S-MAX

2017年08月

OCNモバイルONEの公式LINEアカウントがAIエンジン「COTOHA」を導入!格安SIM・スマホの初心者でも最適なプランや機種が見つけられる――プレゼントキャンペーンも実施中【レポート】


格安SIMについて分からないことはAIで解決!OCN モバイル ONEがCOTOHA導入

NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)は31日、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」( http://www.ntt.com/personal/services/mobile/one.html )においてNTT Com LINE公式アカウントにAIエンジン「COTOHA」を2017年8月31日(木)より導入すると発表しています。

OCN モバイル ONEは低料金のかけ放題サービスや容量別のデータ通信プランの豊富なメニューを用意しているが、スマホ初心者やフィーチャーフォン(従来型携帯電話、いわゆる「ガラケー」)からMVNOへ移行するユーザーにはハードルが高い。

そこで自然な話し言葉や書き言葉を理解し、人との高度なコミュニケーションを実現するAIエンジンのCOTOHAを導入してフォローを行う。これにより、SIMフリースマートフォン(スマホ)や格安SIMの初心者をサポートするという。

今回はCOTOHA導入について記者向けに事前説明会が行われたので、その内容を紹介していく。なお、COTOHAはNTTグループのAI関連技術「corevo(コレボ)」を活用したAIエンジンとなっている。

続きを読む

Sony、4.6インチHD液晶搭載の小型ハイスペックスマホ「Xperia XZ1 Compact」を発表!Motion Eyeカメラや3Dクリエイター、Snapdragon 835、4GB RAMなどーー日本でも発売予定


ソニーがコンパクトハイエンドスマホ「Xperia XZ1 Compact」を発表!

Sonyは31日(現地時間)、ドイツ・ベルリンにて2017年9月1日(金)から9月6日(水)まで開催される世界最大級の家電見本市「IFA 2017」に合わせてプレスカンファレンス「Sony Press Conference at IFA 2017」を開催し、Sonyブランドのフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ1」およびコンパクトスマホ「Xperia XZ1 Compact」、ミッドレンジスマホ「Xperia XA1 Plus」(Sony Mobile Communications製)などを発表しています。

Xperia XZ1 Compactは同時に発表されたXperia XZ1や今夏モデルのXperia XZ Premium」と同様に960fpsのスローモーション撮影に対応した「Motion Eyeカメラ」や最新ハイエンドチップセット「Snapdragon 835(MSM8998)」、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載した小型ハイスペックモデルで、Xperia XZ1の約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)やXperia XZ Premiumの約5.5インチ4K(2160×3840ドット)から約4.6インチHD(720×1280ドット)と画面を小さくして小型化した機種です。

主に日本向けに長らく4.6インチサイズの小型のハイスペックスマホを投入していましたが、昨年の4.6インチモデルはややスペックを落とした「Xperia X Compact」でしたので、実質的にはさらにその前の年の「Xperia Z5 Compact」の後継機種と言えそうです。またXperia XZ1と同じく新機能「3Dクリエイター」に対応し、フロントカメラには画角120度の超広角レンズを採用しました。

なお、Xperia XZ1およびXpeira XZ1 Compactはともに日本を含めた各市場で発売する予定で、海外ではXperia XZ1が来週以降、Xperia XZ1 Compactが9月以降に発売されます。日本での販売される携帯電話会社は明らかにされていませんが、これまでもXperiaシリーズはNTTドコモなどの各社が扱ってきたため、それらから販売される可能性は高いと思われます。

続きを読む

Sony、5.2インチフルHD液晶搭載のフラッグシップスマホ「Xperia XZ1」を発表!スローモーション撮影対応のMotion EyeカメラやSnapdragon 835、4GB RAMなどーー日本でも発売予定


ソニーがフラッグシップスマホ「Xperia XZ1」を発表!

