S-MAX

2017年01月

ソニーネットワークコミュニケーションズ、スマホなど向けニュース&RSSリーダーアプリ「ニューススイート」のiPhone版を提供開始!S-MAXも選ぶだけで簡単に購読可能


ニュースアプリ「News Suite」のiPhone版がリリース!

ソニーネットワークコミュニケーションズ(旧、ソネット)は23日、スマートフォン(スマホ)など向けのニュースアプリ「ニューススイート(News Suite)」のiPhone向けを2017年1月23日(月)に提供開始したとお知らせしています。Android向けについては以前より提供済み。

利用料はAndroid向けもiPhone向けも無料。すでに対応OSはiOS 9.0以降およびAndroid 4.1(開発コード名:JellyBean)以降。Android向けアプリが世界70か国で配信され、すでにインストール総数5000万、月間利用者数が700万だとのこと。

当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」もチャンネルが登録されており、アプリ起動後のトップ画面のタブから「お気に入り」→「カテゴリ/URL」を選び、下にスクロールして「テクノロジー」→「ガジェット」の中にある「S-MAX(エスマックス)」の右側の「+」ボタンを押すと購読できます。

続きを読む

Samsung、Galaxy Note7の爆発の原因は電池の欠陥が原因と発表!次期フラッグシップスマホ「Galaxy S8」はMWC 2017で発表せず、すべての製品で安全第一に


サムスン電子が「Galaxy Note7」の爆発事故の原因を最終発表!

Samsung Electronicsは23日(現地時間)、爆発(発火・発煙)問題があった同社製スマートフォン(スマホ)「Galaxy Note7」の調査結果を発表しています。韓国・ソウルではプレスカンファレンスを開き、冒頭に消費者や販売店、携帯電話事業者などのすべてに対して謝罪を行い、今後はすべての製品で安全第一で再発防止に務めると説明しました。

調査会社や各大学の専門家などの外部機関と協力して調査した結果として、原因は最終的にも電池の欠陥と結論。同社では電池供給メーカーに法的責任は求めず、電池の仕様を決めて同社の責任であると説明し、高密度化などによって大きさが不揃いになるなどの問題があったとしています。

同社では再発防止策も導入し、品質管理と検査の徹底を行っていくとのこと。また、一部報道にあったようなその他のGalaxy Note7におけるハードウェアやソフトウェアの設計については爆発の原因ではなかったということです。

その他、プレスカンファレンスでは次期フラッグシップスマホ「Galaxy S8」シリーズについて言及し、スペイン・バルセロナで2月27日より開催される世界最大級の携帯電話関連展示会「Mobile World Congress 2017(MWC 2017)」では発表しないことを明言した報じられています。

続きを読む

世間を騒がせているIoT向けウイルス「Mirai」とは?その仕組みや大規模流行した理由、対策などを紹介


サイバー攻撃を地図上に可視化した「Norse Attack Map」。ウイルスなどの脅威が拡大中

昨年後半から猛威を振るい始めたIoT(Internet of Things)機器をターゲットにしたウイルス(マルウェア)「Mirai(ミライ)」。最近ではニュースでもちらほらと聞くようになったと感じる人もいるのではないでしょうか。

本記事では、今世間を騒がせているウイルスのMiraiについて、その仕組みや拡大した理由などを詳しく紹介していきたいと思います。

続きを読む

NTTドコモ、iPhone 6s・6s Plusを新規でも一括約1万円からに値下げ!端末購入サポートに追加し、下取りなど0円にも――32GBモデルは本体価格も値下げ


docomoがiPhone 6sシリーズを新規でも一括約1万円からに値下げ!

