺の除夜の鐘を直接聞くということはあまりないかもしれませんし、テレビ中継されている除夜の鐘もありますが、外に出かけていて見れなかったりといったこともあるかと思います。

そんな時には、このアプリでは、1年の最後を締めくくるのも良いかもしれません。では、早速、紹介していきたいと思います。

続きを読む

【年末企画】2011年に気になったモデルは?今年もキワモノ&合体モデルが登場したぜ(ライター・ホセ編)

da75ceff.jpg
今年購入した端末たち。主に値下がりしてから買っているので廉価モデルが多いような…?

ケータイ業界での2011年は、主に次世代通信の発展とスマートフォンの本格普及が目立った一年だと思います。
次世代通信ではUQやauのWiMAX、NTTドコモのXi(LTE)、ソフトバンクモバイルのULTRA SPEED、イー・アクセス(イー・モバイル)のG4があげられますし、スマートフォンの普及では国内メーカーがこぞってスマートフォンを市場投入したのも2011年の特徴となっています。

私の個人的な内容としては、年末の大事な時期に仕事用のPCが壊れてしまい、それはもう凹んだことで締めくくりになりそうであったりします(この原稿も眠っていたWILLCOM D4をたたき起こして書いています)
そんな中、ライター ホセが気になったモデルを紹介してみようと思いますが、決してオススメ端末であるとは限りませんのでご注意下さいませ。

なお、2011年に私が購入したモデルは、日本通信IDEOS、ドコモOptimus chat L-04C、MEDIAS WP N-06C、GALAXY S SC-02B、P-01D、イー・アクセス(イー・モバイル)GALAPAGOS A01SH、Pocket WiFi GP01だったりします。

では、早速、振り返っていきたいと思います。

続きを読む

Sony Ericsson、米国特許商標庁に「XPERIA ION」というワードを商標出願!新型Xperiaに使われる可能性

12d2cbbc.jpg

ゼロから始めるスマートフォン

ソニー・エリクソンは、米国特許商標庁に「XPERIA ION」というワードを12月13日に商標出願していたことが分かりました。

2012年モデルのXPERIAのうち、いずれかの商品名として使用される可能性があります。

続きを読む

【年末企画】2011年にワクワク感を感じた端末は?なぜAndroid搭載機種を3台も購入したのか!?(フォトグラファー・mi2_303編)

iOSもAndroidも個性が大事!

昨年は品薄状態になった人気のiPad、iPhone4を購入し、iOSな一年でした。全く新しい製品カテゴリーとなるiPad、デザインを一新ディスプレイも新しくなったiPhone4などappleの魅力全開で、春から夏にかけて世界的にお祭り騒ぎだったような印象でした。

さて2011年はというと、Android端末を3台購入するという、去年とは打って変わったAndroidな一年となりました。ちなみに春に発売となったiPad2も購入していますが、こちらはAndroid端末のような尖った進化はないものの、レスポンスが向上しさらに使いやすい端末となっています。

さてさて、ここからが本題。2011年は何故3台もAndroid端末を購入したのか?を振り返ってみたいと思います。

続きを読む

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社で「モバイル非接触ICサービス普及協議会」を設立

fb1396b7.jpg

ゼロから始めるスマートフォン

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンクの3社は、21日、日本国内におけるモバイル非接触ICサービスのさらなる拡大を目的として、「モバイル非接触ICサービス普及協議会」を設立したことを発表しています。
続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。