Sonyは31日(現地時間)、ドイツ・ベルリンにて2017年9月1日(金)から9月6日(水)まで開催される世界最大級の家電見本市「IFA 2017」に合わせてプレスカンファレンス「Sony Press Conference at IFA 2017」を開催し、Sonyブランドのフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ1」およびコンパクトスマホ「Xperia XZ1 Compact」、ミッドレンジスマホ「Xperia XA1 Plus」(Sony Mobile Communications製)などを発表しています。

Xperia XZ1は、昨冬モデル「Xperia XZ」の後継機種で、Xperia Zシリーズ後半から続く約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)液晶「トリルミナスディスプレイ for mobile」を搭載し、新たにHDRに対応したほか、今夏モデル「Xperia XZs」と同様に960fpsのスローモーション撮影に対応した「Motion Eyeカメラ」を内蔵しています。

また、Xperia XZsはXperia XZのカスタマイズモデルとしてチップセットは据え置きの「Snapdragon 820(MSM8996)」でしたが、Xperia XZ1では新たに「Xperia XZ Premium」と同様の最新ハイエンドチップセット「Snapdragon 835(MSM8998)」となっています。

また新機能として独自開発の素早く手軽に立体の被写体をスキャンして3Dデータを作成できる「3D クリエイター」に対応し、3DアバターとしてカメラのARエフェクトで利用したり、ライブ壁紙に設定できるほか、3Dステッカーを作成してSNSで共有したり、3Dプリンターを用いれば立体造形物として出力することもできるようになっています。

なお、Xperia XZ1およびXpeira XZ1 Compactはともに日本を含めた各市場で発売する予定で、海外ではXperia XZ1が来週以降、Xperia XZ1 Compactが9月以降に発売されます。日本での販売される携帯電話会社は明らかにされていませんが、これまでもXperiaシリーズはNTTドコモなどの各社が扱ってきたため、それらから販売される可能性は高いと思われます。

続きを読む

カメラ撮影時にスマホのLEDライトは使うな!?フォトグラファー・黒田氏も登壇したシャープ初のAQUOS Rのユーザーイベント「AQUOS R Special Night」を紹介(後編)【レポート】


AQUOS R Special Night 東京会場レポート!後半はフォトグラファーによるカメラ機能の紹介

既報通り、シャープは9日、東京・表参道の「AQUOS R Concept Gallery」にて最新フラグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R」を体験できるイベント「AQUOS R Special Night」を開催し、25名の招待者と直接交流できる場を設けた。

イベントではシャープ渾身のAQUOS Rの魅力を伝えるため、ハードウェアやユーザーインターフェース(UI)などの開発に携わったスタッフが参加したほか、フォトグラファーの黒田智之氏によるカメラ機能についての紹介が行われた。

そんなAQUOS R Special Nightの東京会場におけるイベントについて前後編の2回に分けて紹介しているが、前回のシャープの開発陣によるAQUOS Rの特長紹介に続いて、今回は黒田氏によるAQUOS Rのカメラ機能および座談会、AQUOS R Concept Galleryについて紹介する。

なお、AQUOS R Special Nightはすでに8月4日に博多会場、8月25日に札幌会場と3回開催されており、明日9月1日に大阪会場が開催予定で全国4都市を巡るイベントとなっている。

続きを読む

三井住友トラストクラブ、ドタキャンでできた有名店の空席をカード会員に提供する「ダイナースクラブ ごひいき予約」を提供開始!LINEを活用して空き情報を告知


ゼロから始めるスマートフォン

三井住友トラストクラブは24日、高級クレジットカードブランド「ダイナースクラブカード」にてコミュニケーションサービス「LINE(ライン)」と提携して直前キャンセル(いわゆる「ドタキャン」)で生じた有名飲食店の空席を即時に買い取ってダイナースクラブ会員に向けて再販するサービス「ダイナースクラブ ごひいき予約」を2017年8月24日(木)より開始すると発表しています。

ダイナースクラブ ごひいき予約は、会員にとっては予約困難なほど人気のお店を「ごひいきさん」のように当日予約ができるのが良いところで、なかなか面白いサービスがはじまりました。当初は東京都内の16店舗が対象ですが、店舗と展開エリアは随時拡大する予定とのことです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。