NTTドコモは20日、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にてApple製スマートフォン(スマホ)「iPhone 6s」および「iPhone 6s Plus」における新規契約について12ヶ月の継続契約を条件に機種の購入代金を割り引く「端末購入サポート」に追加するとお知らせしています。

対象は両機種ともに16GBおよび32GB、64GB、128GBモデルで、これまでにも他社から乗り換え(MNP)で端末購入サポートによる割引に切り替わっていましたが、新たに新規契約でも端末購入サポートに追加され、一括10,368円(分割432円/月)からとなっています。

また32GBモデルについては本体価格も値下げされています。なお、機種変更ではその分だけ「月々サポート」が減額されて実質負担額は変わっていませんが、一括支払いする場合には購入しやすくなっています。

複数台同時購入で5,184円が割り引かれる「家族まとめて割」や今もしくは以前使っていた製品を買い取ってくれる「下取りプログラム」を利用すれば「iPhone 5s」(良品)が15,000円、「iPhone 6」や「iPhone 6 Plus」なら22,000円が割り引かれます。

続きを読む

JTの新型電子タバコ「Ploom TECH」で利用可能!DEMOS製「PloomTECH互換バッテリーキット」がAmazon.co.jpで販売開始


Ploom TECH互換バッテリーが販売開始!

スマートフォン(スマホ)など向けの周辺機器を企画開発販売するアドバンスは12日、DEMOS製の電子タバコバッテリー「Ploom TECH互換バッテリーキット」を大手Webストア「Amazon.co.jp」で販売開始したことを発表しています。

セット内容はPloom TECH用バッテリーおよびUSB充電器、日本語取扱説明書で、Ploom TECHは別途購入が必要。

続きを読む

ヤング割であなたもスマホデビュー!ピコ太郎さんのコラボダンスも披露されたワイモバイルの新商品・新サービス発表会「Y!mobile 2017 Spring」を写真で紹介【レポート】

ymobile-2017-spring-001
桐谷美玲さんやピコ太郎さんの登場で盛り上がった発表会の模様を紹介!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は18日、都内にて発表会「Y!mobile 2017 Spring」を開催し、Android Oneスマートフォン(スマホ)「Android One S1」(シャープ製)および「Android One S2」(京セラ製)などの新製品とともに学生向け割引施策「ヤング割」や「Pocket WiFi学割」、さらにY!mobile契約者を対象としてYahoo!プレミアムの利用料を無料とする「Yahoo!プレミアム for Y!mobile」などを発表しました(対象となるプランなどは後述)。

また発表会には2016年末に「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」で一大旋風を巻き起こしたピコ太郎さんや女優の桐谷美玲さんがゲスト登壇し、往年の名曲「ヤングマン」をテクノアレンジしたTVCMソングとともにコラボダンスを披露するなど大変な盛り上がりを見せました。

仮想移動体通信事業者(MVNO)を含めた格安スマホ市場の中でも一際勢いを感じさせるY!mobileが2017年春に向けて打ち出す施策とは一体どのようなものなのでしょうか。発表会の模様とともにまとめてご紹介します。

続きを読む

プラスワン・マーケティング、SIMフリースマホ「SAMURAI REI」に緊急警報(ETWS)対応やFREETEL UI 2.0にするなどのソフトウェア更新を提供開始


SIMフリースマホ「FREETEL SAMURAI REI」が緊急警報に対応!

プラスワン・マーケティングは19日、同社が展開するSIMフリーブランド「FREETEL」において販売されているAndroidスマートフォン(スマホ)「SAMURAI REI(侍 麗)」(型番:FTJ161B-REI)に対して使い勝手の改善や不具合の修正を行なうソフトウェア更新(アップデート)を提供開始したとお知らせしています。

更新は発売後5回目で、前回の8月から5ヶ月ぶり。これまでと同様にSAMURAI REIの本体のみでネットワーク経由(OTA)で行え、更新ファイルは前回のビルド番号「FREETEL_FTJ161B_20160811」の更新をしている場合には約97.57MBです。ファイルサイズは比較的大きめなのでできれば無線LAN(Wi-Fi)のほうが良いと思われます。更新内容は以下の通り。

アップデートでの改善内容
・緊急警報(ETWS)のアプリが追加され、緊急警報を受信できるようになりました。
・アルファベットの小文字が重なる不具合を修正しました。
・インカメラ起動時にまれに画面が乱れる不具合を修正しました。
・NHK語学プレイヤーアプリが起動した時に落ちる不具合を修正しました。
・FREETELランチャーをアップデートしました。


続きを読む

楽天モバイル、SIMフリースマホ「AQUOS mini SH-M03」や「ZenFone 3」、「HUAWEI P9 lite」などの12機種が最大97%引「冬の特価セール」を実施中


楽天モバイルが冬の特価セールでZenFone 3やAQUOS mini SH-M03などを最大97%OFFに!

