S-MAX

ナビ

リモコン追加で市販カーナビに迫る使い勝手に!ヤフーの 「Yahoo!カーナビ」対応「外付けリモコン『ナビうま』」を試す【レビュー】

ハンドルにつけたリモコン「ナビうま」でYahoo!カーナビを操作

ヤフーが公開している「Yahoo!カーナビ」は、無料で利用できるiOS/Androidスマートフォン対応のカーナビアプリですが、専用の単体リモコン「ナビうま ハンドルリモコン for Yahoo!カーナビ」を使うと、スマートフォンの画面にタッチすることなく、ハンドルに固定したリモコンからYahoo!カーナビを操作できます。

リモコンと組み合わせることで、Yahoo!カーナビの使い勝手がさらに市販カーナビに近づきます。実際の使い勝手はどのようなものか、実際に筆者の車に取り付けて試してみました。

続きを読む

Google、スマホなど向け地図アプリ「Google マップ」のオフライン機能を強化!検索やナビなどにも対応――まずはAndroid、まもなくiPhoneなど向けでも対応に


スマホなど向け「Google マップ」アプリのオフライン機能が強化!

Googleは10日(現地時間)、同社の地図およびナビゲーションサービス「Google マップ」のスマートフォン(スマホ)など向けアプリにおけるオフライン機能を強化し、地図の閲覧だけでなく検索やナビゲーションも行えるようになったとお知らせしています。

まずはAndroid向けアプリで順次対応しているほか、まもなくiPhoneなどのiOS向けアプリでも対応するとしています。なお、同社では今後もGoogle マップのオフライン機能を強化していくとのこと。

続きを読む

NTTドコモとゼンリン、スマホの動きと地図情報を活用した新しい屋内ナビゲーション技術を開発!4月以降に「ドコモ地図ナビ」の新機能として提供


ゼロから始めるスマートフォン

NTTドコモとゼンリンデータコムは19日、スマートフォン(スマホ)の動きと地図情報を活用した新たな屋内ナビゲーション技術を開発したと発表しています。NTTドコモが提供する「ドコモ地図ナビ powered by いつもNAVI」の機能の拡充として、屋内ナビゲーション機能を2015年4月以降に提供開始します。

従来の屋内測位では無線LAN(Wi-Fi)やBluetoothのBeaconを利用した測位方式が広く利用されていますが、精度を高めるには多くのBeaconを設置する必要があり、費用や維持が課題になっていたといいます。

今回開発された技術は歩行者の動きを検知するためにスマホに搭載されたモーションセンサーから取得した情報を独自開発した自律航法技術を使って解析。

利用者の動きを目的地までのルートに合わせた最適な位置に補正するルートマッチング技術と組み合わせることにより、GPS測位が困難な屋内環境やBeaconが設置されていない屋内環境においても屋外と同等の高精度なナビゲーションが実現されています。

続きを読む

スマホのカーナビアプリは専用カーナビの替わりになるか!?「Yahoo!カーナビ」を高速往復4時間クルーズで試す【吉川英一の「スマホのちょっと深いとこ」】

スマホのカーナビアプリを本格的に使い倒す

スマートフォンにおいて地図の表示や道案内はポピュラーな利用法といえます。最近ではアプリの機能が豊富になり、カーナビに特化したアプリも登場してきています。スマホのカーナビアプリが機能豊富になれば、自動車に搭載される専用カーナビの存在意義が危うくなってきます。特に車に装備されているカーナビが古くなっている場合、カーナビを買い換える替わりに手元のスマホで済ませてしまいたいという思いがわいてきます。

そこで、今回の連載「スマホのちょっと深いとこ」では、無料で利用できるカーナビ専用アプリとして話題となった「Yahoo!カーナビ」を、高速道路を含む往復4時間の経路で実際に使用して、専用カーナビに対する利点や欠点を探りました。

続きを読む

現在地表示はお父さん!お父さんとスタッフが目的地までをサポートしてくれるお父さんアプリシリーズ「お父さんナビ」【iPhoneアプリ】【iPadアプリ】

54057d61.png

お父さんアプリシリーズ「お父さんナビ」

ソフトバンクのCMキャラクターで人気の「お父さん」。ソフトバンクモバイルでは、このお父さんを採用したさまざまなiPhone、iPad向けアプリを「お父さんアプリシリーズ」として配信しています。その中から今回は「お父さんナビ」を紹介します!

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。