楽天は20日、同社がNTTドコモから回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( http://mobile.rakuten.co.jp )においてキャンペーン「冬の特価セール」を開始しています。

期間は2017年1月20日(金)15時00分から2月1日(水)9時59分まで。対象機種は「HUAWEI P9 lite」および「honor8」、「arrows M03」、「arrows RM02・M02」、「AQUOS mini SH-M03」、「AQUOS SH-RM02(32GBストレージモデル)」、「ZenFone 3 ZE520KL」、「ZenFone 2 Laser ZE500KL(16GBストレージモデル)」、「ZenFone 2 ZE551ML(2GB RAM・32GBストレージモデル」、「ZenFone Go」、「BLADE E01」、「MediaPad T1 7.0 LTE」の合計12機種で最大97%OFFになっています。

それぞれ楽天モバイルのSIMカードとセットでの販売となり、通話SIMおよびデータSIM(050データSIM含む)が選べますが、機種によっては各SIMで割引額が異なるほか、最低利用期間が通話SIMで12ヶ月、データSIMで6ヶ月と設定されており、その期間に解約をすると契約解除料9,800円がかかります。

また支払方法も一括だけでなく、分割払いも対象なので長く使う場合でも購入しやすくなっています。なお、各機種ともに台数限定で、なくなり次第終了、予告なく内容の変更もしくは終了する場合があるとしています。その他、ZenFone 2は店頭のみで、他はWebから申込可能。

続きを読む

au向け4.7インチ小型スマホ「AQUOS SERIE mini SHV38」の気になる価格をチェック!オクタコアCPUや3GB RAM、2100万画素カメラのミドルハイレンジが実質1万6200円から


au向け小型スマホ「AQUOS SERIE mini SHV38」の価格を紹介!

au向け「2017年春モデル」として2月上旬以降に発売予定のAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)採用スマートフォン(スマホ)「AQUOS SERIE mini SHV38」(シャープ製)。小型ハイスペックの定番シリーズ「AQUOS SERIE mini」の最新機種で、約4.7インチフルHD(1080×1920ドット)IGZO液晶を前機種の「AQUOS SERIE mini SHV33」に引き続き搭載。

チップセット(SoC)はやや抑えたミドルハイレンジ向け64bit対応Qualcomm製「Snapdragon 617(MSM8952)」(最大1.5GHz×4コア+最大1.2GHz×4コア)になっていますが、3GB内蔵メモリー(RAM)や約2100万画素リアカメラや、AQUOSシリーズ初のフロントカメラ用LEDフラッシュ搭載など、コンパクトながら高い性能を備えています。

そんなAQUOS SERIE mini SHV38ですが、すでにauショップなどのau携帯電話取扱店や公式Webストア「au Online Shop」にて事前予約受付を実施されており、価格が案内されていますので紹介したいと思います。

続きを読む

NTTドコモがiPhone 7・7 Plusの新規契約を値下げ!月々サポート増額で実質1万5552円からに――iPhone 6以降下取りで実質0円以下、iPhone 5sでも実質数百円


今度はdocomoのiPhone 7とiPhone 7 Plusが新規で実質値下げに!

NTTドコモは20日、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて人気スマートフォン(スマホ)「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」の新規契約時における月々の利用料から割り引く「月々サポート」を2017年1月20日(金)より増額するとお知らせしています。

対象は両機種の32GBおよび128GB、256GBと全モデルで、割引額が約1万円増額された実質値下げとなり、例えば、iPhone 7の32GBモデルなら実質負担額15,552円となっています。今月10日に同様の内容を他社から乗り換え(MNP)で実施していまいましたが、新規でも行われたのでMNP転出料を考えるとよりお買い得になっています。

さらに今もしくは以前使っていた製品を買い取ってくれる「下取りプログラム」を利用すれば「iPhone 5s」(良品)が15,000円で実質552円になるほか、より新しい「iPhone 6」や「iPhone 6 Plus」以降なら実質0円以下にすることも可能です。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。